Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエルは国際法に違反している、国連安保理が指摘

イスラエルは国際法に違反している、国連安保理が指摘

2021年10月19日、エルサレムの旧市街に数千人のイスラム教徒が押し寄せた際の衝突で、パレスチナ人の若者を拘束するイスラエルの国境警察官。(AP写真)
2021年10月19日、エルサレムの旧市街に数千人のイスラム教徒が押し寄せた際の衝突で、パレスチナ人の若者を拘束するイスラエルの国境警察官。(AP写真)
2021年10月19日、ヨルダン川西岸地区のブリン村で、パレスチナ人の農民がオリーブの木を収穫するのを手伝う、人権擁護団体「ラビス」のイスラエル人活動家ら。(写真:メナヘム・カハナ/AFP)
2021年10月19日、ヨルダン川西岸地区のブリン村で、パレスチナ人の農民がオリーブの木を収穫するのを手伝う、人権擁護団体「ラビス」のイスラエル人活動家ら。(写真:メナヘム・カハナ/AFP)
Short Url:
20 Oct 2021 04:10:17 GMT9
20 Oct 2021 04:10:17 GMT9
  • 米国・中東プロジェクトは、パレスチナの指導者に「自国民」への抑圧をやめるよう求めた
  • イスラエルの報道官は、中東に関する安保理会合を非難し、代わりにイランに焦点を当てるべきだと述べた

エファレム・ コッセイフィ

ニューヨーク:国連安保理会合で火曜日、イスラエルは「具体的な損害や結果が伴わなくとも、それが可能であるから」国際法や国連決議に違反する政策を追求している、との発言があった。

米国・中東プロジェクトのダニエル・レヴィ代表は、和平プロセスを前進させるための核心的な理解のひとつであるイスラエルの行動について、同氏が言うところの「説明責任の欠如」に対処する必要性を理事会メンバーに訴えた。

「イスラエルの非合法で平和を否定するような政治が容認され続けられるのであれば、前向きな変化を期待することはできません」

また、レヴィ氏は「パレスチナ政治の正統性の欠如」も考慮しなければならないとも述べた。

「パレスチナ解放機構は、完全に代表的で包括的な組織となり、その結果、戦略的主体性を発揮して交渉できるようになる必要があります」

「パレスチナ人には、国家機関の代表者を選出する権利がありますが、これには、パレスチナの指導者が決断し、イスラエルや国際社会が支援的な措置をとることが必要です」

2021年10月19日、ヨルダン川西岸地区のブリン村で、パレスチナ人の農民がオリーブの木を収穫するのを手伝う、人権擁護団体「ラビス」のイスラエル人活動家ら。(写真:メナヘム・カハナ/AFP)

「また、限られた権限しか持たない現地のパレスチナ自治当局が自国民を抑圧することを無視したり、それを容認したりすることもできません」

パレスチナの政治家であり、活動家であり、学者でもあるハナン・アシュラウィ氏は、大使らに「すべては占領という文脈で見なければならない」と語った。

安全保障理事会がその権限を主張しないことで、「この不正義が永遠の悲劇であり、人類の近代における政治的・法的な茶番劇になっている」とアシュラウィ氏は述べた。

また同氏は、イスラエルとパレスチナの間で行われている信頼関係醸成のための対話については、「占領下では信頼はほとんど得られない」として否定した。

「占領は軽蔑、不信、恨み、抵抗をもたらすだけなので、信頼関係醸成のための策は見当違いです。抑圧された人々は、自由への権利に代わるものとして、抑圧者からの施しを信頼したり、受け入れたりするようになることはありません」

またアシュライ氏は、「バランスのとれていない状況の中でバランスをとること」を常に求めていることも、誤解を広めているだけだと述べた。

「イスラエルには自衛権があるが、パレスチナ人にはそのような権利が否定されているという心ない言葉は誤りであり、占領者の暴力は自衛として正当化されるが、被占領者はテロリストとして汚名を着せられるというようなものです」

「占領を正常化したり、パレスチナ問題を脇に追いやったり、イスラエルを地域の大国として位置付けし直して報いることでは、平和は実現しません」

「このようなアプローチは、地域の不安定さの原因を維持する一方で、植民地のアパルトヘイトとしてのイスラエルが、歴史的なパレスチナのすべてに、より大きなイスラエルを重ね合わせることを可能にするものです」

イスラエルのギラッド・エルダン国連常駐代表は、アシュライ氏の安保理出席を強く批判した。

「パレスチナの指導者のスポークスマンが市民社会の代表として招待され、彼が呼ぶところの『パレスチナ人の拒絶主義』にプラットフォームを提供したのです」

エルダン氏は、中東に関する安全保障会議は、「地域と世界の安全保障に対する真の脅威、つまりイラン」を無視していると非難した。

「イランは、地域に6つのテロリストのプロキシ軍を編成しており、アヤトラ政権が国際的な約束を著しく破ることを許すことで、これら6つのテロ軍はすぐにイランの核の傘を持つことになるだろう」

会議が始まる前、エルダン氏はニューヨークで記者団に、このような会議は「イスラエルを叩く」ことだけが目的であり、「皆の時間の無駄」だと語っていた。

「安全保障理事会のメンバーは、紛争の溝を深める手助けをしている」と同氏は述べた。

エルダン氏は理事会のメンバーに、「イランに立ち向かい、パレスチナの指導者に憎しみの文化を捨てるように要求する」ことを求めた。「これこそが、この地域を進歩と繁栄と平和の楽園に変える唯一の方法なのです」

特に人気
オススメ

return to top