Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノンのミカティ首相、サウジとの間の危機を解決しなければ危険な状況になると懸念

レバノンのミカティ首相、サウジとの間の危機を解決しなければ危険な状況になると懸念

レバノンのナジーブ・ミカティ首相。(ロイター/ファイル)
レバノンのナジーブ・ミカティ首相。(ロイター/ファイル)
Short Url:
02 Nov 2021 12:11:53 GMT9
02 Nov 2021 12:11:53 GMT9
  • レバノンからサウジアラビアへの輸出が停止
  • NNAのウェブサイトがハッキングされ、ハッカーがクルダヒ氏を脅迫

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノンのナジーブ・ミカティ首相は月曜日、アラブ連合のイエメン介入に関するジョージ・クルダヒ情報大臣の発言が物議を醸していることを受け、レバノン政府は湾岸諸国との外交問題が深刻化する中で、危険な状況に直面していると述べた。

国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)に参加するためスコットランドに滞在中のミカティ首相は、月曜日にWhatsAppで政府の閣僚にメッセージを送り、その中で「クルダヒ氏に愛国心を優先するよう求めたが、そうはならなかった」と記した。

ミカティ首相は、「我々は結果的に、危険な状況に直面している」と付け加えた。

首相はさらに「この危機を早急に解決しなければ、誰も望んでいない災害に陥るだろう。私がこのことを警告したことは、神が証言してくれるだろう」とも述べた。

クルダヒ氏はこれまでのところ、この発言について謝罪することはなく、日曜日の声明では辞任を申し出ることを否定したようだ。

サウジアラビアは、クルダヒ氏の発言は攻撃的であり、「レバノン政府が麻薬の輸出を阻止するための措置を講じなかったことに加え、レバノン政府関係者がサウジアラビアとその政策に対して非難と拒否の立場を示しているという新たなエピソード」であると考えている。

レバノン政府は、2国間の関係や、サウジアラビアと緊密な関係にある他の湾岸諸国、特にクウェート、バーレーン、UAEとの関係を修復するための措置をいまだに講じていない。

ミカティ首相の警告は、レバノンのDHLが、サウジアラビアへの発送を希望した顧客に郵便物や商品を返送したことに端を発する。

関係者が月曜日にアラブニュースに語ったところによると、「DHLの管理部門は土曜日にサウジアラビアの支社から、サウジアラビアへの荷物の発送はできないとの連絡を受けたが、サウジアラビアからレバノンへの荷物の行方については、これまでのところ指示はない」とのことで、「当社はすべての荷物をお客様に返送したが、まだ新たな指示はない」という。

この措置は、クルダヒ氏が任命される1ヶ月前に行った発言を背景に、10月29日に行われたサウジアラビアによるレバノンとの外交・経済関係の断絶という決定によるものだ。

ヒズボラのムハンマド・フネイシュ氏は、クルダヒ氏を擁護し続け、レバノンとサウジアラビアの関係の重要性を主張する人々を批判し、彼らの立場を「弱さを示している」と表現した。

フネイシュ氏はこう述べた。「我々が踏ん張れば、過去に直面した多くの問題や課題を克服したように、これらの問題を克服することができるだろう」

土曜日の午後、クルダヒ氏が監修するレバノンの公式通信社である国営通信社(National News Agency:NNA)のウェブサイトがハッキングされた。

サイトには、クルダヒ氏を脅迫する内容の写真が掲載されており、その後、このサイトは停止したままとなっている。

レバノンの政治評論家は、クルダヒ氏の辞任が最も良い結果をもたらすであろうという点で見解が一致しているものの、ベイルート港爆発事件の捜査を指揮しているタレク・ビタール判事を解任しなければ、シーア派の政府閣僚が内閣をボイコットすると脅したため、ミカティ首相はそうすることができないと考えている。

また、ビタール判事について反対した閣僚は、クルダヒ氏の解任にも反対している。

ミカティ首相のメディアオフィスによると、COP26サミットに合わせて複数の政府関係者と会合を持ち、レバノンの危機、特にサウジアラビアとの紛争について話し合ったという。

ミカティ首相は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領およびシャルル・ミシェル欧州理事会議長と会談した。

首相はさらに、IMFのクリスタリナ・ゲオルギエヴァ専務理事、スペインのペドロ・サンチェス首相、イタリアのマリオ・ドラギ首相、ドイツのアンゲラ・メルケル首相(退任)と会談した。

首相はまた、レバノンのミシェル・アウン大統領と電話で会談し、「最近の情勢に対処するための可能な措置」について話し合った。

特に人気
オススメ

return to top