Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 原子力監視機関がイランの秘密の核施設の詳細を探る

原子力監視機関がイランの秘密の核施設の詳細を探る

国際原子力機関(IAEA)の職員は、世間から隠されている秘密の核施設をイランが保持しているという主張の詳細を提供するよう、イランの国民抵抗評議会(NCRI)に要請した。(ロイター/資料写真)
国際原子力機関(IAEA)の職員は、世間から隠されている秘密の核施設をイランが保持しているという主張の詳細を提供するよう、イランの国民抵抗評議会(NCRI)に要請した。(ロイター/資料写真)
Short Url:
16 Oct 2020 11:10:54 GMT9
16 Oct 2020 11:10:54 GMT9
  • イランの核兵器製造計画は、2007年7月に国連が課した禁輸措置によって阻止されている

レイ・ハナニア

シカゴ:国際原子力機関(IAEA)の職員は、世間から隠されている秘密の核施設をイランが保持しているという主張の詳細を提供するよう、イランの国民抵抗評議会(NCRI)に要請した。国連が課した、イランに対する核兵器禁輸措置は今週失効する。

ワシントンのアラブ湾岸諸国研究所(AGSIW)が主催した専門家パネルは15日、イランに対する国連の武器禁輸措置を解除すれば、イランは、シリアやイラク、イエメンなどの近隣諸国と武器を売買できるようになると発表した。イランはハイテク戦闘機や高性能ミサイルなどの兵器を中国やロシアから購入できるようになる、と専門家らは述べ、そうすることによってイランは核開発計画を実行できるようになるということに彼らは同意した。

イラン人で亡命中の議員であるAli Safavi氏は14日、アラブニュースがスポンサーをしているデトロイトのラジオ番組「ザ・レイ・ハナニア・ショー」で、イランが秘密の核施設を運営しているという証拠をNCRIは持っていると語った。NCRIは、16日に予定されている記者会見でその情報を公開するだろう、と Safavi氏はラジオのインタビューの中で述べた。

イランの核兵器製造計画は、包括的共同行動計画(JCPOA)の下、2007年7月に国連が課した禁輸措置によって阻止されている。JCPOAは10月18日に失効する。ドナルド・トランプ米大統領は、イランへの禁輸措置を課すと述べたが、専門家らは、国連の禁輸措置が失効すれば欧州諸国がイランに武器や機器を販売すると予想していると述べた。

それらの兵器には、「装甲戦闘車両、大口径の大砲、戦闘機、戦闘ヘリコプター、軍艦、そしてさらに重要なことには巡航ミサイルと発射装置」が含まれる可能性がある、とパネルの主催者でAGSIW常勤研究員のHussein Ibish氏は語った。

「この全てが可能になったのは、JCPOAの不服申し立てメカニズムを利用しようとする米国の取り組みがうまくいかず、誰も延長に賛同しようとしなかったからに他ならない」と同氏は補足した。

15日の「禁輸措置後:イランの武器計画とその地域的影響」と題したディスカッションには、AGSIW上級研究員Ali Alfoneh氏、AGSIW非常駐研究員David Des Roches氏、国防総合大学准教授Kirsten Fontenrose氏も参加した。

軍事と兵器の専門家らは、禁輸措置の終了は、ヒズボラのような、国家ではないイランの顧客による軍備増強にはつながらないと見ているが、イランはシリアやイラク、イエメンなどとの武器の売買が増え、地域の安全保障問題に影響を与えると予想している。

「いずれにせよ、ヒズボラが国連安保決議に従うことはないだろう」とAli Alfoneh氏は言う。「ヒズボラのような、国家ではないイランの顧客には大した影響はないだろう」

禁輸措置が解除されれば、イラクやシリアなど地域の政府が自国の軍備を増強するためにイランから武器を購入することができるようになるだろう。

「イラン人は多くの禁輸品を地域の関連組織に密輸していた。しかし、禁輸措置が解除されると、その量と流れがさらに重要になる」とFontenrose氏は言う。

「JCPOAの失敗は、イランの政治指導部に大きな衝撃を与えた」とAlfoneh氏は言う。

「未来はとても不確かだ。あの政権が代わったとしても、ジョー・バイデン大統領候補が以前のようにJCPOAに戻るとは、完全には確信していない。JCPOAにいくつかの変更が加えられる可能性が非常に高い」

米国の次期大統領選挙でどちらが勝利しても、特に米国がイランに「甘すぎる」とイスラエルが思えば、イスラエルがパートナーであるUAEの支援を受けてイランの核施設を攻撃するシナリオを予見できる、とFontenrose氏は予想している。

「イランの強硬派は、核合意を遅らせ、トランプ政権とは取り引きしないだろう……あるいは、イランはテーブルに着いても、バイデン政権にはほとんど同意しないだろう」とFontenrose氏は話した。

「イランがこの核開発計画をエスカレートさせ続けるなら、私たちは何かする必要がある、とイスラエルは言っている。イランがじっとしているなら話は別だ。しかし、イランがJCPOAからの離脱を進めたり、生産を拡大したりするのであれば、イスラエルは施設に対して攻撃を始めるだろう。現時点でUAEは、それらの攻撃の実行ではなく計画に参加するだろうか」

topics
特に人気
オススメ

return to top