Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ISILの爆破テロで3人のアフガン人が死亡

ISILの爆破テロで3人のアフガン人が死亡

2021年9月18日、ジャララバードの爆破現場付近を調べるタリバンのメンバー。(AFP)
2021年9月18日、ジャララバードの爆破現場付近を調べるタリバンのメンバー。(AFP)
Short Url:
19 Sep 2021 11:09:49 GMT9
19 Sep 2021 11:09:49 GMT9

アラブニュース

カブール:アフガニスタン東部のジャララバードで18日、タリバンの車両を狙った爆発が5回起き、少なくとも3人が死亡したほか約20人が負傷した。

ジャララバードはナンガルハール州の州都で、ISIL(ダーイシュ)アフガン支部の拠点となっている。8月中旬にタリバンがカブールを陥落させて以降、ダーイシュは活動を活発化させている。

ダーイシュは8月26日にカブール空港で連続爆破事件を起こし、欧米の航空機で国外脱出をはかる180人以上を死亡させた。しかし米国率いるNATO軍が8月末にアフガンを撤退して以来、18日まで大きな事件はなかった。

一方、カブールでは先月、米軍のドローンがダーイシュの戦闘員と思われる人物を攻撃し、結果として7人の子供と3人の成人が亡くなった事件があった。米軍は先日、攻撃は誤りだったと認めた。

米軍撤退の最終段階で実施されたドローン攻撃は、爆発物を積んだダーイシュの車両を標的としていたはずだった。米国の情報機関は、車両がカブール空港襲撃を計画していると「合理的な確かさ」で信じていた、と米中央軍のフランク・マッケンジー司令官は述べた。

実際に車を運転していたのは「Nutrition and Education International」の援助スタッフのゼマリ・アフマディ氏で、運んでいたのは水の容器だった。米軍が疑念を抱いた行動も、アーマディ氏が単に同僚を送迎していただけだった。

調査の結果、「攻撃は悲劇的な誤りだった」との結論が出たとマッケンジー司令官は述べた。米政府は犠牲者の家族に賠償する方法を検討中だという。

米国のロイド・オースティン国防長官は「犠牲者の家族の皆さんに謹んで哀悼を申し上げます」とコメントしている。

特に人気
オススメ

return to top