Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノン、シリア空爆時のイスラエルによる領空経由を非難

レバノン、シリア空爆時のイスラエルによる領空経由を非難

ビーチ上空で、航空ショーのパフォーマンス披露するイスラエルのF16戦闘機=2022年5月5日、イスラエル・テルアビブ。(写真:AFP)
ビーチ上空で、航空ショーのパフォーマンス披露するイスラエルのF16戦闘機=2022年5月5日、イスラエル・テルアビブ。(写真:AFP)
Short Url:
16 Aug 2022 04:08:21 GMT9
16 Aug 2022 04:08:21 GMT9
  • イスラエルの戦闘機は、日曜日、ダマスカス地方とタルトゥス沿岸部の施設を空爆した。

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノン外務省は月曜日、「イスラエルによって行われた最近のシリアへの攻撃、および空爆時のレバノン領空経由」を非難した。

前日の夕方、シリア・アラブ通信は、「イスラエルの戦闘機がレバノン領空を経由して、ダマスカス地方とタルトゥス海岸総督府の場所を爆撃した」と報じた。

レバノン外務省は、「この攻撃的行動と、国際法および条約に明白に違反するレバノンの主権に対する継続的侵害が招く結果」について警告を発した。また、「(国連の)安全保障理事会に提訴する」意向を示した。

ベイルート市内で開かれたレバノン国民議会での新大統領選出中、市上空を飛行するイスラエル空軍の戦闘機。(写真:AFP)

8月12日は、国連安保理決議1701が承認されてから16周年に当たる。2006年のイスラエルによるレバノン侵攻に伴う敵対行為の終結を目的としたものだ。

この記念日に際し、当時レバノンの首相だったフアド・シニオラ氏は、次のように述べた。「イスラエルの侵略と野心に直面する中、決議1701はレバノンを守り、南部の主権問題をレバノンに有利な形で解決した」

「16年前、レバノン内閣は30年以上続いてきた南部全域への派兵の禁止を解くことを、国民協約、憲法、7項目計画に基づいて全員一致で決定し、その後、決議1701の実施によりイスラエルのレバノンに対する侵略は阻止された」

シニオラ氏は、決議1701は「レバノン国内への違法兵器の持ち込みを防止する決議1559と、レバノンの国境画定を求める決議1680を確認した」と付け加えた。

また、当時レバノンがサウジアラビアを中心とする湾岸協力会議から受けた多大な復興支援についてもふれた。支援の結果、レバノンは、イスラエルによって破壊されたインフラや公共施設を記録的な速さで再建することができた。

加えて、同氏は、ヒズボラについて名指しにはしなかったものの、「対処することも耐えることもできない軍事的対立およびリスクにレバノンを巻き込むなど、レバノンおよびその国民に更なる問題を招こうとしている」と非難した。

レバノン当局による日曜日のイスラエルの攻撃への非難は、Issam Sharafeddine離散レバノン人担当相のシリア訪問と時を同じくして行われた。大臣は、省の代表団を率いて、内戦開始以来レバノンに居住している難民の本国送還についてシリア当局と協議していた。

彼は、Hussein Makhlouf地方行政・環境相やMohammed Khalid Al-Rahmoun内相などシリア政府関係者らと面会した。両国は、シリア難民を「安全かつ尊厳のある」方法で母国に帰還させるための計画について協議したと伝えられている。

Makhlouf氏は「シリアは難民帰還に向けて門戸を開いており、帰還難民に交通手段から入院、教育まで必要なものをすべて提供する用意がある。シリア当局は、解放された地域への水と電気の供給を確保し、まだ住宅が再建されていない者に避難所を提供する」と述べた。

レバノン当局は、毎月1万5千人のシリア難民の帰国を望んでいるが、目標達成にはシリア政府の協力が必要だ。レバノン政府は、国連難民高等弁務官に登録されている88万人を含む約150万人のシリア難民と、合法・非合法を問わず就労のために入国したシリア人が国内にいると推定している。

他にも、レバノン政府は、3年以上にわたって深刻な経済危機に直面している自国のニーズと比較して、国連から の資金援助が「消極的」であるとして、不満を訴えている。

特に人気
オススメ

return to top