Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエルはガザのトンネルを標的とし、パレスチナによるロケット弾攻撃は続く

イスラエルはガザのトンネルを標的とし、パレスチナによるロケット弾攻撃は続く

イスラエルの空爆による爆発の閃光が空を照らす。ガザ地区北部のベイト・ラヒアにて、2021 年 5 月 14 日。( 記録 /AFP)
イスラエルの空爆による爆発の閃光が空を照らす。ガザ地区北部のベイト・ラヒアにて、2021 年 5 月 14 日。( 記録 /AFP)
Short Url:
15 May 2021 02:05:24 GMT9
15 May 2021 02:05:24 GMT9
  • 女性とその子供 3 人がイスラエルによる軍事行動により死亡し、その遺体は自宅の瓦礫の中から発見された、とガザ北部の保健当局は発表した
  • ガザでは少なくとも 119 人が死亡し、そのうち 31 人が子供、19 人が女性であった

ガザ / エルサレム :

イスラエルは金曜日、イスラエルの都市に執拗なロケット弾攻撃が続く最中、ガザにあるパレスチナの軍事用トンネル網に対し、大砲を発砲し、大規模な空爆を実施した。そのトンネルは通称「メトロ」と呼ばれていた。

地上部隊は夜明け前 40 分間にわたり攻撃に参加したが、一人としてガザ地区には侵入しなかった、とイスラエル軍の報道官は発表した。交戦状態は 5 日目に突入したが、収束の兆しはまったく見えない。

女性とその子供 3 人がイスラエルによる軍事行動により死亡し、その遺体は自宅の瓦礫の中から発見された、とガザ北部の保健当局は発表した。

イスラエル南部に対するロケット弾の集中砲火は、イスラエルによる攻撃後にすぐさま行われた。攻撃では、イスラエル領土内から大砲と戦車による砲火が行われた、と報道官は発表した。

イスラエルとガザの戦闘員の間で、2014 年以降最も深刻な戦闘が月曜日に始まった。エルサレムのアル・アクサモスクのそばでイスラエル警察とパレスチナ人が衝突したことへの報復として、孤立地域を統治するハマスのグループが、エルサレムとテルアビブでロケット弾を発射した後のことだ。

ガザでは少なくとも 119 人が死亡し、そのうち 31 人が子供、19 人が女性で、現在の交戦状態でその他に 830 人が負傷した、とパレスチナ医療当局は発表した。

イスラエルにおける死亡者数は 8 名となった。ガザとの境界をパトロールしていた兵士 1 名、避難所に向かう途中で金曜日に死亡した高齢女性 1 名と子供 2 人を含むイスラエル市民 6 名、そしてインド人労働者 1 名である、とイスラエル当局は発表した。

ガザ北部および東部では、金曜日早朝、大砲の砲火と爆発音が鳴り響いた。目撃した人の話では、境界近くに住む家族の多くは自宅を離れ、中には、国連の運営する学校に非難した人もいるとのことだった。

“ガザ地区の外部で”戦闘機 160 機、そして大砲および装甲部隊が、戦闘が始まって以来特定の標的に向けたものとしては最大という軍事行動に参加した、とイスラエル軍事報道官ジョナサン・コンリカス中佐は発表した。

「我々が標的としているのは、ガザ地下に広がる、手の込んだトンネル網です。そのほとんどは北部にありますが、限定するわけではありません。これは、ハマスの工作員が移動、潜伏、そして避難のために使用するネットワークなのです」、と彼は外国人報道陣への記者会見で話した。

「我々は ( これを ) メトロと呼びます」と彼は話し、軍事行動の結果に対する最終的な評価はまだ出ていない、と付け加えた。

軍事活動には「まだ時間がかかるでしょう」、とイスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフ は木曜日話した。ガザ最強の軍事集団ハマスには、停戦の前に、強力な抑止力を与える必要がある、とイスラエル当局は発表した。

米国大統領バイデンは木曜日、暴力の段階的縮小を要求し、ロケット弾攻撃が目に見えて減少することを望む、と話した。

イスラエルにおける緊張

交戦によって、イスラエルのユダヤ人と、国家の 21 パーセントを占める少数派のアラブ人の間の緊張は、さらに悪化している。一部の地域では、彼らは隣り合わせに暮らしているというのに、である。

アラブ人とユダヤ人が共に暮らす地域では、暴力は夜通し続いた。この数日間、シナゴーグは攻撃を受け、路上で戦闘が勃発した街もあり、イスラエル大統領は内戦に対し警告を発することとなった。

ガザの境界では軍事力を増強し、地上侵攻の可能性、2014 年および 2009 年のイスラエル・ガザ戦争中と同様の侵入を思い出させるような動きについて推測している、とイスラエル軍は木曜日発表した。

しかし、イスラエルが、ハマスの勢力範囲で軍の負傷者が激増する危険を冒すことが本意ではないことを考慮すれば、侵攻はまずなさそうだった。

国連安全保障理事会で、イスラエルとパレスチナ戦闘員の間の暴力が悪化していることについて、米国が金曜日の会合に反対を表した後、

日曜日に公式に議論される予定である。

エジプト、カタール、そして国連による休戦への取り組みは、進展の兆しを感じさせた。

イスラエル軍は、イスラエルの攻撃で死亡した戦闘員数は、80 人から 90 人と推定している。現時点でおよそ 1,800 発のロケット弾がイスラエルで発射され、そのうち 430 発はガザ地区に届かなかった、あるいはうまく機能しなかった、と同軍は発表した。

イスラエルの政治面では、僅差だった 3 月 23 日の選挙後にネタニヤフが権力の座に居続けられる見込みは、彼の主たる宿敵ヤイール・ラピッド氏が政府構築に大きく失敗したことを受け、劇的に増大した。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top