Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • COVID-19感染対策がベイルートの犠牲者を低減した可能性

COVID-19感染対策がベイルートの犠牲者を低減した可能性

Short Url:
06 Aug 2020 05:08:14 GMT9
06 Aug 2020 05:08:14 GMT9

ナジア・フサリ

ベイルート:ベイルートの港湾地区にある、新しい前面ガラス張りのビル群には多くのメディアや企業のオフィスがあった。しかし、火曜日の夜に起きた大規模な爆発の後に残ったのはコンクリートの山とねじれた鋼鉄だけだった。

多くの行方不明者と負傷者の数がまだ集計されておらず、最終的な犠牲者の数は不明なままだ。サマータイムの労働時間とリモートワークという2つの要因がなければ、犠牲者はもっと増えていた可能性がある。

多くの従業員は午後3時に仕事を終えた。また、他にも多くがCOVID-19に対する感染予防対策の一環として在宅勤務をしていた。近くにいた人々は悲惨な体験を語る。

そうした近代的なビルの1つで、An-Nahar紙の編集および技術サポートチームが集まり最新プロジェクト「An-Nahar Al-Arabi」を立ち上げていた。

「私たちは最上階のホールにいて祝賀会を終えるところでした。新聞社の印刷版編集者たちがビルに入ってきた時、最初の爆発音が聞こえました」と頭に軽い傷を負ったジャーナリストのラナ・ナジャール氏は語った。

「港はオフィスの向かいにあり、幾人かは火が見えたときに写真を撮り始めました。続いて大爆発が起きました。デスクの下に駆け込んだ人もいれば、安全を求めてもっと遠くへ飛び出した人もいました。他の人たちは天井が崩れるにつれオフィスから出られなくなりました。多くの人がガラスの破片で負傷しました。」

ナジャール氏によると、新聞社はパンデミックのためスタッフ数を制限するスケジュールを維持していた。

「従業員全員が建物の中にいたら、死傷者の数はもっと増えていたかもしれません」と同氏はアラブニュースに語った。「被害が広範囲に及んだため、階段へ向かうこともできずビルからすぐに脱出できませんでした。外に出ると、負傷者の救援を始めました。」

ナジャール氏によると、15人の同僚が重傷を負い、他の人も軽いけがをした。

「Al-Jurdiyaビルの隣にいた警備員が重傷を負い、シリア人の男性は屋上の水タンクを修理していた自分の兄弟を捜しに出かけました。私は負傷者を病院に送るため、通りかかった車やバイクを呼び止めました。」

ナジャール氏は肩を脱臼し手に重傷を負った同僚のサルワ・バールバキ氏に会った。「バイクに乗っている人を呼び止め、彼女を病院に連れていくよう頼みました」と回想した。「私はエチオピア人の少女が頭から血を流しているのを見つけ、その子を助けに行きました。」

その後同氏はけがを治療してもらうため、自分の車で病院の緊急治療室に向かった。

同じAn-Nahar紙のジャーナリストであるイブラヒム・ハイダー氏は頭と顔に傷を負っており、最初の爆発音を聞いたとき自分のデスクで執筆中だったと述べた。

「私は立ち上がり、目にしたことをローカルデスクに報告に行きました」と同氏はアラブのニュースに語った。「自分のデスクに戻ったとき、さらなる大爆発ですべてがバラバラに崩れました。」

ビルの外に出たとき、バイクがハイダー氏を乗せるため停車した。「めまいを感じ始めたので、バイクの後ろには乗りませんでした。別の男性がベイルート・アメリカン大学病院へ車で連れて行ってくれましたが、病院は負傷者でいっぱいでした」と述べた。

「その後クレマンソー医療センターに行きましたが、治療を断られました。それで私はKhoury病院に行き、そこでも200人が治療を待っていました。頭の傷を縫ってもらった後、家に帰るよう言われました。2時間後再び出血し始めたので、もっと縫ってもらうため病院に戻りました。」

ハイダー氏によると、新聞社の経営陣はパンデミックの影響で3月に従業員の在宅勤務を決定したと語った。「2か月前、私たちはオフィスに戻りましたが、ウェブサイトの従業員は在宅勤務を続けていました。ゆえにその人たちはこの惨事を免れました」と言った。

Independent Arabiaのベイルート事務局長アムジャッド・イスカンダル氏は、リモートワークでの勤務は多くの命を救い、自宅のコンピューターにある完了した業務を保護したと語った。

同じIndependent Arabiaのアフマド・アル・マグラビ氏もこの事実を強調した。「ありがとう、コロナウイルス。」

レバノンのサービス経済を動かし続ける企業に勤める従業員も、同様の経験をした。

300人の従業員を抱えるMedgulf Insurance Co.は、港に近い2つのビルにオフィスを構えている。「パンデミックにより時間が減る前は午後6時まで仕事を続けていました」と同社のチーフアンダーライターであるアシュラフ・バッカール氏はアラブニュースに語った。

「私たちの多くは自宅で仕事をしています。火曜日にオフィス出勤した人たちは、午後4時にサーバーをシャットダウンして仕事を終え、従業員1人が待機していました。幸運なことに、その従業員は爆発の瞬間トイレにいました。自分のデスクにいたら、死んでいたか少なくとも重傷を負っていたでしょう。」

特に人気
オススメ

return to top