Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 中東の再生可能エネルギー、2030年までに目標の92%に到達:報告書

中東の再生可能エネルギー、2030年までに目標の92%に到達:報告書

グローバル・エネルギー・モニターの報告書によると、アラブ地域では現在、12ギガトン以上の風力・太陽光エネルギーが生産されている(提供)
グローバル・エネルギー・モニターの報告書によると、アラブ地域では現在、12ギガトン以上の風力・太陽光エネルギーが生産されている(提供)
Short Url:
29 Jun 2022 02:06:57 GMT9
29 Jun 2022 02:06:57 GMT9

アラブニュース

  • グローバル・エネルギー・モニターの報告によると、アラブ諸国では太陽光発電や風力発電の建設が進んでおり、その発電能力は合計で734万kWと予測されている。

ロンドン:火曜日に発表されたグローバル・エネルギー・モニターの報告書によると、アラブ諸国における再生可能エネルギー発電プロジェクトは、2030年までに地域全体の目標の92%近くに達するということだ。同報告書によるとアラブ地域では現在12ギガトン以上の風力および太陽光エネルギーが生産されている。

2013年には、2030年までに地域の再生可能エネルギー発電設備容量を12ギガトンから80ギガトンに増やすとアラブ連盟のクリーンエネルギー・イニシアチブで公約されている。

この報告書によると、アラブ諸国は合計73.4ギガトンもの容量の太陽光発電所や風力発電所を建設しており、これはこの地域の現在の再生可能エネルギー生産量のほぼ5倍に相当する。

これらのプロジェクトには、114基の太陽光発電所と45基の風力発電所が含まれる。

また、再生可能エネルギーの生産量は、エジプトが最も多く3.5ギガトン、次いでUAEが2.6ギガトン、モロッコが1.9ギガトン、ヨルダンが1.7ギガトン、サウジアラビアが0.78ギガトンであるとした。

UAEは、実用規模の太陽光発電で2.6ギガトンもの発電能力を持ち、この地域をリードしている。

エジプトはこの地域の風力発電をリードしており、1.6ギガトンもの電力を風力発電所で発電している。

同報告書によると、これらの国々は近い将来再生可能エネルギー生産国のトップになることが予想されるという。

特に人気
オススメ

return to top