Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • IAEA、汚染水の海洋放出前に訪日

IAEA、汚染水の海洋放出前に訪日

代表団の一部は、東電福島第一原発を訪問し、ALPS処理水の海洋放出に関連した施設に対する原子力規制庁による検査に立ち会った。(AFP)
代表団の一部は、東電福島第一原発を訪問し、ALPS処理水の海洋放出に関連した施設に対する原子力規制庁による検査に立ち会った。(AFP)
Short Url:
20 Jan 2023 09:01:48 GMT9
20 Jan 2023 09:01:48 GMT9

アラブニュース・ジャパン

東京:日本が近い将来、東日本大震災で損傷した東京電力福島第一原子力発電所における汚染水を海洋放出する準備を始めている中で、IAEAの代表団が、放出に関する規制面でのレビューを行うため来日した。

水は、トリチウム以外の放射性物質濃度が、安全に関する規制基準値を確実に下回るまで、多核種除去設備(ALPS)で処理した。ALPS処理水は、その後十分に希釈され、トリチウムを含む全ての放射性物質の濃度が、安全に関する規制基準値を大幅に下回るレベルにした上で、海洋放出されることになる。

代表団および原子力規制委員会は、昨年6月に公表されたALPS処理水の取り扱いに関する規制レビュー報告書に記載された項目に基づき、フォローアップの議論を行った。今回のレビュー結果については、3カ月以内にIAEAから報告書として公表される予定である。

代表団の一部は、東電福島第一原発を訪問し、ALPS処理水の海洋放出に関連した施設に対する原子力規制庁による検査に立ち会った。

日本政府は、今後も、ALPS処理水の取り扱いについて、国際社会の理解を醸成していくことに務める、と述べている。

特に人気
オススメ

return to top