Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • シリアの刑務所襲撃、数十人のダーイシュ武装勢力が抵抗を続ける

シリアの刑務所襲撃、数十人のダーイシュ武装勢力が抵抗を続ける

2022年1月25日(火)、シリアのハサケで、米国が支援するシリア民主軍の兵士が周囲を警戒する。(AP)
2022年1月25日(火)、シリアのハサケで、米国が支援するシリア民主軍の兵士が周囲を警戒する。(AP)
Short Url:
28 Jan 2022 04:01:18 GMT9
28 Jan 2022 04:01:18 GMT9
  • シリア民主軍が施設の完全な支配権を回復したと発表した翌日、両者が再び衝突
  • シリア最大級の収容施設への1週間にわたる攻撃により、ハサケは紛争地域と化した

ベイルート:米軍に支援されたクルド人主導部隊が木曜日に発表したところによると、武装したダーイシュの過激派メンバー数十人が依然としてシリアの刑務所における最後の占領拠点に立てこもったままであるという。両者は、シリア民主軍(SDF)が刑務所を取り戻したと発表した翌日に再び衝突した。

SDFの声明によると、武装した過激派とSDFの戦闘により、少なくとも2人のダーイシュ過激派が死亡した。60人から90人の過激派が北東部の都市ハサケにある刑務所の北部に潜伏していたという。

SDFは武装勢力が刑務所を制圧してから1週間後の水曜日、刑務所の完全な支配権を取り戻したと発表していた。襲撃者は一部の収容者を逃がし、子供を含む人質を取り、SDF兵士と衝突して数十人が死亡した。

シリア最大級の収容施設が1週間にわたる襲撃を受けたことで、ハサケは紛争地域と化した。クルド人主導当局は夜間外出禁止令を出し、街を封鎖して出入りを禁止した。

先週の木曜日に刑務所への大胆な攻撃から始まった戦闘により、数千人が避難している。刑務所を奪還したというニュースを受け、市内では一晩中、花火などの祝賀行事が行われていた。

これは、2019年に彼らの「カリフ制国家」が崩壊して以来、ダーイシュによる最大の軍事作戦である。これは、ダーイシュによるシリアとイラク両国における多数の致命的な攻撃が、彼らの復活への懸念を煽ったことに起因する。

SDFの発表によると、3日前に刑務所の北棟を奪還する作戦を開始して以来、約3,000人の収容者が投降したという。

武装勢力は子どもたちを人間の盾として利用していたため、戦闘は膠着状態が続いていた。3,000人以上の収容者がいるこの施設には、600人以上の子供が拘留されている。クルド人当局はこの施設の具体的な収容人数を明らかにしていない。

クルド当局によると、水曜日には多数の子どもたちが解放されたが、彼らの運命は不明のままである。権利団体や、刑務所内にいた少なくとも1人の子どもの抑留者によると、多くの子どもが衝突で死傷したという。権利団体は、そもそもSDFが子どもたちを大人用の施設に入れたり、裁判なしで拘束したりしていることを批判している。

SDFは声明の中で、子どもたちは大人とは別の寮に入れられており、子どもたちの安全と地域社会の安全のために、解決策が見つかるまでの「暫定的な措置」として拘束されていると述べている。

クルド人が率いるSDFは、国連とその加盟国に対し、「非シリア人の子どもたちを送還し、リハビリを行うことで、真の解決策を模索する」よう訴えている。

グワイランの施設には、少なくとも300人の外国人児童の抑留者が収容されていると見られている。さらに数千人、主に12歳以下の子どもたちが、ダーイシュメンバーの家族であるという疑いで、シリア北東部における他の地域の閉鎖されたキャンプに母親と一緒に拘束されている。ほとんどの国が彼らの送還を拒否しており、60カ国のうち25カ国のみが子供たちを引き取り、中には母親がいない子供もいる。

この1週間の戦闘で、双方の戦闘員数十人が死亡、米国主導の連合軍は10回近くの空爆を行い、近隣に住む数千人の民間人が避難している。

SDFの報道官シアマンド・アリ氏は、武装勢力は施設北側の地下に隠れていると述べた。

連合軍の関係者が木曜日に語ったところによると、「グワイラン」または「アル・シナア」として知られるこの刑務所の拘留者は、近くにある「新しく強化された施設」に収容予定であり、そこではSDFが生体認証を使って拘留者を登録することになっているという。この当局者は、規則に則って匿名を条件に語った上で、連合軍は引き続きSDFの作戦に助言と支援を行っていると述べた。また、武装勢力は最初の攻撃でこの新施設を狙っていたが、失敗に終わったという。

英国に拠点を置く「シリア人権監視団」は、今回の戦闘による死者数を200人以上としており、そこには150人以上の武装勢力と50人以上のクルド人主導部隊の兵士が含まれている。また、少なくとも7人の民間人がこの戦闘で死亡したという。SDFによると、予備情報では同軍戦闘員の死者数は35人とされている。

数日前からSDFは、米国主導の連合軍のブラッドレー歩兵戦闘車と航空支援の支援を受け、まだ武装勢力が支配している刑務所棟に迫っていた。SDFや他の治安部隊の戦闘員は、拡声器を使って武装勢力に降伏を呼びかけた。

クルド当局関係者によると、約200人の武装勢力が、刑務所周辺の住宅地に潜む潜伏工作員を使い、自動車爆弾や自爆ベルトで刑務所を攻撃したという。ダーイシュが公開したあるビデオでは、武装勢力は刑務所の壁に車を突っ込ませていた。また別の時間、刑務所近くの石油倉庫で自動車爆弾が爆発し、2、3日続く火災が発生している。

AP

特に人気
オススメ

return to top