Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イランの支援するイエメン武装組織が米国市民2人を解放

イランの支援するイエメン武装組織が米国市民2人を解放

Short Url:
15 Oct 2020 08:10:08 GMT9
15 Oct 2020 08:10:08 GMT9

ワシントン:イランが支援するイエメンの武装組織に拘束されていた2人のアメリカ市民と、もう1人の遺体が水曜日に解放された。250人のフーシ反乱軍兵士のオマーンからの返還との引き換えとのことだ。ホワイトハウスと現地情報筋からの情報である。

オマーン国営ニュースによると、アメリカ人捕虜はイエメンからオマーン機で出国した。250人の「イエメンの兄弟」はオマーンで治療を受け、2機の飛行機に分乗してイエメンの首都サナアに戻った。今回の交換の一環である。

国家安全保障特別補佐官のロバート・オブライエンは声明を出してこう述べた。「米国はその市民であるサンドラ・ロリとミカエル・ジダダが本日イエメンでのフーシによる拘束から解放されたことを歓迎します。ビラル・ファティーンのご家族には追悼の意を表します。彼の遺体も祖国に帰ることになっています」

オブライエンは交換については触れなかったが、オマーンとサウジアラビアの指導者たちがアメリカ人の解放を可能にしてくれたと謝意を表明した。

政府の人質解放チーム責任者キーラン・ラムゼーは、ロリとジダダが間もなくアメリカに向かうと語った。

「悲しいことに、アメリカ市民の1人は不法な拘束を受けている間に亡くなりました」とラムゼーは述べた。

トランプの副補佐官で交換の交渉に当たったキャッシュ・パテルは、ウォールストリートジャーナルに対し、ロリは約3年間、ジダダは約1年間、フーシに拘束されていたと語った。

AP

特に人気
オススメ

return to top