Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ヨルダン、治安当局に対するダーイシュのテロ計画を阻止

ヨルダン、治安当局に対するダーイシュのテロ計画を阻止

Short Url:
07 Sep 2021 07:09:29 GMT9
07 Sep 2021 07:09:29 GMT9
  • このダーイシュに同調したと疑われている者たちはかつて、過激主義のイデオロギーを広めたとして国家保安裁判所で審理されていた

レイド・オマリ

アンマン:ヨルダンの情報総局は、テロ組織ダーイシュが計画していた、北部の都市イルビドの保安担当者や建物に対する攻撃を阻止したと発表した。

情報総局によると、この計画に関与した3人の容疑者は、ダーイシュの過激主義のイデオロギーを受け入れ、アンマンの北約80キロにあるイルビドの情報総局本部や職員に対する銃器を使ったテロ攻撃を計画していた。

同局によると、このダーイシュに同調したと疑われている者たちは、かつて過激主義のイデオロギーを助長し、テロ組織に参加しようとしたとして国家保安裁判所で審理されていた。

同局は起訴状で、3人の容疑者のうち2人は、3月に逮捕される前にすでに刑務所で服役したことがあり、今回の阻止されたテロ攻撃に関連していることで逮捕された。3人目は、ダーイシュのイデオロギーを広めたことに関する容疑でまだ服役中だった。

アラブニュースの入手した起訴状によると、「刑務所はその3人の容疑者に対して抑止力にならなかった。彼らはテロ組織ダーイシュの過激主義のイデオロギーを広め続けた」とある。

起訴状によると、以前に長期間服役していた2人目の容疑者は、ダーイシュの支持者を集める任務を担っていた。昨年釈放された後も、その容疑者は治安当局に対するテロ計画のために支持者を集め続けていた。

情報総局によると、2人目の容疑者は2020年末、支持者を探していたときに3人目の容疑者に出会った。両者はダーイシュに関する情報を交換し、ダーイシュのイデオロギーを友人や親戚に広めた。
起訴状には、2021年初頭、1人目の容疑者が情報総局本部をテロ計画の標的の候補にしていたとも書かれていた。

その男は計画を実行するために銃器を購入し、刑務所にいる2人目の容疑者がダーイシュの支持者らとともに彼を手伝うのを待った。

情報総局は、有罪判決を受けた2人目の容疑者を尋問する中この計画を暴いたと発表した。その情報が、3月3日の1人目の容疑者の逮捕と、その1週間後の3人目の容疑者の逮捕につながった。

ヨルダンでダーイシュの計画が阻止されたのは、今回が初めてではない。

情報総局は2018年1月、ダーイシュが計画していた、軍事・防犯施設、商業地区、報道機関、穏健派の宗教学者を狙った攻撃を阻止した。この計画に関与したとして17人が逮捕された。

2016年3月には大規模な治安維持活動により、ヨルダン第2の都市イルビドでダーイシュのテロ計画が阻止された。数時間に渡る攻撃の間、治安部隊は、武装して居住用ビルに立てこもっていたテロ容疑者7人を殺害した。

特に人気
オススメ

return to top