Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ベイルートで起きた銃撃戦の原因は「計画的ではなく不幸な出来事」と国防相が発表

ベイルートで起きた銃撃戦の原因は「計画的ではなく不幸な出来事」と国防相が発表

タレク・ビタール判事の、港湾爆破事件捜査からの解任を要求し、ヒズボラとアマル運動の支持者が抗議行動を行った。(AFP)
タレク・ビタール判事の、港湾爆破事件捜査からの解任を要求し、ヒズボラとアマル運動の支持者が抗議行動を行った。(AFP)
Short Url:
19 Oct 2021 11:10:59 GMT9
19 Oct 2021 11:10:59 GMT9
  • ロケット弾や機関銃が使用された市街戦、男に向け発砲した兵士を調査

ナジャ・フーサリ

ベイルート:モーリス・セリム国防相は月曜日、先週ベイルートの路上で起きた血まみれの銃撃戦は、「計画的な待ち伏せ攻撃ではなく、不幸な出来事」が原因だったと述べた。

先週木曜日におきた衝突では、ベイルート港爆発事故の捜査を担当した判事に対する抗議行動が暴徒化し、7人が死亡、32人が負傷した。

抗議行動を行ったのはヒズボラとアマル運動の支持者たちで、タレク・ビタール判事をこの事件の捜査担当から外したいと考えていた。

ヒズボラは、ビタール判事を支持する「レバノン軍団」がデモに参加した人々に発砲したと非難している。

しかし、セリム国防相はレバノン放送協会にこう語った。「デモ隊がコースから外れて衝突が起きました。何が起こったのかは、現在行われている調査によって明らかにされるべきであり、事実と証拠に基づいて責任の所在を追求する必要があります」

武力衝突の現場は、シーア派が支配するシーヤ地区とキリスト教地区のアイン・レマネ地区の境界付近で発生し、マシンガンやロケット弾が使用された。

アイン・レマネ地区の入り口に設置された監視カメラの映像が公開され、デモ隊が住宅の屋上から意図的に狙撃されていたという主張が覆された。

その映像には、軍の検問所を迂回してアイン・レマネ地区に入ることを主張する人物に対して、レバノン軍の兵士が銃を撃つ様子が映っていた。

この人物が発砲を受けた瞬間、混乱が生じた。人々は石を投げ、銃撃戦が繰り広げられた。

軍司令部はこう言っている。「発砲した兵士は逮捕され、管轄の司法機関で調査中である」

これまでのところ、武力衝突の両陣営から20人が逮捕されている。

ヒズボラのフセイン・ハジ・ハッサン議員は、兵士が発砲している映像があるにもかかわらず、「レバノン軍団」は平和なデモ隊に対して「大虐殺を行った」と非難した。

「ヒズボラは、犯罪者と殺人者はレバノン軍団であると考えている。しかし、レジスタンス、ヒズボラ、アマル運動は、レバノン軍団が実行した卑劣な行為の目的を把握しており、内戦に巻き込まれることはない」と付け加えた。

この事件は、政治的にも司法的にもジレンマに陥っている。

ヒズボラとアマル運動の閣僚たちは、ビタール判事が調査から外されるまで、そして「今回タヨーネ地区で発生した事件の犯人と関係者、銃撃者、狙撃者、その計画者、指揮者、責任者、そしてこの問題に関係するすべての人たちが裁かれるまで」閣議を棄権するとハジ・ハッサン氏は語っている。

レバノンの行政は先週金曜日から機能していない。金曜日は国を挙げて喪に服しており、その後は週末となった。

火曜日にはすべての機関が業務を再開し、国会も本会議を開催して、特にビタール判事が質問を求めていた議員の免責が復活する予定となる。

開発解放ブロックのカセム・ハシェム議員は、ビタール判事による決定、手続き、逮捕を調査する例外的な司法機関を設立する迅速な法律案についてのニュースを否定し、司法評議会での公開裁判を実現するために発行された起訴状はあくまで例外とした。

「この問題は、我々が遵守したいと考えている憲法の原則に反するものです。法案には憲法改正が必要であり、これは現在検討事項ではありません」とハシェム氏は述べた。
ミシェル・アウン大統領とナジーブ・ミカティ首相は、司法の独立性を強調し、司法への不干渉を求めている。

最高司法会議は、ビタール氏を解任したり、捜査の方向性を強制したりする権限はない。

しかし、ビタール氏の捜査方針は依然として各方面からの圧力の対象となっている。

月曜日、レバノンの大ムフティー(イスラム法指導者)シェイク・アブドゥル・ラティフ・デリアン氏は、共存、国民合意文書、憲法に対する懸念を表明した。

「我々は正義を貫くべきです。しかし正義や政治をめぐって人々が分裂しないよう、明確な道筋に沿って進むべきです」と述べ、誰もが「熱狂的に」飛びついているこの「自滅的な道筋」に警告を発した。

これは、内戦の始まりの雰囲気を思い起こさせると氏は語った。

「正気のレバノン人は、自滅的な行為を控え、憲法、共存、市民の平和を主張すべきです。理由が何であれ、路上での戦闘は許されません。平和的な手段でのみ問題は解決することができるのであり、路上で、特に首都で制御不能な武器を使用して人々を殺害したり、その聖域を侵したりすることではありません」

日曜日には、レバノンのマロン派総大司教ビシャーラ・ブトロス・アル・ライ氏が、その原因が何であれ、国家の平和と、隣人関係を害することは容認できないと述べた。

「私たちは、恣意的な非難、宗派間の動員、孤立させようとする試み、和解を阻もうとする試み、この組織、あの組織と、敵対する組織のあり方を捏造し、スケープゴートを選び、正義を復讐に置き換えようとする試みに戻ることを拒否します」と述べた。

また、法と司法を遵守し、政治的、宗派的、党派的な干渉を避ける必要があると強調した。「司法の独立性を尊重し、司法の方法で修正すべきものは修正させる必要があります」と述べた。

アル・ライ氏は、すべての大臣が司法権を尊重し、「影響力のある人物の名前」ではなく、レバノン国民の名前で責任を果たすべきであるとして、内閣の召集を呼びかけた。

「レバノンの信者は力におびえることはありません。レバノンには弱い政党はありません。我々は皆、自由に存在する権利と、いかなる干渉も受けない祖国への忠誠心によって、強く存在しているのです」

特に人気
オススメ

return to top