Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 米国、パレスチナ人への約1億5000万ドルの援助を再開=関係者

米国、パレスチナ人への約1億5000万ドルの援助を再開=関係者

ジョー・バイデン米大統領の政権は、ドナルド・トランプ大統領(当時)によって打ち切られたパレスチナ人への約1億5000万ドルの援助を回復する計画であると、関係者がロイターに語った(ロイター通信)
ジョー・バイデン米大統領の政権は、ドナルド・トランプ大統領(当時)によって打ち切られたパレスチナ人への約1億5000万ドルの援助を回復する計画であると、関係者がロイターに語った(ロイター通信)
Short Url:
08 Apr 2021 05:04:59 GMT9
08 Apr 2021 05:04:59 GMT9
  • バイデンは、パレスチナ人がイスラエルに大きく偏っていると非難した共和党の前大統領のアプローチの一部を撤回する意向
  • 新政権はこれまで、数億ドル規模の経済・人道支援の再開を約束している

ワシントン:バイデン政権は、ドナルド・トランプ大統領(当時)によって打ち切られた支援の一部を復活させ、米国によるパレスチナ人への約1億5,000万ドルの支援パッケージを発表する予定であることを、関係者が水曜日に明らかにした。

この支援は、主に国連の救援機関であるUNWRAを通じて行われ、トランプ大統領の在任中に崩壊したパレスチナと米国の関係を修復するための努力の一環として、水曜日頃に国務省から発表される予定だ。

民主党のジョー・バイデン大統領は、パレスチナ人がイスラエルに大きく偏っていると糾弾した共和党の前大統領のアプローチの一部を撤回する意向を明らかにしている。

新政権はこれまでに、数億ドル規模の経済・人道支援を再開し、ワシントンにあるパレスチナ人の外交機関の再開に向けて取り組むことを約束している。

バイデンの側近たちはまた、イスラエルとパレスチナの紛争に関する米国の政策において、2国家間の交渉による解決という目標を再び優先させたいと考えていることを示唆している。

しかし、これまでのところ、彼らは慎重に行動しており、主要なステップは、イスラエルの結論の出ない3月の選挙と、それに続く数カ月後に予定されているパレスチナの選挙の後、塵が晴れるのを待つことになりそうだ。

トランプ政権は、2018年にパレスチナ自治政府との関係を断ち切った後、ほぼすべての援助を停止した。この動きは、パレスチナ指導部が自分たちの生存可能な国家を否定しようとしていると烙印を押した条件で、パレスチナ人にイスラエルとの交渉を強要させるものであると広く見られている。

この削減は、エルサレムをイスラエルの首都と認め、米国大使館をテルアビブからそこに移し、数十年にわたる米国の政策を覆すというトランプ政権の決定を受けて、パレスチナの指導者たちがトランプ政権の和平努力をボイコットすることを決定した後に行われたものだ。

これには、占領下のヨルダン川西岸、ガザ地区、および中東全域で約570万人の登録済みパレスチナ難民に援助と救済サービスを提供している国連事業救済機関(UNWRA)への資金提供を取り消すことも含まれていた。

情報筋がロイターに語ったところによると、復活する資金は主にUNWRAに充てられる一方、パレスチナ自治政府への直接的な経済支援の再開は当面見送られるようだ。

UNWRAに充てられる資金は、米国が2017年に同機関に拠出した3億6500万ドル規模の拠出金を直ちに回復させるものではない。

UNRWAが支援している難民のほとんどは、イスラエルの誕生につながった1948年の戦争で家を追われたり、戦闘から逃れたりした約70万人のパレスチナ人の子孫だ。

難民の数の増加は、トランプ政権が2018年の資金援助停止の際に指摘され、元国務省報道官のヘザー・ナウアートは、「権利のある受益者のコミュニティが際限なく、指数関数的に拡大している」としてUNRWAを批判していた。

トランプと親密な関係を築いたイスラエルの右派首相ベンジャミン・ネタニヤフも、UNRWAの解体を求めている。

1月20日に就任したバイデン政権は、パレスチナ人との関係回復と支援の再開に向けて、すぐに準備を始めた。バイデンの側近は、関係を再構築するためのより詳細な計画を作成していると、2人の関係者が3月中旬にロイターに語っている。

同政権は先月末、COVID-19のパンデミックへの対策として、ヨルダン川西岸およびガザ地区のパレスチナ人コミュニティの弱者に1500万ドルを提供すると発表している。

ロイター通信

特に人気
オススメ

return to top