Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イエメンのダーリウで衝突、警官2名とアルカイダ武装派7名が死亡

イエメンのダーリウで衝突、警官2名とアルカイダ武装派7名が死亡

イエメン南東部シャブワのアルカイダから奪取された地域で、武器を構えるイエメン兵。(AP/ファイル写真)
イエメン南東部シャブワのアルカイダから奪取された地域で、武器を構えるイエメン兵。(AP/ファイル写真)
Short Url:
08 May 2022 01:05:31 GMT9
08 May 2022 01:05:31 GMT9
  • 地元の治安当局がアラブニュースに語ったところによると、金曜日の夜、政府の治安部隊の本部内で戦闘が勃発した
  • 武装派による致命的な攻撃はほぼ沈静化している

サイード・アル・バタティ

アル・ムカッラー:ダーリウでアルカイダとみられる武装派とイエメンの治安部隊が激しく衝突し、警官2名と武装派7名を含む10名が死亡したと地元の治安当局やメディアが報じた。

地元の治安当局がアラブニュースに語ったところによると、逮捕されたアルカイダ武装派のグループが武器を置くことを拒否して治安部隊に発砲し始めた後、金曜日の夜に、ダーリウの北にある政府の治安部隊の本部内で戦闘が勃発した。

保安官は記者に説明する権限がなかったため、匿名を条件に「武装勢力を逮捕した部隊は、逮捕後すぐに武装勢力の武装を解除せずに本部に到着するまで武器の携帯を許したことが間違いでした」と語った。

治安部隊が武装派に対し、建物に入るために武器を渡すよう求めたところ、武装派は手榴弾を投げ始め、機関銃で発砲し、激しい衝突と爆発を引き起こした。

死亡した中には、ダーリウの治安部隊の副司令官であるワレド・サレハ・ハサン・アル・ダミ氏と、テロ対策部隊の司令官であるモハメド・ヤヒア・アル・シュバジ氏も含まれていた。

さらに別の兵士が7名の武装派とともに死亡し、少なくとも6名の兵士が戦闘で負傷した、と当局は述べた。

AQAPと呼ばれているアラビア半島のアルカイダは、イエメンの正当性を復権するための連合によって訓練されて武装した地元の軍と治安部隊が、彼らを主要な隠れ家や拠点から押し出して数十人の戦闘員を殺害あるいは逮捕した後、この6年間で著しく弱体化している。

武装派による致命的な攻撃はほぼ沈静化し、南部地方へ戻ろうとする試みも阻止されている。

これとは別に、国連イエメン担当特使であるハンス・グルンドベルグ氏は、金曜日に発表された連合軍によるフーシ派の戦争捕虜の解放を歓迎するとともに、イエメンの政党に対し、数百人のイエメン人が家族と再会できるよう、別途、捕虜の交換を実現するための取り組みを強化するように求めた。

国連職員は、「先月、両当事者は私の事務所を通じて別の捕虜の交換に合意しました。私はイエメンの家族ができるだけ早く再会できるよう、両当事者が解放の詳細に合意するよう強く求めます」とツイートした。

「これは、すべての紛争関連の抑留者を解放するという、ストックホルムでなされた公約の実現に向けた重要な一歩となるでしょう」

連合軍は金曜日、戦争終結への道を開くための親善策として、外国人を含むフーシ派の捕虜163名を解放し、赤十字国際委員会と協力してアデンやサヌアへ移送すると発表した。

国際的に認められているイエメン政府は、フーシ派が彼らを囚人だと認識することを拒否した後、アデンで解放された囚人のほとんどを受け入れることに同意した。

特に人気
オススメ

return to top