Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 皇太子のヨルダン訪問は「アラブの統一に不可欠な経済・政治協力を強化する」

皇太子のヨルダン訪問は「アラブの統一に不可欠な経済・政治協力を強化する」

2022年6月21日、ヨルダンの首都アンマン南郊のクイーンアリア国際空港で、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子を迎えるヨルダンのアブドッラー2世国王(中央)と息子のフセイン皇太子(右)。(AFP)
2022年6月21日、ヨルダンの首都アンマン南郊のクイーンアリア国際空港で、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子を迎えるヨルダンのアブドッラー2世国王(中央)と息子のフセイン皇太子(右)。(AFP)
Short Url:
22 Jun 2022 10:06:40 GMT9
22 Jun 2022 10:06:40 GMT9
  • EUスタイルの共通市場、パレスチナ、イスラエル、イランに関する協議は、地域の成長と安全保障に不可欠である、と当局者は語る
  • 「ジョー・バイデン米大統領とのジェッダ首脳会談を前に、サウジ指導者の視察は極めて重要である」

ダオウド・クタブ

アンマン:ヨルダンのマムドゥ・アル・アバディ元副首相は、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子のヨルダン訪問は、アラブの統一に不可欠な経済・政治協力を強化し、ジョー・バイデン米大統領との地域会合を前に特に重要であると語った。

「これは、ムハンマド・ビン・サルマン王子の最初の中東歴訪であり、ジェッダ・サミットにおいてバイデン米大統領と指導者達との会談を円滑に進めるためのものである」と、彼はアラブニュースに語った。

アル・アバディ氏の発言は、皇太子の海外視察中に行われた。ムハンマド皇太子は、エジプト訪問後、トルコに向かう前の火曜日の夕方にアンマンに降り立った。今回の外遊は、ジェッダでのアラブ首脳とバイデン氏との首脳会談に先立ち、地域の問題を調整することが目的である。

アル・アバディ氏は、最も人気があり有能な国会議員の一人として、またアンマン市長を務め、ハニ・ムルキ政権では副首相を務め、ヨルダンで重要な改革を行ったと評価されている。ベテランの政治家として、彼は直接会って対話することの大切さを理解している。

「フィルターなどを介さずに直接顔を合わせることで、お互いの関心事についてより直接的に合意することができる」と彼は説明する。

アル・アバディ氏によると、ヨルダンにとって現在の優先事項は経済問題である。「湾岸諸国との関係は通常、経済協力が中心で、政治的な問題はあまり重要視されていない」と言う。

鉄道などのインフラ整備は非常に重要な課題であり、支援が必要であると彼は語る。「輸送は世界中で大きな問題にいるが、ヨルダンでは、シリア危機の影響で人口が……急激に増えていることが問題となっている」。同国1000万人の人口のうち、ヨルダン人は650万人に過ぎないという。

アル・アバディ氏は、「この増加は、私たちが対処できるよりもずっと速いペースで起こった」と述べた。「オスマントルコ時代には効果的な鉄道システムが存在した。そして今、地方と地域の協力のためにも、人と物を簡単に移動させることができるこの重要な交通手段を見直す必要がある」と述べた。

政治的には、アル・アバディ氏は、パレスチナ・イスラエル紛争は今回の協議では優先されないだろうと予測した。アルアバディは自らを汎アラブ主義者と呼び、パレスチナはアラブ人にとって統一された問題であると付け加えた。「私にとっては、パレスチナが鍵だ。私は、パレスチナを支持するすべての人を支持する」

同氏によると、「イスラエルを対イラン連合に参加させることに同意するか、あるいはバイデン米大統領の国内問題、特に米国でのガソリン価格上昇の結果を食い止めるための石油増産の必要性にのみ重点を置くか」は不明であるという。

アル・アバディ氏は、アラブニュースに対し、ヨルダンの長所と短所について率直に語った。「我々のバランスの取れた外交政策は効果的で効率的だ。しかし国内問題、特に経済面で同様の成功を収めるには助けが必要だ」

アラブ間の貿易について、アバディ氏は次のように説明した。「我々は、互いに10%以下しか輸入していない」と説明した。サウジアラビアやエジプト、ヨルダン、パレスチナの製品をもっと買うべきだ。共通市場が必要だ。世界大戦を経験し、言語も文化も異なるヨーロッパがなぜ共通市場を持てるのか、我々は口だけで何もしないのか」

ヨルダンは、隣国のサウジアラビアと同様に、新たな近代化改革を進めている最中である。政治的近代化に関する王立委員会の勧告――選挙で選ばれた政党で構成される政府によって国を運営することになる――の適用を開始するにあたり、ア・アバディ氏は、「選挙で選ばれた政府が決定する選択肢に制約が課されることはない」と懸念している。

しかし、アル・アバディは、アラブの統一が重要な目標であることは間違いないと語る。「空白は、外部からの介入を招くことになる」

彼は、皇太子のヨルダン訪問後も、ヨルダンとサウジアラビアが歩み寄ることができると確信している。「この雪解けを意味するような訪問の後、さらに双方向の訪問が続くことが重要である。アラブ人としての結束は最も重要な武器であり、外敵から身を守るために、アラブ人としてのホームフロントを強化する必要がある」

ヨルダンのモハマド・モマーニ上院議員も、皇太子訪問について二国間および地域的な意義を見出している。「二国間レベルでは、投資、輸送エネルギー、その他の二国間問題を含むさまざまな課題が議論される予定だ。これらすべてについて、両国の関係者が直接、率直に話し合うことになるだろう」と、彼はアラブニュースに語っている。

歴代政権でヨルダンのメディア担当大臣を務めたモマーニ氏は、両国関係の深さを強調した。「言うまでもなく、両国の関係は非常に深い。ヨルダンはサウジアラビアと目線を合わせ、サウジアラビアは地域的、国際的な問題においてヨルダンの重要性を認識している」と説明した。

「戦略的同盟の重要性について、我々は同じ立場を取っている」と彼は続け、「この地域における共通の歴史と友好的な兄弟関係が、二国間レベルの議論の礎となっている」と付け加えた。

地域レベルでは、パレスチナ問題や、地域の安定と安全にとって重要な和平プロセスを大幅に推進する必要性についての話し合いが行われるだろうと、モマーニ氏は考えている。また、「イラン問題は必ず議論され、率直な意見交換が行われるだろう」とも述べた。

彼は、バイデン氏との地域的な会合を控えた今、重要な問題について話し合うことが重要であると語る。「そのため、サミットに先立ってその話し合いを持ち、事前に立場を調整することは極めて重要である」と述べた。

「ヨルダンは平和と安全を約束し、アラブの立場を守るためにその地位を利用することを約束する。我々は以前にもそうしてきたし、これからもそうするつもりだ。アブドッラー国王陛下は、最も近い同盟国であるサウジアラビアとアラブ首長国連邦を支援するために、その能力と人脈を活用されるだろう」

特に人気
オススメ

return to top