Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • バイデン氏、カブール空港襲撃犯に警告「我々は必ず追い詰める」

バイデン氏、カブール空港襲撃犯に警告「我々は必ず追い詰める」

ジョー・バイデン米大統領は、2021年8月26日、ワシントンDCのホワイトハウスのイーストルームで、ハミード・カルザイ国際空港でのテロ攻撃と、米軍関係者やアフガン人犠牲者の死傷者について会見を行った。(AFP)
ジョー・バイデン米大統領は、2021年8月26日、ワシントンDCのホワイトハウスのイーストルームで、ハミード・カルザイ国際空港でのテロ攻撃と、米軍関係者やアフガン人犠牲者の死傷者について会見を行った。(AFP)
Short Url:
27 Aug 2021 01:08:47 GMT9
27 Aug 2021 01:08:47 GMT9

ワシントン:ジョー・バイデン大統領は、感情に声を震わせながら、アフガニスタンのカブール国際空港で起きた2つの爆発事件の犯人を追い詰めると宣言、国防総省に報復作戦の計画を指示した。

バイデン氏は、米軍と多数の民間人が犠牲になった、過去10年間で最悪の爆発事件の数時間後に会見を行った。

シリアやイラクで米軍と交戦した過激派組織、ダーイシュ・ホラサン(Daesh-K)が犯行声明を発表。

「我々は許さない。我々は忘れない。必ず追い詰め、代償を払わせる」とバイデン氏はホワイトハウスで述べた。

また、米国による避難活動の継続を約束。

「テロリストが我々の使命を阻止することはできない。避難を継続する」と述べた。

カマラ・ハリス副大統領は、9月14日にリコール選挙が行われるカリフォルニア州の民主党知事ギャビン・ニューサム氏のために、アジアへの出張の帰りに選挙活動を行う予定をキャンセル、ワシントンに戻るとスタッフが述べた。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、バイデン氏による火曜日までの米軍撤退目標は変わらないことを記者団に伝え、それはさらなる攻撃を懸念する軍事顧問の助言に基づいて行われていると述べた。

彼女によると、バイデン氏は、期限までに希望するすべてのアメリカ人を撤退させるべく努力していると説明、「彼らへのコミットメントは終わらない」と述べた。

バイデン氏は、米軍司令部に対し、ダーイシュ・ホラサンの資産、指導者、施設を攻撃するための作戦計画を立てるよう命じたと述べた。「大規模な軍事作戦によらず、我々は、彼らを捕らえる方法を選択する」と述べた。

彼は涙をこらえているように見え、亡くなったアメリカの「英雄」たちについて語るときには感情で声が震えていた。ホワイトハウスや全国の公共施設の国旗を半旗に下げるよう命じた。

彼は「辛い1日となった」と語った。

大統領は、「必要であれば、それが戦力追加であっても認める」と米軍に伝えたという。

バイデン氏は、前任者である共和党のドナルド・トランプ氏がタリバンと交わした撤退合意の交渉についていくらかの責任を負わせながらも、この最も深刻な外交危機への対応の責任は自分にあると述べた。

同氏は、タリバンを信用していないが、避難を継続させることは双方の利益になると考えていると述べた。

サキ氏は米国と国連の制裁を受けているタリバンに対し、米国は経済的な影響力を含む「膨大な影響力」を持っていると述べた

また、アフガニスタン政府は長い間、米国にある中央銀行の資産からのドル送金に頼ってきた。政権担当者は、そのような資産がタリバンに利用されることはないと述べた。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top