Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 中東
  • ガザからのハマス・ロケット攻撃により、テルアビブでは数ヶ月ぶりに空襲警報のサイレンが鳴り響いた。

ガザからのハマス・ロケット攻撃により、テルアビブでは数ヶ月ぶりに空襲警報のサイレンが鳴り響いた。

2024年5月26日、イスラエルと過激派組織ハマスの紛争が続く中、ガザ地区南部のラファで破壊された建物の前を歩くパレスチナ人男性。(写真:Eyad BABA / AFP)
2024年5月26日、イスラエルと過激派組織ハマスの紛争が続く中、ガザ地区南部のラファで破壊された建物の前を歩くパレスチナ人男性。(写真:Eyad BABA / AFP)
ガザ南部の都市ラファでの軍事作戦が続く中、ケレム・シャローム検問所の入り口付近に放置された食料援助トラック(イスラエル、2024年5月17日)。(ロイター)
ガザ南部の都市ラファでの軍事作戦が続く中、ケレム・シャローム検問所の入り口付近に放置された食料援助トラック(イスラエル、2024年5月17日)。(ロイター)
Short Url:
27 May 2024 02:05:44 GMT9
27 May 2024 02:05:44 GMT9
  • ハマスの武装組織がテルアビブに向けて「大規模なロケット弾」を発射したと発表した。
  • 支援トラックがケレム・シャローム検問所からガザに入り始める

ガザ地区、デイル・アル・バラ: ハマスがガザからロケット弾を発射し、遠くテルアビブで数ヶ月ぶりに空襲警報が鳴り響いた。

ガザからの長距離ロケット攻撃は1月以来初めてと思われるが、死傷者や被害の報告はすぐになかった。ハマスの軍事組織はこの攻撃を主張した。パレスチナの武装勢力は、ガザ国境沿いのコミュニティーに向けて散発的にロケット弾や迫撃砲を発射しており、パレスチナのイスラム聖戦の軍事部門は、日曜日に近隣のコミュニティーに向けてロケット弾を発射したと発表した。

イスラエル軍によると、イスラエル軍が最近侵攻を開始したガザ南部の都市ラファ検問所から発射された8発の弾丸がイスラエルに飛んだ。そのうちの 「いくつか 」は阻止されたという。

今月初めにイスラエル軍がパレスチナ側のラファ検問所を占拠した後、エジプトとのラファ検問所を迂回する新たな合意に基づき、日曜日未明にイスラエル南部から援助トラックがガザに入った。しかし、戦闘のため、人道支援団体が援助物資にアクセスできるかどうかは、すぐにはわからない。

エジプトは、ガザ側の管理がパレスチナ人に返還されるまで、ラファ検問所の再開を拒否している。

エジプトは、ジョー・バイデン米大統領とアブドゥルファッターハ・エルシーシ・エジプト大統領の電話会談後、ガザの主要貨物ターミナルであるイスラエルのケレム・シャローム検問所経由の交通を一時的に迂回させることに合意した。

しかし、イスラエルがラファ検問所を攻撃しているため、ケレム・シャローム検問所にはほとんどアクセスできない。イスラエルは何百台ものトラックの進入を許可しているというが、国連機関によれば、通常、援助物資を回収するにはあまりに危険だという。

イスラエルとハマスの戦争により、ガザの保健省によれば、36,000人近くのパレスチナ人が死亡している。保健省によれば、イスラエル軍の攻撃によって死亡した81人の遺体が、過去24時間の間に病院に運び込まれたという。

ガザの人口230万人の約80%が家を離れ、深刻な飢餓が広がっており、国連当局によれば、ガザの一部は飢饉に見舞われているという。

ハマスが戦争を引き起こしたのは、10月7日のイスラエルへの攻撃である。この攻撃でパレスチナ武装勢力は、民間人を中心に約1200人を殺害し、約250人の人質を奪った。ハマスは、昨年の停戦中に残りのほとんどが解放された後も、約100人の人質と約30人の遺体を拘束している。

ガザ南部は援助から大きく遮断される

エジプト国営アルカヘラTVは、ケレム・シャロームを通ってガザに入るトラックの映像を放映した。ラファ検問所のエジプト側からの援助物資の輸送を担当するシナイ半島のエジプト赤新月社の責任者であるハレド・ザイード氏は、200台の援助トラックと4台の燃料トラックが日曜日にケレム・シャロームに送られる予定であると述べた。

イスラエルが5月6日にラファへの限定的侵攻を開始して以来、ガザ南部は援助からほぼ遮断されている。それ以来、100万人以上のパレスチナ人がガザから逃れている。そのほとんどは、包囲されたガザの他の地域から避難してきた。

ガザ北部は、4月にイスラエルによる空爆で7人の援助関係者が死亡した後、世界的な憤りの中でイスラエルが開設した2つの陸路を通じて、いまだに援助を受けている。

米国が建設した水上桟橋から毎日数十台のトラックがガザに入るが、その能力は当局が期待していた1日150台をはるかに下回っている。援助団体は、1日600台のトラックが必要だとしている。

ネタニヤフ首相、戦争終結の圧力に抵抗

ネタニヤフ首相は、イスラエルがラファを占領してハマスの残存大隊を排除し、武装勢力に対する「完全勝利」を達成しなければならないと述べている。

ネタニヤフ首相は、残りの人質を解放するためにハマスと取引をする圧力に直面しているが、ハマス側は戦争終結とイスラエル軍の完全撤退を保証しない限り拒否している。ネタニヤフ首相はそれを否定している。

土曜日にテルアビブで数千人が人質の返還を求めて再び集まった後、警察とデモ隊の間で乱闘が起こった。彼らはネタニヤフの辞任を要求し、新しい選挙を要求した。

この戦争によって、イスラエルは世界の舞台で孤立を深めている。

先週、ヨーロッパの3カ国がパレスチナ国家を承認すると発表し、国際刑事裁判所の主任検察官はネタニヤフ首相とイスラエルのヨアヴ・ガラント国防相、それにハマスの指導者3人の逮捕状を請求した。

金曜日、国際司法裁判所はイスラエルに対し、ラファでの軍事攻撃を中止するよう命じた。国連最高裁判所はまた、イスラエルは戦争犯罪調査官にガザへの立ち入りを許可しなければならないと述べた。

イスラエルがこれに応じる可能性は低く、ICCの逮捕状への動きを非難している。イスラエルは、民間人に危害を加えないようあらゆる努力をしており、過激派が住宅密集地で活動しているのはハマスのせいだとしている。

イスラエル、捕虜となった兵士の報告を否定

ハマスがガザ北部での戦闘中にイスラエル兵を捕らえたと主張し、負傷した男性がトンネルを引きずり込まれる様子を映したビデオを土曜日遅くに公開した。イスラエル軍は、兵士が捕らえられたことを否定し、ハマスもその主張を裏付ける証拠を提示しなかった。

別の展開として、イスラエル軍は、兵士に扮した男が反乱を予告するビデオが広く出回っている件で、容疑者を拘束したと発表した。ビデオの中で男は、戦争後パレスチナ人がガザを統治すべきだという国防大臣の提案について、何万人もの兵士が国防大臣に逆らう用意があると言い、ネタニヤフ首相だけに忠誠を誓った。

この男性が現役の兵士なのか、いつ、どこでこのビデオが撮影されたのかは明らかにされていない。首相の息子であるヤイール・ネタニヤフ氏はこのビデオをソーシャルメディアで公開し、政敵からの批判を巻き起こした。首相官邸は、あらゆる形態の軍事的従属を非難する短い声明を発表した。

AP

特に人気
オススメ

return to top