Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエルの主任監査官、圧死事故の捜査を発表

イスラエルの主任監査官、圧死事故の捜査を発表

イスラエル北部のメロン山で開催されたラグ・オバメルの祭りで亡くなった、エリヤフ・コーヘンさんの葬儀に参列する人々。エルサレム、2021年5月1日土曜日。(AP)
イスラエル北部のメロン山で開催されたラグ・オバメルの祭りで亡くなった、エリヤフ・コーヘンさんの葬儀に参列する人々。エルサレム、2021年5月1日土曜日。(AP)
Short Url:
04 May 2021 11:05:13 GMT9
04 May 2021 11:05:13 GMT9
  • 当局が今年参加を許可した巡礼者は1万人だったが、実際にメロン山に集まったのは10万人だったと複数のイスラエルメディアが報じた。AFPでは実際の参加者数を確認できなかった

エルサレム: イスラエルの国家監査官は、宗教行事で45名の巡礼者が折り重なるように倒れ死亡した事故の調査を開始すると発表した。

4月30日未明に圧死した人の中には、子供と10代の若者が少なくとも16名いた。今回の事故はイスラエル史上最悪の平時における悲劇と評されている。

数万人がイスラエル北部メロン山近くの会場に詰め掛けた。2世紀に活躍した高名なユダヤ教指導者「ラビ」のシモン・バル=ヨハイの墓に毎年恒例の巡礼をするためだ。この日はユダヤ教の祝祭日「ラグ・バオメル」と重なっている。今回の悲劇は「未然に防げた可能性があり、直ちに今後の対策を決めねばならない」とマタニヤフ・エングルマン監察官が圧死事件の「特別監査」実施を発表した際、記者団に述べた。

エングルマン監察官のオフィスは主要な政府系監視機関で、2008年と2011年の時点で報告書を出しており、メロン山の会場で巡礼者が事故に遭う危険性があると警告している。

「シモン・バル=ヨハイの墓は、数万人から数十万人が参加する大規模なイベントを開催するための適切な整備がなされていない」と2008年の報告書に書かれている。2011年の報告書によると、会場はメンテナンスが不十分で違法に追加された多数の建築物では、中にいる人々が「危険にさらされる可能性が高い」という。

男女別々に分かれた会場の男性向けエリアで圧死事故が発生した。人々が狭い通路を移動していた時、密集しすぎて死亡事故に至ったと思われる。警察が別な通路を封鎖していたため巡礼者たちが逃げられなかったと非難する声もある。

当局が今年参加を許可した巡礼者は1万人だったが、実際にメロン山に集まったのは10万人だったと複数のイスラエルメディアが報じた。AFPでは実際の参加人数を確認できなかった。

死亡したのは超正統派ユダヤ教徒の成人男性や少年だった。イスラエルには大規模な超正統派コミュニティーが存在する。救助活動組織「マーゲン・ダビド・アドム(ダビデの赤い盾)」によると、負傷者も120名出たという。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相は徹底的な調査を約束したが、ベニー・ガンツ国防相を含む数名がイスラエルの最高調査機関「国家調査委員会」の招集を求めた。

イスラエル北部警察のシモン・ラビ本部長は、「責任」を取る覚悟があると述べ、ネタニヤフ首相と同じ政党に所属するアミール・オハナ公安相は審理に応じる用意があると述べた。

「責任者は私だが、責任イコール犯罪ではない」とオハナ公安相は述べた。

5月3日には最後の犠牲者の1人、アルゼンチン出身のタルムード学校の学生(21歳)がエルサレムの墓地に埋葬された。数百名が葬儀に参列したとイスラエルメディアが報じた。

葬儀と遺体の身元確認は4月30日当日、事故発生の数時間後にすでに始まっていたが、この日はユダヤ教の安息日だったため一旦中止され、安息期間が終わった翌5月1日の日没後再開された。

AP通信

特に人気
オススメ

return to top