Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノン、海上境界画定の協議で自身の主張を展開

レバノン、海上境界画定の協議で自身の主張を展開

レバノンの代表団は、係争中の海域に対する自国の主張を裏付けるために地図と文書を作成した。 (AFP通信)
レバノンの代表団は、係争中の海域に対する自国の主張を裏付けるために地図と文書を作成した。 (AFP通信)
Short Url:
29 Oct 2020 06:10:53 GMT9
29 Oct 2020 06:10:53 GMT9
  • 軍事筋はアラブニュースに「レバノン側は、イスラエルが自国のために引いた国境線を通じて、レバノンの経済水域の広大な領域を侵食していると考えています」と語った

Najia Houssari

ベイルート: レバノンの交渉担当者は水曜日、係争中の海上の境界線をめぐるイスラエルとの2回目の話し合いが始まった際に、海域に対する自身の主張を展開した。

この争いとなっている地中海の海域は「ブロック9」として知られており、石油とガスが豊富で、広さは推定860平方キロメートルある。また、今後は両国の陸上国境の交渉も取り組まれる予定だ。

水曜日の会議は、国連レバノン暫定駐留軍(UNIFIL)の本部で厳重な警備の中開かれた。国連レバノン特別調整官の補佐官がこの会合の議長を務め、在アルジェリア米国大使のジョン・デロッハー氏が仲介役となった。

軍事筋はアラブニュースに「レバノン側は、イスラエルが自国のために引いた国境線を通じて、レバノンの経済水域の広大な領域を侵食していると考えています」と語った。

レバノンの代表団は、係争中の海域に対する自身の主張を裏付けるため、地図と文書を作成した。

2012年のレバノンとイスラエルの間接交渉で、米国のフレデリック・ホフ外交官は「海上境界の妥協線は、レバノンが紛争地域の58%を、イスラエルが残りの42%を得ます。言い換えると、レバノンは500平方キロメートル、イスラエルは300平方キロメートルになります」と提案した。

水曜日の会議の前夜、レバノンとイスラエルの当局者は、国連決議1701の実施を通じた紛争解決の枠組みについて協議した。

UNIFIL司令官のステファノ・デル・コル少将は、「ブルーラインに沿った緊張を和らげる上で両当事者が果たした建設的な役割」を賞賛し、「先を見越した対策を取り、緊張の増大が支配的な構造に変化を加える」必要性を強調した。

特に人気
オススメ

return to top