Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 新型コロナウイルス感染症の予防措置としてオマーンはフライトを一時停止し、10カ国からの入国を禁止へ

新型コロナウイルス感染症の予防措置としてオマーンはフライトを一時停止し、10カ国からの入国を禁止へ

オマーンの最新の渡航制限は、新型コロナウイルス、特に特定の変異株の拡散を抑制することを目的としている。(AFPファイル写真)
オマーンの最新の渡航制限は、新型コロナウイルス、特に特定の変異株の拡散を抑制することを目的としている。(AFPファイル写真)
Short Url:
23 Feb 2021 07:02:59 GMT9
23 Feb 2021 07:02:59 GMT9
  • 2021年2月25日から15日間のフライト禁止と2週間の渡航制限が実施される

アラブニュース

ドバイ:オマーンは、新型コロナウイルスの蔓延に対する予防措置として、フライトを一時停止し、10カ国からの入国を禁止した。

国営オマーン通信(ONA)は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックに伴い、感染症対策として、国の最高委員会は、スーダン、レバノン、南アフリカ、ブラジル、ナイジェリア、タンザニア、ガーナ、ギニア、シエラレオネ、エチオピアからの渡航制限を実施すると報じた。

2021年2月25日から15日間のフライト禁止と2週間の渡航制限が実施される。

ただし、オマーン国民、外交官、医療従事者とその家族は禁止を免除されるが、入国を許可するには、義務付けられた健康プロトコルを受ける必要がある。

政府は、極端な必要性がある場合を除いて、国民と居住者に他国への渡航を避けるように促しました。

「委員会は、変異株が国内に蔓延し、医療機関に圧力をかけないように、潜在的なリスクについて熟考した。おそらく、現地の報告書と到着した乗客に対して実施されたPCR検査によって示される」と報告書は述べている。

さらに26人の入院が確認され、オマーンの新型コロナウイルスの総感染者数は139,692人に達した。これまでに同感染症による1,555人の死亡が確認されている。

特に人気
オススメ

return to top