Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • トルコ、アフガニスタン5空港の運営を目指しタリバンに働きかけ

トルコ、アフガニスタン5空港の運営を目指しタリバンに働きかけ

2021年8月29日、アフガニスタンのカブールにあるハミード・カルザイ国際空港の外周をタリバン戦闘員が警備する中、離陸するC-17グローブマスター。(ゲッティイメージズ)
2021年8月29日、アフガニスタンのカブールにあるハミード・カルザイ国際空港の外周をタリバン戦闘員が警備する中、離陸するC-17グローブマスター。(ゲッティイメージズ)
Short Url:
22 Dec 2021 02:12:10 GMT9
22 Dec 2021 02:12:10 GMT9
  • この取引により、トルコは地域の政治や安全保障の懸念に関してさらなる影響力を持つ可能性がある
  • この提案では、トルコとカタールによる共同関与が示されている

メネクセ・トキャイ

アンカラ:トルコのメブリュト・チャブシオール外相は月曜日、トルコとカタールの企業が共同でアフガニスタンの5つの空港を運営する案をタリバンに提出し、「条件が整えば」承認を得る予定であると発表した。

専門家の一団はまずドーハに行き、その後アフガニスタンに向かい、アフガニスタンの市民に人道支援を行うための要であるカブールの空港の運営と国際線の再開について詳細を協議する予定であり、忙しい一週間が待ち受けている。

専門家らは、トルコとカタールが空港の運営に関与することによって、タリバンが世界各国との繋がりを維持し、国際的な孤立を回避することができると同時に、トルコはアフガニスタンというカードを利用して米国との関係を修復し、地域の地政学的な足がかりにしようとしていると指摘している。

アフガニスタンの空港の運営について共同協定にすでに署名しているトルコとカタールの代表団は、タリバンに共同提案を行い、水曜日に協議される予定だ。

トルコは当初、カブールのハミード・カルザイ国際空港の運営に関して技術・セキュリティ面の支援を行うことを提案していたが、なぜ当初の計画が変わったのか、この提案が地域の安全保障や人道支援にどのようなメリットがあるのか、疑問は残ったままだ。

日曜日、チャブシオール外相は、イスラマバードで行われたイスラム協力機構の会議の傍らで、タリバンのアミール・ハーン・ムッタキ外相代行と会談し、空港問題について協議した。

サセックス大学アジアセンターの研究員であるザルマイ・ニシャット氏は、アラブニュースの取材に対し、「タリバンがアフガニスタンを軍事的に掌握することに成功し、ドーハ和平合意のプロセスが途絶えてしまったため、現在タリバンは統治能力を高めたいと考えている、しかし彼らは国内的にも国際的にも正統性を欠いているのです」と語った。

また、ニシャット氏は、「タリバンが、アフガニスタンの西部、北部、南部、中央部にあるこれらの空港の運営について要請したかもしれません。これらの空港における運営不能は重要な問題であり、トルコは必要とされている技術的専門知識をもってそれを満たすことができます」とも述べた。

しかし、ニシャット氏は、タリバンとの新たな交渉の間に、トルコは独自のアフガニスタン政策を考案する必要があり、アフガニスタンのすべての民族、宗派、政治的派閥の民主的代表を確保するためには、その地位と名声を利用しなければならないと強調した。

トルコは長年にわたってアフガニスタンで非戦闘側としての役割を果たすことで、タリバンを含むアフガニスタン社会のさまざまな層とつながりを築いてきた。

トルコ政府は、アフガニスタンの新内閣に、トルクメン人やウズベク人など少数民族出身のチュルク語系人物や、女性を入れることを主張している。

ドイツ安全保障・政策問題研究所フェローのギャリップ・ダライ氏は、アラブニュースの取材に対し、「空港の運営を支援することで、トルコはアフガニスタンにおいて影響力を強め、この地域のより大きな目標の達成に貢献しようと考えています」と語った。

ダライ氏はまた、「地域のすべての大国はすでにアフガニスタンでそれぞれの役割を担っており、空港の運営において意味のある影響力を確立することが、現在トルコが関与できる唯一の領域です」と付け加えた。

しかし、ダライ氏は、トルコはアフガニスタンの空港において引き受けると望む「セキュリティ」の役割を交渉のテーブルに持ち込む可能性が高いと見ている。

「カタールは、空港のセキュリティを処理するのに十分なスキルを持っていないため、この問題に関してトルコと責任を共有することを望んでいます」とダライ氏は述べた。

ダライ氏はまた、タリバンとトルコは空港のセキュリティの役割に関して、技術的または非戦闘側としての役割に限定しない折衷案を見つけるだろうと指摘した。

ダライ氏は、「タリバンは現在、国際社会で経済的・政治的に孤立しており、それを打開するためのあらゆる提案に耳を貸すでしょう。このような状況下、トルコの民間業者が空港のセキュリティを担う可能性もあります。これはアフガニスタンへの人道支援ルートを開き、ヨーロッパへの移民の流れを管理するのに役立つため、この新たな責任を担うことによって、トルコはバイデン政権とEUとの関係においてレバレッジを得るでしょう」と述べた。

チャブシオール外相は月曜日、トルコとカタールの企業がアフガニスタンにある5つの空港(ハミード・カルザイ国際空港を含む)の運営に関する了解覚書に署名したと述べたが、他の4つの空港の名前は明らかにしていない。

特に人気
オススメ

return to top