Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • トルコ政府のクルド人に対する不安定な戦略が続く

トルコ政府のクルド人に対する不安定な戦略が続く

イスタンブールでクルド国民民主主義党(HDP)が主催した先日の抗議行動にて衝突するデモ隊とトルコの機動隊。(提供/AFP)
イスタンブールでクルド国民民主主義党(HDP)が主催した先日の抗議行動にて衝突するデモ隊とトルコの機動隊。(提供/AFP)
Short Url:
22 Nov 2020 07:11:44 GMT9
22 Nov 2020 07:11:44 GMT9
  • ディヤルバキル弁護士会は公式声明の中で、「今回の拘留は、私たちを脅して黙らせようとする組織的な政策の一環である」と述べた。

アラブニュース

アンカラ:クルド人紛争に関するトルコ政府の言動のギャップが拡大している。

トルコの与党、公正発展党の創設メンバーであるビュレント・アリュンチュ氏は先日、国民民主主義党(HDP)の元共同議長であるセラハッティン・デミルタシュ氏の拘留が続いていることを批判し、釈放を求めた。

テロ支援容疑で逮捕されたデミルタシュ氏は、11月4日に懲役4年目を迎えることになる。これは、HDPが国内唯一の親クルド人政党に対する「政治的クーデター」と称した政府の戦術である。

2016年から裁判なしで拘留されているデミルタシュ氏は、同氏の家族が住む故郷のディヤルバキルから1700キロ離れた北西部の国境都市エディルネの刑務所に収容されており、妻や娘たちが同氏と連絡を取るのは困難な状況となっている。

デミルタシュ氏が獄中で書いた小説の最新作である『デヴラン』に言及し、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の最高顧問でもあるアリンチュ氏は、「誰もが『デヴラン』を読むべきだ。デミルタシュに対する考えは変わらないかもしれないが、クルド人が経験してきたことを理解できるだろう。クルド人に対するあなたの考えは変わるかもしれない。我々の検察官と裁判官は、自由の原則に基づいて行動すべきだ」と述べた。

このような画期的な発言は、トルコが新たな民主化期間を開始しているという先週のエルドアンの発言と、来年に期待されている新たな司法改革のパッケージを理論的には示唆するものである。

トルコのアブドゥルハミット・グル法務大臣も先日、トルコの長期にわたる公判前拘留を批判したばかりだ。

デミルタシュ氏は先月のインタビューで、「自分が獄中にいるのはエルドアンが自分を恐れているからだと考えている」と語った。

政府が推し進める「ルネッサンス」は希望に満ちているように見えるが、最終的に重要なのは言葉ではなく行動だ。

Amazonやトルコの書店で販売されているデミルタシュ氏の本は、先日トルコの検察によって「テロリストのプロパガンダ」と評された。

エルドアン大統領の最高顧問による爆弾発言の翌日、トルコ当局は11月20日、捜査の一環としてクルド人弁護士とNGOの代表者101人の家宅捜索を行い、拘留令状を発行した。土曜日の時点で、そのうちの半数は釈放されたが、個人の携帯電話は押収された。

ディヤルバキル弁護士会は公式声明の中で、「今回の拘留は、私たちを脅して黙らせようとする組織的な政策の一環である」と述べた。

「今日行われた襲撃は、ディヤルバキル弁護士会を黙らせようとしていること、NGOの活動に対する直接的な介入があることを改めて示した」

人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチとアーティクル19は11月19日に共同声明を発表し、トルコ政府がデミルタシュ氏および他のHDPの政治家を拘留するために「特にデミルタシュに対する迫害運動で拘留と刑事手続きを悪用している」と述べた。

一部の専門家によると、今回の拘束の波は、デミルタシュ氏に関する党の最新発言に不快感を隠せなかった国民党MHPとの同盟を支持しようとする政府内部の派閥に関係している可能性があるとのことだ。

ディヤルバキル弁護士会の元会長であるメフメット・エミン・アクター氏は、弁護士に拘留令状が発行されたが、告訴はなかったと述べている。

「2019年の地方選挙の間、私たちの弁護士会の弁護士は選挙の監視人に任命され、彼らは私たちが発行した法的文書を使ってこの専門的な義務を果たした。トルコ当局は、トルコ当局が無法者PKKとの繋がりを主張する民主党社会議会(DTK)での捜査の際に、これらの弁護士や活動家の名前が入った複数の文書を発見したと主張している」と、同氏はアラブニュースに語った。

DTKは、トルコのクルド系市民社会団体を集めた幅広い政治フォーラムとして設立され、数千人の命を犠牲にした30年以上に及ぶ紛争の終結を目指した和平プロセスにおいて、2009年から2015年までの間、政府とさまざまなクルド系団体との間の橋渡し役としての役割を果たしていた。しかし、和平プロセスは2015年7月に延期されている。

アクター氏は、トルコにおける司法改革のための修辞的な約束を超えて、この動きはクルド人の弁護士や地域の活動家を脅して沈黙させることを意図していると述べた。

「このような動きは以前から予期していたと言わざるを得ない。しかし、このような戦術でクルド人を脅迫し、市民社会活動を停止させられるとは思えない」と同氏は述べている。

特に人気
オススメ

return to top