Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • エジプトとエチオピアの修道士がエルサレムで衝突

エジプトとエチオピアの修道士がエルサレムで衝突

エルサレムの聖墳墓教会の屋上にあるエチオピアの修道士の村デイル・アル・スルターンでパーム・サンデーに集まるエチオピア正教徒(2022年4月17日撮影)。(AP通信)
エルサレムの聖墳墓教会の屋上にあるエチオピアの修道士の村デイル・アル・スルターンでパーム・サンデーに集まるエチオピア正教徒(2022年4月17日撮影)。(AP通信)
Short Url:
21 Apr 2022 03:04:15 GMT9
21 Apr 2022 03:04:15 GMT9
  • デイル・アル・スルタン修道院の所有権をめぐる長年の争いが再燃
  • イスラエル警察が介入し、修道院の敷地内でエチオピア人の旗を降ろさせる

モハメド・アブ・ザイド氏

カイロ:エジプトとエチオピアは、エルサレムのコプト正教会が所有する修道院デイル・アル・スルタンをめぐって長年にわたり衝突しているが、昨日、エチオピアの修道士が敷地内に大きなエチオピア国旗を掲げ、その場にいたエジプトの修道士を攻撃したことから、再燃した。

エジプトの報道によると、エルサレムの教皇聖座であるアンバ・アントニオス大司教は修道院にエジプト国旗を掲げて対応し、エジプトの修道士はイスラエル警察を呼んでエチオピア国旗を降ろすよう求めたという。

また、修道院内では双方の修道士が口論となり、イスラエル警察の介入もあった。

デイル・アル・スルタンは、スルタン・サラ・アル・ディン・アル・アユービにちなんで名付けられたもので、エルサレム旧市街の城壁内のキリスト教地区に位置している。

スルタンは、エルサレムを占領していた十字軍との戦いでコプトが果たした国家的役割を高く評価して、コプトにこの地を与えた。

アンバ・アントニオス大司教によると、「デイル・アル・スルタンへの襲撃問題は毎年繰り返されている」 が、それは2、3年前にエチオピア人が「修道院がエチオピア領であることを証明するために」国旗を掲げたのが始まりだった。

「我々の修道院の所有権に関する裁判所の判決があり、それが実行されるのを待っているところです。デイル・アル・スルタン修道院はエチオピアのものではなく、政府は我々とエチオピア人が判決を実行するための方法を議論するための委員会を組織することになっています」と、アンバ・アントニオス大司教は付け加えた。

大司教は声明で、「我々はその旗が除去されるという多くの約束を受けました。今年は、祝典と聖週を前に、エルサレム警察長官と何人かの警察官に会い、我々は静かに祈りたいのだと伝え、彼らは我々に問題をすべて解決することを約束しました」と述べた。

「昨日、我々はエチオピア国旗の掲揚に驚き、警察に連絡したところ、内務省と外務省に連絡して合同会議を開くと言われました」と大司教は付け加えた。

大司教は、修道院に継続的に居住している唯一の修道士がエチオピア人から嫌がらせを受け、修道院に入ることを妨げられていたことを明らかにした。

この修道院は、アビシニア人が税金を払えないという理由で、エジプトの修道士が3世紀にわたってアビシニア人を受け入れてきた後、エジプト教会とアビシニア教会の間でその所有権をめぐって長い間争いが続いていた。

2019年には、エチオピア国旗が掲げられたテントをめぐって紛争が再燃した。

エジプトの修道士は2日前に修道院に集まり、イスラエル警察が介入する中、テントとエチオピア国旗を撤去した。

特に人気
オススメ

return to top