Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アラブ連盟事務総長:「パレスチナ問題は和平への鍵。それを無視した計画に未来はない」

アラブ連盟事務総長:「パレスチナ問題は和平への鍵。それを無視した計画に未来はない」

アラブ連盟のアフマド・アブルゲイト事務総長は、パレスチナ問題の解決こそが和平成立への唯一の鍵であると述べた。(AFP/File)
アラブ連盟のアフマド・アブルゲイト事務総長は、パレスチナ問題の解決こそが和平成立への唯一の鍵であると述べた。(AFP/File)
Short Url:
19 Jun 2022 02:06:10 GMT9
19 Jun 2022 02:06:10 GMT9
  • 第9回バクー国際フォーラムにおける中東の未来に関するセッションで、アラブ連盟事務総長が発言した

ヤシン・ムハンマド

カイロ:アラブ連盟のアフマド・アブルゲイト事務総長は、「パレスチナ問題の解決は、中東における平和と持続的な協力を実現するための唯一の鍵である」と述べた。

今週開催された、第9回バクー国際フォーラムにおける中東の将来に関するセッションで、アブルゲイト事務総長は、紛争解決のためには、イスラエルが「関連する国際決議を遵守し、1967年6月4日時点の国境まで戻り、東エルサレムをパレスチナ国家の首都として承認する」ことを約束する必要があると述べた。

また、パレスチナ人の権利を十分に尊重しないのであれば、いかなる地域協力の枠組みも「脆く燃えやすい」ままだと強調した。

さらに、「大きな圧力と新たな問題の出現を前に、世界各国にとっての優先事項の中でパレスチナ問題への関心が低下していることを深く憂慮している」と述べた。

アブルゲイト事務総長は、イスラエルのエフード・バラック元首相を含む聴衆を前に、「パレスチナ人の権利をないがしろにしたり、無視したりしている間は、中東に豊かな未来は来ない」と語った。

さらに、「イスラエルという1つの国家が、パレスチナ人とイスラエル人という2種類の国民を擁するというシナリオを受け入れることは不可能だ。パレスチナ人を無視したり、彼らの排斥を前提としたりするような計画はあり得ない。私からのイスラエルへの助言は、今すぐこの問題を解決することだ」と話した。

特に人気
オススメ

return to top