Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イランのザリーフ外相、オマーンでフーシ派指導者と会談

イランのザリーフ外相、オマーンでフーシ派指導者と会談

4月28日、オマーンで、イランのモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外務大臣がフーシ派の民兵組織代表者たちと会談した。(WANA経由のロイター通信/資料写真)
4月28日、オマーンで、イランのモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外務大臣がフーシ派の民兵組織代表者たちと会談した。(WANA経由のロイター通信/資料写真)
Short Url:
29 Apr 2021 06:04:13 GMT9
29 Apr 2021 06:04:13 GMT9
  • イランの首席外交官とフーシ派報道官とのマスカットでの会談は、ここ数年のうちに数度行われてきた

イランの外務大臣が4月28日、フーシ派民兵組織の代表者たちとオマーンで会談し、イエメン国内の停戦と、長期に渡る内戦を終らせるための和平交渉への復帰をイラン政府が支持する、と表明した。

フーシ派のモハメド・アブドスラム報道官との会談で、イランのモハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外務大臣が「政治的解決こそがイエメン危機への唯一の解決策とする我が国の見解を再度強調した」と、イラン外務省は声明で述べていた。

停戦とイエメン国内の和平交渉を、我が国は支持すると外務大臣が強調した、とその声明は付け加えていた。

オマーンの首都で、イランの首席外交官とフーシ派報道官との会談はここ数年のうちに数度行われてきた。

ザリーフ外相の発言は、サウジのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子がフーシ派に戦闘を中断し、和平交渉に入るように呼び掛けた翌日のことだった。

2014年に紛争が勃発して以来、数万人が死亡してきたイエメンの内戦は、フーシ派がマーリブを奪取するための作戦行動により、この2カ月間で改めて激しさを増している。

サウジアラビアは「包括的な」停戦と和平交渉へのテーブルに再びつくことを提案していたが、この提案はフーシ派が即座にはねつけていた。

特に人気
オススメ

return to top