Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 東京のイラン人が祖国の自由を求めてデモ

東京のイラン人が祖国の自由を求めてデモ

(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
Short Url:
01 Oct 2022 09:10:33 GMT9
01 Oct 2022 09:10:33 GMT9

アラブニュース・ジャパン

東京:イラン・クルディスタン州サッケズ出身の女性が不審死した事件を受けて、日本に住むイラン人が抗議デモを行った。女性は、イスラム教徒の女性が髪を覆うスカーフ(ヒジャブ)を適切に着用していないとして風紀警察に拘束されたとされる。

多くの人で混雑する渋谷のスクランブルスクエアには、100人近いイラン人とさまざまな団体の活動家が集まり、イランの全ての女性の自由を訴えた。

女性のほとんどはヒジャブを着用せず、カラフルなベールをかぶったり、地域の伝統衣装を着用する女性もみられた。集会に出席した数人のグループは、イランの元シャーの息子の肖像画を掲げた。

クルディスタン州出身の22歳の女性、マフサ・アミニさんが宗教的な服装規定に従わなかったとして警察に拘束された後に死亡した事件を受け、イラン国内で広範な抗議行動が広がっている。イラン政府は、アミニさんが警察に殴られて死亡したという告発を否定、彼女は根本的な健康問題を抱えていたと主張している。政府筋は「集中的な医療と蘇生努力にもかかわらず、数日後に病院で死亡した」と発表した。

世界のいくつかの地域では、イラン政府と「女性への弾圧」を非難するデモが広がったが、イラン情報省は、米国と英国が最近の暴動に「直接」関与していると述べた。

同省は金曜日の声明で、「シオニスト政権と反革命団体に所属する数十人のテロリストが、最近の騒乱で拘禁された」と述べた。

しかし、東京のデモ参加者たちは、「イラン・イスラム共和国の全体主義政権が、その独裁政治を続けるため、自由を求めるイラン人を殺害している」と声を上げた。

あるデモ参加者は拡声器で、「(イラン政府は)時代遅れの法律を施行し、それを強要することで、窮地に立つ人々の道を阻んできた。そして今日、政府は自らの正当性を証明するために、イラン人たちの権利のための抗議運動を武力によって鎮圧しようとしている」と訴えた。

さらに、「現状、イラン・イスラム共和国はイラン国民の代表ではないため、そのいかなる会談、構想も強く非難する。みんな声をそろえて、イランに自由を」と続け、「イラン・イスラム共和国さようなら」などのスローガンを繰り返した。

topics
特に人気
オススメ

return to top