Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter

ウクライナ、シリアからスーダン、ガザまで、暴力と紛争の新時代が幕を開ける

ゴンダール市での訓練を終え、スローガンを叫ぶエチオピア国防軍の兵士たち。(AFP=時事)
ゴンダール市での訓練を終え、スローガンを叫ぶエチオピア国防軍の兵士たち。(AFP=時事)
Short Url:
02 Jul 2024 12:07:06 GMT9
02 Jul 2024 12:07:06 GMT9
  • 過去33年間の戦闘による死者の4分の1以上が、2021年から2023年の間に発生している。
  • ある報告書によれば、1990年以降、95カ国が関与した約190の国家間の紛争が記録されている。

ジュマナ・カミス

ドバイ:最近の紛争傾向分析によれば、年を追うごとに世界は着実に暴力的になっている。特にこの3年間は、過去30年間で最も激動した年であり、世界的な不安がエスカレートしていることが懸念される。

昨年は、世界的な国家間の紛争が急増し、1946年以来の高水準を記録した。オスロ平和研究所が発表した『紛争動向』(Conflict trends: 2023年だけでも59件の紛争が発生し、第二次世界大戦後、最も暴力的な年となった。

この報告書は、1946年から2023年までの世界の紛争動向を分析し、政策立案者の活動状況に対する理解を深めることを目的としている。

ガザ地区南部のラファで、イスラエル軍の砲撃から逃げるパレスチナの子どもたち。(AFP=時事)

PRIOの研究教授であり、報告書の主執筆者であるシリ・アース・ルスタッド氏は、この調査結果は「紛争の状況はより複雑になっている」ことを示し、各国においてより多くのアクターが関与していると述べた。

報告書は、1990年以降、95カ国が関与した約190の国家紛争を記録している。

ルスタッド氏が取り上げた最近の紛争で死者が最も多かったのは、エチオピアのティグライ紛争とシリアの暴力事件で、いずれも死者は30万人を超えたと推定されている。

アフガニスタンの内戦は23万人以上の死者を出したと考えられており、ロシアとウクライナの戦争はこれまでに約17万人の命を奪っていると推定されている。

「最も長い紛争となると、多くの場合、死者はそれほど多くなく、コロンビアのFARCの反乱とイスラエルとパレスチナの紛争が最長である」と彼女はアラブニュースに語った。

アフガニスタンの内戦は過去30年に及んだが、アメリカ軍が撤退した時期など、特定の時期に多くの死者が出た。

ロシア軍による砲撃の翌日、レトロビル・ショッピングモールの瓦礫の中で作業するウクライナの消防士たち。(AFP=時事)

カイロ大学名誉教授でセント・アンドリュース大学客員教授のナスル・アリフ氏は、現在進行中のパレスチナ紛争について、過去3年間で最も多くの犠牲者を出した紛争のひとつだと語る。

ガザの保健当局によれば、4万人近くが死亡し、9万人が負傷、1万5千人が行方不明で、その多くが破壊された都市の残骸の下に埋もれていると推定されている。

「紛争が続けば、地域全体が1977年以前の状況に逆戻りし、アラブやイスラム世界の社会がイスラエルとの和平交渉を再考することになるだろう」

アリフ氏によれば、アラブ諸国はイスラエルとの関係正常化を望んでいるにもかかわらず、ソーシャルメディアに見られるイスラエル軍の行動は、各国政府が自国社会を説得することを不可能にしている。

「中東和平には新たなアプローチとリーダーシップが必要です」

同氏によれば、実行可能な唯一の解決策はパレスチナ国家の樹立であり、それなしには中東和平プロセスは存続できない。

「そうでなければ、アルカイダやダーイシュのような過激派が台頭し、個人のテロ行為や報復が蔓延する、2001年9月11日以降のような状況になるだろう」とアリフ氏。

全体として、アフリカ、アジア、ヨーロッパで激化している紛争の責任は、アイデンティティ政治と国際的介入にあると考えている。

「これらの紛争は、同じ地域から、あるいは遠く離れた場所から、国際的な大国によって引き起こされ、煽動されることが多い」と彼はアラブニュースに語った。

「民族的、宗教的、政治的なアイデンティティ政治が重要な役割を果たし、国際的な介入がさまざまな当事者を支援することで、より多くの犠牲者を出すことになる」

アシフ氏は例として、ウクライナとロシアの紛争へのNATOとEUの関与、スーダン、イラク、レバノンの問題への外部勢力による干渉を挙げている。

エチオピア・ティグライ州メケレの南西、ダンサの道路沿いに放置されたエリトリア軍の戦車。(AFP=時事)

彼は、イスラエルの軍隊が人道法や国際法を遵守していないという非難に直面し、ガザ戦争で多くの犠牲者を出したイスラエルの行動に対する外国の軍事支援を非難している。

アブダビのザイード大学で政治学を教えるハムディ・アブデル・ラーマン・ハッサン教授は、ガザでの戦争は中東の緊張を高め、地域の不安定性を悪化させていると言う。

「エジプトやヨルダンのような国々はパレスチナ難民の流入を恐れている。

さらに、「抵抗の枢軸」として知られるイラン主導の連合軍に属する非国家勢力が、イスラエルやアメリカの軍事拠点や航路を標的に攻撃を拡大しており、イスラエル、アメリカ、イギリスの報復攻撃を招いている」とハッサン氏は言う。

「このような暴力の連鎖は、より広範な紛争へとエスカレートする危険性がある」

さらに懸念されるのは、現在進行中の紛争が本格的な戦争へと拡大し、さらなる不安定化を招く可能性があることだ。特に、民間人に大きな犠牲者が出たり、軍事的な対立が深まったりすればなおさらだ、とハッサン氏は続けた。

ミコライフでのミサイル攻撃後、破壊された住宅の瓦礫をホースで運ぶウクライナの救助隊員(AFP=時事)

中東の紛争を解決する可能性として広く挙げられている二国間解決策については、ハッサン氏は、これまで以上に現実離れしているのではないかと考えている。

一方、ハッサン氏は、国家間の紛争が全体的に増加しているのは、テクノロジーの進歩や未解決の地域的緊張など、相互に関連するいくつかの要因によるものだとしている。

「テクノロジーの進歩は、サイバー攻撃や殺傷力のある自律型兵器など、新しい形態の戦争を導入し、紛争解決をより複雑にしている」

「未解決の地域的緊張や国家制度の崩壊が、政治的民兵やテロリスト集団といった非国家主体が関与する紛争に拍車をかけている」

ハッサン氏はまた、気候変動の影響がますます顕著になり、資源不足が深刻化することで、現在進行中の紛争が激化していると言う。

ウプサラ紛争データ・プログラムは、2021年から2023年にかけての死傷者数を調査した結果、約60万人の戦死者を記録した。

マリのメナカという町で、地元の親政府武装組織ガティアの戦闘員。(AFP=時事)

PRIOのルスタッド氏は、「過去30年間(1990年から2020年)では、合計150万人の死者が出ている」と述べた。つまり、過去33年間に報告された戦闘による死者の25%以上が、2021年から2023年の間に発生していることになる。

このショッキングな数字にもかかわらず、ルスタッド氏は、死亡者の大半はわずか数件の紛争で発生しているため、紛争件数の多さが必ずしも戦死者の多さにつながるわけではないと指摘した。

「実際、記録された59の紛争のほとんどは、比較的小規模なものである。紛争の数は増えていますが、紛争国の数は減っています」

2022年には39カ国で紛争が記録されていたが、2023年には34カ国に減少しており、より少ない国に集中していることがわかる。

実際、2023年に紛争を経験した国の半数近くが、現在進行中の紛争に1つ以上関与しており、7カ国が同時に3つ以上の紛争に関与していた。

「国際化した内戦の多さ、極度に暴力的な紛争の相対的な多さと合わせて考えると、世界の紛争情勢は、国連、世界銀行、EUなどの組織だけでなく、国家にとっても、より複雑で難しいものになりつつあることがわかります」とルスタッド氏は言う。

ザイード大学のハッサン氏は、組織犯罪や都市部での暴力の急増が、多くの地域における法の支配の脆弱性を浮き彫りにしていると言う。

「国際協力のひずみは、紛争を予防し解決する世界的な能力を低下させ、現代の暴力の複雑さと持続性を助長している。

ガザでの戦争は、グローバル・システムに大きな影響を与え、平和と安全保障に多方面から挑戦している。

ガザ地区中心部でイスラエル軍の爆撃を受け、負傷した子どもを病院に運ぶ男性。(AFP=時事)

「大国間の戦略的対立は、現在の国際秩序を否定し、地域大国や中堅大国が自己主張する機会を作り出している」とハッサン氏。

同氏は北朝鮮を挙げ、ウクライナ紛争を利用してミサイル能力を強化し、ロシアとの結びつきを強め、世界の安全保障の力学を複雑にしていると述べた。

同様に、イランは国際的な不安定さを利用して地域的な影響力を強め、ロシアに軍事支援を提供し、西側の覇権に挑戦しているという。

「こうした行動は、地域紛争が国際システムに及ぼすより広範な影響を浮き彫りにしている。紛争解決のメカニズムが弱体化し、米国の支配力が低下したことで、行動主体が積極的に自分たちの意図を追求するようになり、世界の平和と安全がさらに不安定化している」とハッサン氏は述べた。

1989年から1992年にかけてのソビエト連邦崩壊後、米国が支配していた一極的な国際システムは終焉を迎えた。

ガザ地区南部のハーン・ユーニスで、破壊された建物の間で手押し車に乗った別の子どもを押すパレスチナ人の子ども。(AFP=時事)

「アメリカ主導の世界秩序は、平和をもたらすことに失敗した」

「停戦交渉中にアメリカがイスラエルを守るために拒否権を行使したことで浮き彫りになった、国際法や国際組織の軽視は、現在の国際システムの崩壊を示唆している」

結局のところ、このような状況は、国連安全保障理事会をはじめとする国際秩序と組織の再考を求め、世界的な紛争に効果的に対処できる新たなシステムを構築する必要がある、とアリフ氏は言う。

topics
特に人気
オススメ

return to top