Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • リビア関係者、エルシーシの支援を歓迎

リビア関係者、エルシーシの支援を歓迎

22 Jun 2020
リビアの首長や高官の評議会は、エジプトのリビア問題への介入は正当な介入であると宣言した。(ファイル/AFP)
リビアの首長や高官の評議会は、エジプトのリビア問題への介入は正当な介入であると宣言した。(ファイル/AFP)
Short Url:
Updated 22 Jun 2020
22 Jun 2020
  • 「我々の目標は西側国境を守り、リビアの治安と安定の回復を支援することである。これはエジプトの国家安全保障の一部である」とエルシーシ大統領は述べた。
  • 彼の発言は、アラブ人の支持を広く得ている。

モハメド・アル・シャマー

カイロ:エジプトのアブドゥルファッターハ・エルシーシ大統領は、エジプトはリビア市民を支援する準備が整っていると強調した。

 「エジプトは大きな尊敬と感謝の念を持っており、我々他国の問題に干渉していない。国の安定を支援するための準備は常にできている 」とエルシーシ大統領は土曜日にテレビ放映された演説で語った。「我々が関心を持っているのはリビアの治安と安定である。シルトやアル・ジュフラはエジプトの安全保障上におけるレッドラインを超える地域である。我々はリビアの保護に協力し、援助する準備ができている」と付け加えた。

「リビアは偉大な国であり、リビア市民は戦士である。現在の勢力が到達している一線は、東部地域からでも西部地域からでも、すべてリビア市民であり、我々はリビア市民と話し合っているのであって、一つの政党が他の政党に対抗しているのではない」とエルシーシ大統領は述べた。

リビアの都市シルテは、エジプトとの国境から1,000kmの距離にあり、リビア沿岸のトリポリとベンガジの中間に位置していている。また、首都トリポリから450km、ベンガジから600kmの場所にある。また、シルテはリビア最大の石油埋蔵量を含むリビア東部の「オイル三日月地帯」の石油港を支配する道を開く地域である。

さらにシルテはリビア国民軍(LNA)の主要作戦地域であり、リビア東部と西部の地域を結ぶ拠点でもある。シルテの空港と港はリビアで最も重要な玄関口一つである。

アルジャフラはトリポリから南東650kmに位置する国の中心部に位置しているため、大きな意味を持っている。アルジャフラ東西と南を繋ぐ地域である。アルジャフラの拠点を支配することは、国の中心部全体を支配することを意味する。

「我々の目標は西側の国境を守り、エジプトの国家安全保障の一部であるリビアの治安と安定の回復を支援することである 」とエルシーシ大統領は付け加えた。

彼の演説は、アラブ人に広く支持された。サウジアラビアは、エジプトの安全保障はサウジアラビアとアラブ国家全体の安全保障における不可欠な部分であることを強調し、サウジアラビアは過激主義からその国境と国民を守るため、エジプトに賛同したと指摘した。

アラブ首長国連邦もエジプト大統領の発言を支持し、リビアにおける即時停戦と政治的解決に前向きに取り組むことを求める立場を改めて表明し、これが紛争を終わらせるための唯一の受け入れ可能な方法であると強調した。

また、アラブ首長国連邦の外務・国際協力省は声明の中で、エジプトの治安と安定を守るため、エジプトへの連帯と支援を確認した。

リビアの最高首長・高官評議会のディワンのムハンマド・アル・ミスバヒ議長は、リビア市民がアラブ共同防衛協定の制定を求めていると述べ、エルシーシ大統領の言葉を称賛した。

議長はリビアの人々が「アラブの尊厳が6月30日のエジプト革命から回復し始めた」と感じていることを指摘し、エジプト政府が紛争解決に向けて早急に動くことを求めた。

さらに、議長はリビアにおけるトルコの軍事介入を戦略上の重要課題と指摘し、トルコの軍事介入が今後も認められれば、傭兵を呼び寄せ、国内情勢をさらに悪化させる可能性があると警告した。

最高首長・高官評議会は、エジプトのリビア問題への介入はアラブ共同防衛条約に基づく正当な介入であると宣言した。「エジプト・リビアの歴史は、外国の敵に対抗して力を合わせることの重要性について歴史を通して証明してきた。イタリア人に対するリビアの聖戦でもそうであったし、1973年10月にぼっ発した戦争においてリビアがエジプトに提供した強力な支援でもそうである」と声明で述べた。

「エルシーシ大統領は士気を高め、エジプトの存在について強いメッセージを送った」と、リビア軍の道徳指導部の部長であるハレド・アル・マホホブ氏は述べた。

「トルコとの状況は、富の略奪と傭兵の派遣を巡るものであり、それがこの地域にとって脅威を構成している。」今日、トルコはエルシーシ大統領からの明確なメッセージを受け取った」とアル・マジョウブは付け加えた。

「エジプト国家はリビア危機に関する国家安全保障上のあらゆる脅威に対処する能力がある」と、エジプト国民未来党のエッサム・ヒラル書記補は述べた。

同氏は、「リビアの石油に関する(トルコのレジェップ・タイイップ)エルドガン大統領の野望や、彼がリビアに持つ多くのテロリスト民兵、そして彼のエジプトに既成事実の政策を押し付けようとしているということを考慮すると、リビアは今、これまでの歴史の中でも大変危機的な段階にある」と指摘した。

エジプト大統領の演説の数時間後、エルドアン大統領はカタールのタミーム・ビン・ハマド首長に電話をかけた。

カタール通信によると、電話会談では、両国間の戦略的関係やそれを支援し、発展させる方法について議論したほか、共通の関心事である多くの地域的、国際的な問題についても話し合われたという。

シルテと東部都市ミスラタではリビア国民軍の動員が続いている。ファヤス・アル・サルラージ率いる国民合意政府は、最新の情勢を議論するためのアラブ連盟の緊急会合を開催するというエジプトの招待を拒否した。

topics
Most Popular
Recommended

return to top