Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • リビアで敵対する勢力は停戦に署名したが、厳しい政治協議が待っている

リビアで敵対する勢力は停戦に署名したが、厳しい政治協議が待っている

国連で5日間の会談を行い、「恒久的な」停戦合意に署名した後、握手するリビアで敵対する2つの勢力の代表。(AFP通信)
国連で5日間の会談を行い、「恒久的な」停戦合意に署名した後、握手するリビアで敵対する2つの勢力の代表。(AFP通信)
Short Url:
24 Oct 2020 04:10:15 GMT9
24 Oct 2020 04:10:15 GMT9

アラブニュース

  • サウジアラビアは、新しい時代がリビアとリビア国民の安全・主権・安定を実現することを期待している

ジェッダ:リビアの敵対勢力は金曜日に恒久的な停戦協定に署名したが、長年にわたって続く混沌と流血を終わらせ、それを存続させるには、無数の武装組織とそれを支援する外部勢力の間でより広い合意が必要だ。

ステファニー・ウィリアムズ国連リビア代表代行は、停戦はすぐに始まり、すべての外国人戦闘員は3か月以内にリビアから退去しなければならないと述べた。

過去1年を超える期間で最初となる民間旅客機が金曜日、トリポリからベンガジの東部の都市にかけての前線を越えて飛んだ中、ウィリアムズ氏は何度も破られた休戦許定や失敗した政治的解決の1つであるリビアの「困難な」最近の歴史について指摘した。

「しかし、冷笑するものに勝たせてはならない」と同氏は述べ、停戦に合意した双方の「勇気」を称え、国際的な支援に値すると述べた。

金曜日の合意は、東部に拠点を置くハリファ・ハフタル氏のリビア国民軍(LNA)が14か月間続けていた首都に対する攻撃を、6月に国民合意政府(GNA)が撃退した後に達成された。

それ以来、戦線は沿岸部の中心都市スルト付近で安定し、LNAは、双方の財政を圧迫していたリビアの石油生産の8か月に及ぶ封鎖を終了した。

サウジアラビアの外務省は「合意により、政治および経済での一致に成功する道が切り開かれ、合意がリビアとその温かい人々のための安全・平和・主権・安定性を達成する新しい時代の始まりに貢献することをサウジアラビアは願っている」と表明した。

リビア国内にも慎重な見方があった。「我々は皆、戦争と破壊を終わらせたいと思っている。しかし、個人的には権力者を信用していない」と、トリポリのカフェに座っていたビジネスマンのカマル・アル・マズーギさん(53)は話した。「もし現場でこの停戦合意を適用する力や仕組みがなければ…… この合意は紙の上のインクに過ぎない」とベンガジのアハメド・アリさん(47)は語った。

外国人戦闘員の出国の監視や武装勢力の統合などを含めた停戦の実施に関する重要な詳細は、小委員会での今後の協議に委ねられている。

双方は、シリア人、スーダン人、チャド人、ロシアのワグナーグループが送り込んだヨーロッパの傭兵を含む数千人の外国人戦闘員を展開している。 

一方、来月初めにチュニジアで予定されている政治協議は、最終的に国政選挙を行うことを視野に入れているが、歴史的にとらえどころのない問題で合意に達し、広範囲に及ぶ不信感を克服する必要があるだろう。米国は、すべての外国人戦闘員は退去しなければならないと述べた。「今回の合意は、事態の沈静化・安定・外国人戦闘員の退去において、すべてのリビア人の共通の利益を実現するための大きな一歩である」と、在リビア米国大使館は声明で述べた。

「我々は今、合意の誠実な実施を支援するよう、内外の関係者に求めている」

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、これは「リビアの平和と安定に向けた重要な第一歩だ」と述べた。「あまりにも多くの人々が、あまりにも長い間苦しんできた。あまりにも多くの男性、女性、子どもが紛争の結果として死亡した」

リビアの国営石油会社(NOC)は、エス・シドラとラス・ラヌフの港からの輸出の不可抗力宣言を解除したと発表した。生産量は2週間以内に日量80万バレルに達し、4週間で日量100万バレルに達するだろうと付け加えた。

エス・シドラ港を運営するNOCのアル・ワハ・オイル社は、同港には48時間以内に最初のタンカーが来る予定で、土曜日に再び操業を開始するだろうと発表した。

特に人気
オススメ

return to top