Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • カタール政府高官がテロ事件で脅迫罪の容疑

カタール政府高官がテロ事件で脅迫罪の容疑

シリア内戦中にアルカイダの関連組織に資金を流したとして、2人の裕福なカタール人が告発されている。上は、カタールのドーハの景色(ゲッティイメージズ)
シリア内戦中にアルカイダの関連組織に資金を流したとして、2人の裕福なカタール人が告発されている。上は、カタールのドーハの景色(ゲッティイメージズ)
Short Url:
13 Nov 2020 12:11:36 GMT9
13 Nov 2020 12:11:36 GMT9
  • 英国警察は、カタール政府から請求者や証人に対して制裁的な嫌がらせがあったという主張に関して捜査を依頼された
  • ドーハ銀行は、シリア紛争中にカタールからの資金をアル・ヌスラ戦線に提供したとして告発されている

アラブニュース

ロンドン:カタールの政府高官が、8人のシリア難民のドーハ銀行に対する補償請求の証人と請求者を脅迫したと、ロンドンの高等裁判所に対して水曜日に訴えがあった。

同銀行は、カタール人の兄弟であるムータズとラメズ・アル・カイヤットの2人の顧客からの資金処理を支援したとして告発されている。この資金は、シリア紛争で活動していた聖戦派グループ、アル・ヌスラ戦線へ向けたものだ。アル・ヌスラ戦線は2017年には複数の団体と統合し、タハリール・アル・シャーム(HTS)となった。

同裁判所には、兄弟はカタールを代表して行動しており、おそらく首長自身も行動していると伝えられた。

ドーハ銀行とアル・カイヤット兄弟は、オランダに拠点を置くシリア人が起こした訴訟の不正行為を否定している。彼らは同銀行がロンドンに事務所を持っているため、英国で訴訟を起こすことができた。英国政府はアル・ヌスラ戦線とHTSをテロ組織に指定している。

難民のうち4人の代理人であるベン・エマーソン・QCは、カタールの当局者が事件を「脱線させようとしている」と非難した。

「この国の司法行政は、外国の敵対的行為によって脅かされています」と彼は語った。

カタールの当局者は「嫌がらせ、脅迫、圧力、海外での非合法な秘密裏の監視、武装した覆面の男たちによる夜間の訪問での脅迫、贈収賄未遂、犯罪教唆」の責任を負っているとし、彼はその行動が国家を代表して行われたものであると考えられると付け加えた。

「この事件の申し立ては、カタールの国自体が、先述の2人の被告(アル・カイヤット兄弟)と彼らが所有する会社、そしてドーハ銀行に保有している口座を通じて、(アル・ヌスラの戦線への)資金提供を行ったという内容です」と彼は述べる。

「証拠は、カタール国が長期にわたって複数の個人を複数の場所に派遣して継続的な活動を展開していることを示唆しており、その目的は、これらの手続きにおける法の精神を捻じ曲げ、証人を脅迫し、請求者に請求を取り下げさせることです」

英国のテロ対策警察は告発の調査を依頼されていたとエマーソン氏は付け加える。請求者は安全のために匿名を保っている。

ドーハ銀行を代表するソニア・トラニー・QCは、この請求が政治的に動機づけられたものであることを「非常に懸念している」と述べた。

「カタールはこの国にとって友好的な外国です。この国は、(カタールが)公の司法に干渉しているという見当違いの疑惑を抱く前に、注意を払うべきです」と彼女は付け加えた。

ロンドン警視庁の広報担当者は次のように述べる。「11月9日には、テロ資金の提供、法の精神からの逸脱、目撃者の脅迫に関する申し立てを受けたことを確認しています」

「これらの申し立ては、現在、英国を拠点とした警察の捜査の根拠があるかどうかを判断するために、警視庁のテロ対策本部の職員によって調査されています」

エマーソンは、ドーハ銀行や他の被告がカタールで開くべきだと主張していることから、この事件の管轄権に関する審理を遅らせるよう求めた。

ロザリンド・コウ・QC判事は要約すると、申し立ての深刻さに照らして、「しぶしぶ」審理を延期し、より多くの証拠が収集できるようにすることに同意した。

特に人気
オススメ

return to top