Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 感染急増に伴い、2月のワクチン到着を待つレバノン

感染急増に伴い、2月のワクチン到着を待つレバノン

ベイルートのリズク病院で、同僚に消毒をするレバノン赤十字のボランティア。(ロイター)
ベイルートのリズク病院で、同僚に消毒をするレバノン赤十字のボランティア。(ロイター)
Short Url:
19 Jan 2021 04:01:32 GMT9
19 Jan 2021 04:01:32 GMT9
  • レバノンのロックダウン対策も国内の一部で危ぶまれている

ナジア・フッサーリ

ベイルート:新型コロナウイルス感染症で入院中のレバノン選挙管理内閣ハマド・ハッサン保健相は、同国の世界銀行の融資から行う政府病院および民間病院への金融分担金の最初の支払いに合意した。

この決定は、病院が新型コロナウイルス治療に対する請求の支払いが遅れていることに抗議したことを受けてのものである。

レバノンの病院では、COVID-19患者用に約1万5千床が割り当てられており、民間病院では1万3千床、政府病院では2千床が使用されている。

しかし、レバノンの病院は満床で、救急外来と合わせて数百人の患者がベッドが空くのを待っている状態だ。

レバノンの全国的なロックダウンは月曜日まで続く予定だ。ロックダウンは、数日後に行われる同国の感染率調査後に見直される。

医療機器・デバイス輸入業者連合のサルマ・アッシ代表は次のように述べている。「企業は今日、酸素機器に対する要請を受け取った。今週中に要請を受ける企業もあれば、週明けに要請を受ける企業もあるだろう」

レバノンは、新型コロナウイルスのパンデミックによって大混乱に陥っており、需要が急増した酸素機器の不足に直面しているが、市民の中には自らのために大量に備蓄する者もいる。

アッシ氏は「患者がPCR検査で陽性を証明できた場合に限り、医師の指示に基づいて機器が届けられるように、これらの機械の独占を防ぐための仕組みが整えられている」と言う。

「市場にはたくさんの機械が出回っている。それらがどのようにして持ち込まれたのか、どのような効果があるのかはわからないが、闇市場で売られていた」

レバノンのロックダウンも国内の一部で危うくなっている。人気のある地域では、店主や職人が店を閉めるふりをしながらも取引を続けた結果、健康被害が記録されている。

レバノン議会保健委員会のアセム・アラジ委員長はアラブニュースにこう語る。「科学的には3週間は必要となる全面閉鎖の残り期間、市民が家から出ないよう説得する必要がある」と述べた。

「パンのかたまりが買えないという、日々を生きる金を必要とする飢えた人たちの叫びが聞こえる」

「レバノン人の半数は最低賃金で生活しているが、レバノン・ポンドは崩壊し、価値を失っている」

「必要なのは現金での支援だが、いまだにない。支援についての声が各所で上がっているが、何の意味もない」

「今月中旬に見られた事例は新年会での交流によるものだが、今記録されている事例は、全面的ロックダウンの決定直後に行われた交流の結果である。人々が買い物に行くために数日の猶予が与えられたために、スーパーで前例のない動きが見られた。その結果が今の状態である」

アラジ委員長は、集団予防接種でしか事態を収束させることができないと警告した。

「ワクチンの第一弾は、2月の第1週に到着すると予想している」

「予防接種に必要な仕組みが整い、政府系病院で実施されることになった。予防接種のために35カ所を用意している」

アラジ委員長によると、医療・介護スタッフや75歳以上の者が優先的に予防接種を受けることになるそうだ。

80歳を超えるミシェル・アウン大統領、そしてナビ・ベリ国会議長に予防接種を優先するということだろうか。

「75歳以上の政治家は他にもいる」とアラジ委員長は言う。

特に人気
オススメ

return to top