Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アラブ連合軍、紅海南部でフーシ派の爆発物搭載船を破壊

アラブ連合軍、紅海南部でフーシ派の爆発物搭載船を破壊

2021年5月3日、戦争で疲弊したイエメンの紅海に面する港湾都市ホデイダの沿岸にあるズカール島付近を航行する漁師たち。(AFP)
2021年5月3日、戦争で疲弊したイエメンの紅海に面する港湾都市ホデイダの沿岸にあるズカール島付近を航行する漁師たち。(AFP)
作戦は、国際人道法とその慣習的ルールに従ったものであると連合軍は述べている。(AFP/ファイル)
作戦は、国際人道法とその慣習的ルールに従ったものであると連合軍は述べている。(AFP/ファイル)
Short Url:
02 Dec 2021 02:12:29 GMT9
02 Dec 2021 02:12:29 GMT9
  • 連合軍は紅海でも爆発物を搭載した船を破壊した

アラブニュース

リヤド:イエメンのフーシ派民兵と戦闘状態にあるアラブ連合軍は水曜日、紅海南部でイランと同盟関係にあるグループが使用していた爆発物搭載の船を破壊した。

この船はイエメンのホデイダを出港したとされている。

連合軍は、海上での自由な航行に対するフーシ派の脅威は、地域および国際的な安全保障を危険にさらすものであると述べた。

連合軍は先に、イエメンのサヌア国際空港から離陸したドローンを同国のアムラン州で撃墜している。

また、武器を輸送していたとされるフーシ派の部隊を攻撃した。

連合軍によると、ドローンはフーシ派の防空部隊によって空港で組み立てられ、配備されていたという。

サウジアラビア防空軍は、イエメン北部から発射された民兵のドローンを高い頻度で破壊している。

火曜日、連合軍はイエメンの首都にいるイラン革命防衛隊の専門家を攻撃した。

この作戦は、国際人道法とその慣習的ルールに従ったものであると連合軍は述べている。

アラブ連合軍はここ数週間、イランに支援されたフーシ派民兵の能力を低下させるために、首都の多くの施設を攻撃してきた。

フーシ派が民間人を標的にしていることは、王国では戦争犯罪とされている。

アラブ連合軍は、2014年にフーシ派が首都サヌアを占領した後、国際的に承認されているイエメン政府が、イエメンの完全な支配権を取り戻すことを支援してきた。

現在、7年間続いている戦争は何千人ものイエメン人の命を奪い、さらに多くの人が人道支援に頼らざるを得ない状況に追い込まれている。

特に人気
オススメ

return to top