Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラエル、ヨルダン川西岸に約4,500戸の入植者用住宅を建設する計画を推進

イスラエル、ヨルダン川西岸に約4,500戸の入植者用住宅を建設する計画を推進

イスラエルの人権団体によると、イスラエルは占領下のヨルダン川西岸で4,000戸以上の入植者向け住宅建設を承認した。上はヨルダン川西岸のユダヤ人入植地エフラット、2022年3月10日撮影(写真提供:AP)
イスラエルの人権団体によると、イスラエルは占領下のヨルダン川西岸で4,000戸以上の入植者向け住宅建設を承認した。上はヨルダン川西岸のユダヤ人入植地エフラット、2022年3月10日撮影(写真提供:AP)
Short Url:
13 May 2022 02:05:29 GMT9
13 May 2022 02:05:29 GMT9
  • イスラエルは1967年にヨルダンからヨルダン川西岸と東エルサレムを接収した。それ以来、約70万人のイスラエル人が入植地に移住している
  • イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ前首相の下でここ数年建設が加速しており、ドナルド・トランプ米政権時代に著しく活発化した

エルサレム:イスラエルの非政府組織の発表によると、イスラエルは木曜日、ヨルダン川西岸地区のユダヤ人入植者に向けた4,427戸の住宅建設計画を前進させた。

イスラエルの入植地建設を注意深く監視している団体「ピースナウ(Peace Now)」によると、民政局高等計画委員会は2,791戸を最終承認し、さらに1,636戸を当初承認したという。

ピースナウのハギット・オフラン氏は、「これはイスラエルにとって悪いニュースであり、占領を深め、将来の平和を達成することを難しくするものだ」と述べた。

ジェニン難民キャンプでの衝突で、アルジャジーラのベテラン記者シリーン・アブアクラさんがイスラエル軍の襲撃中に射殺された翌日、西岸地区の緊張が高まるなか、入植地のさらなる拡大が報告された格好だ。

米国政府は、ヨルダン川西岸でのこのような新しい建設に「強く」反対すると述べている。

イスラエルは1967年にヨルダンからヨルダン川西岸と東エルサレムを接収した。

それ以来、約70万人のイスラエル人が、国際社会のほとんどが違法と見なす入植地に移住している。

先週、米国務省のジャリナ・ポーター副報道官は木曜日の計画会議に触れ、「イスラエルの入植地拡大計画は、二国間解決の見通しに深いダメージを与える」と強調した。

住宅建設計画は、イスラエルの軍事的・計画的支配を受ける「C地区」として知られるヨルダン川西岸地区の広い範囲に点在している。

ヨルダン川西岸地区と併合下の東エルサレムにおけるイスラエルの入植地拡大は、1967年以来、すべてのイスラエル政府下で継続されてきた。

しかし、ベンヤミン・ネタニヤフ前首相の下でここ数年建設が加速し、ドナルド・トランプ前米大統領の政権時代に著しく活発化したことで、パレスチナ人が親イスラエルの偏りが激しいと非難の声を上げている。

ナフタリ・ベネット首相はネタニヤフ前首相を失脚させ、思想的に多様な連合を率いているが、彼は入植者ロビー団体の元代表で、パレスチナの国家権には反対している。

「変化を約束した政権だけに、ネタニヤフ政権と似たような政策をとっているのは残念だ」とオフラン氏は言う。

ベネット氏が率いる右派政党ヤミナの党員であるアイェレト・シェイク内相は、木曜日のニュースについて、「入植者運動の祝福の日」であると述べた。

AFP

特に人気
オススメ

return to top