Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • エジプトのホームレスの子どもたち、パンデミックの災難で大きな打撃を受ける

エジプトのホームレスの子どもたち、パンデミックの災難で大きな打撃を受ける

23 Jul 2020
カイロのアバシヤ地区にあるエジプト当局が運営する移動式施設の1つの中で、ホームレスの子どもたちに正しいマスクの使い方を示すソーシャルワーカー。(AFP)
カイロのアバシヤ地区にあるエジプト当局が運営する移動式施設の1つの中で、ホームレスの子どもたちに正しいマスクの使い方を示すソーシャルワーカー。(AFP)
Short Url:
Updated 23 Jul 2020
23 Jul 2020
  • 新型コロナウィルスはエジプトで約4,000人の死者と約83,000人以上の感染者を出した。

カイロ:活気に満ちたカイロの 通りをさまようようゼイナブは、ティッシュを売ることで必死に生き延びようとしている。他のホームレスやストリートチルドレンと同様に、彼女もコロナウィルスによってよりいっそう脆弱な存在となった。

パンデミックの恐怖が広がる中、貧困者に対する身体的な暴力は減ったと、労働者階級が集まるアバシヤ地区の貧困者用移動シェルターでゼイナブはAFPに語った。

「人々は怖がっているので、私たちへの攻撃は減っている」と、彼女は言う。

しかし通りに人が少なくなったため、「仕事が減り、収入も減った」と、この若い女性は1才の息子アブダラをじっと見つめながら付け加えた。

通りをうろつく若者や子どもたちは最貧困層の存在であり、定期的に言葉の暴力や身体的な暴力、および性的な搾取にさらされる。

エジプトで約4,000人が死亡し約83,000人以上が感染した新型コロナウィルスは、彼らの脆弱な状況をより悪化させた。同国は景気後退と闘っており、ロックダウン措置によって利用できる支援も減ったためだ。

「彼らは孤立しており、人々は彼らを避けている…彼らのわずかな収入も大きな打撃を受けた」と、エジプトでストリートチルドレンに対処するフランスの市民社会団体サムソシアル・インターナショナルのマネージャー、ユセフ・バスタロウスは述べた。

2014年の当局の推定によれば、エジプトには約16,000人の若者や子供たちが路上で厳しい生活を送っているという。

国連児童基金(ユニセフ)はこの数字を実際よりも大幅に「過小評価」されたものと考えていると、同基金エジプト広報部責任者のジョナサン・クリックスは述べた。

ストリートチルドレンに関する信頼できる数字を集めることは、ますます困難になっている。彼らの多くが、長い間貧困に陥り安定した住居を持たない家庭の子どもたちであり、市民登録簿にも載っていない場合があるためだ。

2016年、エジプト当局は国家プログラム「Atfal bala ma’wa」(家なき子たち)を立ち上げた。その狙いは、ストリートチルドレンを「一つにまとめ」て「路上での行動をやめさせる」ことと、社会連帯省でこのプログラムの責任者を務めるモハメド・シェーカーは述べた。

プログラムは全国に17の移動式施設を配置し、ストリートチルドレンに休む場所や食べ物、ゲームの他、医療や社会的・精神的支援を提供している。

「目標はホームレスの子どもたちと関係性を築き、彼らが相互の信頼を構築するのを助けること」と、非政府団体バナティの広報担当役員サルマ・イスマイルは述べた。

アバシヤの移動式施設で、カリムは提供されている軽食に恐る恐る近づいて掴み取った。

彼は自分の年齢を12才と話したものの、スタッフはサービスを利用する大部分の子供が本当の年齢を知らないか、明かしたがらないと警告した。

カリムは地元の公園に寝泊まりしていて、自動車の窓拭きで生計を立てていると述べた。

彼は公立校に通っていたが、ウィルス拡散を食い止める取り組みの一環として3月下旬に当局が学校を閉鎖したと言う。

「遊ぶためにここに来る」と、カリムはAFPに話した。「学校に行けなくて寂しい」

「学校が閉鎖されてから、全部忘れてしまった。前は読み方や数え方を習っていた」

エジプトのロックダウン措置による経済的影響は、ストリートチルドレンに提供されるただでさえ不十分な援助にまで広がった。

財政が逼迫している一部の慈善団体は、子どもたちが自分自身を伝染病から守るのを助けるため、その努力を健康や公衆衛生に集中させてきた。

「彼らに健康の問題を意識させ、マスクを配布し、手の洗い方を説明する」と、サムソシアル・インターナショナルのバスタウルスは述べた。

6月下旬に3ヶ月にわたる外出禁止令が解除されたことで、ストリートチルドレンにいくらかの一時的な救いがもたらされた。彼らはカフェやレストランに戻ってきた人々に再び安物のアクセサリーやティッシュを売ったり、お金をせがんだりできるようになった。

ストリートチルドレンに昔から安らぎの場所を提供してきたモスクや教会でも、制限が部分的に解除された。

一部のモスクでは、通常は礼拝者が沐浴を行うために使用する浴室が、子どもたちの衛生上のニーズに対処するためのワンストップショップとして使われている。

AFP

topics
Most Popular
Recommended

return to top