Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 若者のアイデアは世界の破綻した教育システムを修復する助けとなるか

若者のアイデアは世界の破綻した教育システムを修復する助けとなるか

国連のアントニオ・グテーレス事務総長と世界の教育のための国連特使、ゴードン・ブラウン氏は数十億ドル規模の教育のための国際金融ファシリティを立ち上げた。(国連提供)
国連のアントニオ・グテーレス事務総長と世界の教育のための国連特使、ゴードン・ブラウン氏は数十億ドル規模の教育のための国際金融ファシリティを立ち上げた。(国連提供)
Short Url:
20 Sep 2022 02:09:26 GMT9
20 Sep 2022 02:09:26 GMT9
  • 象徴的な宣言により、教育における世界的危機を解決するための政治的コミットメントを加速させることが示された
  • 9月16日に国連総長に提出された宣言のために、170以上の国と地域から参加した50万人近くの若者が協議した

タレック・アリ・アフマド 

ニューヨーク:今日、アフリカやアジア、中東、南米の戦争や災害に見舞われた地域に暮らす222万人の若者が、質の高い教育を継続して受けることができない状況にある。

緊急事態や長期化する危機下の教育のための国連の世界的基金、Education Cannot Wait(教育を後回しにはできない)が行った分析によれば、7,820万人の子供が学校に通えず、また1億1,960万人が通学しているにもかかわらず、最低限の識字や計算能力を身につけることができていない。

このような希望のない状況を背景に、国連のアントニオ・グテーレス事務総長は9月16日、「教育変革に関するユース宣言」を発表した。この日は教育変革サミットの初日で、「行動の日(Mobilization day)」とされていた。

宣言には25の原則や目的、そして完全に利用可能で万人に開かれた教育システムを構築し維持する必要性が示されている。

この宣言は、170以上の国と地域から50万人近くの若者が参加した大規模な協議プロセスの結果生まれた。若者たちは、20以上の対面またはオンラインの調査、SNS上のキャンペーンを通じて参加した。

「私たちは人権や持続可能な発展、ジェンダーの平等、気候の公平性、多様性の受容、公正、平等、世界・地域・国・地方・草の根のレベルでの教育とそのシステムを変革するためのすべての行動における連帯に基づいて、様々な分野やセクターを横断するアプローチの必要性を主張します」と宣言は述べている。

宣言に署名した若者たちに向けて、教育変革サミットの特別顧問、レオナルド・ガルニエ氏は次のように述べている。「あなた方は我々当局者、専門家、大人、あるいはベビーブーマー世代に、上から目線や偉そうな態度、問題の把握さえできていないのに答えをすべて知っているようにふるまうことをやめるよう要求しています」

ニューヨークで開催された教育変革サミットの「解決策デー」に臨む教育大臣(サウジアラビア教育省提供)

「これらすべてのことに対して、あなた方を称え、希望の灯を消さずに保っていることに感謝したいと思います」

グテーレス事務総長の言葉は、教育に関する難題をさらに正確に描写するものだった。「問題は、世界中で私たちが持っている教育システムが、目的に合っていないということなのです」と彼は述べた。

「私たちに必要なのは、過去ではなく未来へと向けた備えとなり、学び方そのものを学べるような教育、人々の間の盲目的な競争ではなく、協力と連帯に基づく社会を作るための教育なのです」

彼は次のように続けている。「このサミットは、私たちが教育に関してなすべきことには変革の要素が含まれるという明確な視座をもたらす重要な機会です。あなた方の宣言は、私たちが正しい方向へ進む上で、重要なツールとなるでしょう」

サミットは、第77回国連総会に数日先立って開幕したが、カナダ、エクアドル、シエラレオネ、ポルトガル、チリといった国から多くの教育大臣が参加した。

その他の発言者は、若者のリーダーや代表団、教育問題に特化したNGOのトップなどである。若者の代表団の中には、サウジアラビアから参加したアマニ・アルヒアミさんも含まれている。アルヒアミさんは、サウジアラビアでムハンマド・ビン・サルマン皇太子が進める改革案、サウジビジョン2030の下で起きている変革について語った。

「サウジアラビアでは、若い世代が人口の約3分の2を占めます。これらの若者は、デジタル・ネイティブで、フットワークが軽く、これまで以上に多くの可能性と力を持っています」と彼女は話した。

「サウジアラビアでは、野心的なサウジビジョン2030の下、発展と変革を続け、可能性の地平を押し広げています。また、開発と持続可能性、安全保障、生涯学習のための教育といった問題について、世界中の国と協力しています」

「この変革は一時的なものではなく、この先も続くものです。つまり、私たちは各世代の必要に応じた、機敏で革新的な解決策を必要としています」 

サウジアラビアの教育大臣、ハマド・ビン・ムハンマド・アル・シェイク博士はサミットの2日目、「解決策デー」に参加し、「効果的な教育のエコシステム:開かれたデジタルコンテンツ」と題した高官級のセッションで発言した。

大臣は生徒と教師、親を支援するためのオープンなオンライン資料の重要性を強調した。

「先進的技術によって、様々な背景や関心、必要を持った学習者がいつでも、世界中どこにいても、開かれた電子的資料とプラットフォームに効率的、公平かつ包括的にアクセスできるようになります」と彼は語り、「衛星チャンネルやデジタルプラットフォーム、携帯電話のメッセージ」が窓口となりうると付け加えた。

国連開発計画が発表した最新の2022年人間開発指数で、サウジアラビアは191カ国中35位にランクしている。これはG20諸国の中で10位であり、2019年と2021年の間にはもっとも大きな飛躍を遂げた。

閣僚級セッションの狙いは、世界のパートナー国がサミットのテーマ、とりわけ教育に影響する金融危機に関するイニシアチブを立ち上げ、ないし拡大するための支持を集められるよう、公開討論の場を設けることであった。

「しかし、はっきり言うと、より多く、より良い資金供給を私たちは必要としています」と国連副事務総長で持続可能な開発グループの議長を務めるアミナ・モハメド氏は2日目の演説で述べた。

「新鮮な空気なしに、これは実現不可能です。燃料が必要ですが、それは私たちの国内にある資産、国際社会との連帯において必要とする支援から得られます」

モハメド氏の発言に賛同して、グテーレス事務総長は教育のための革新的な資金供給の方策を見つけるというきわめて重要な課題を解決しなければならないとした。

この国連によるキャンペーンは、すべての子供たちに自由な教育の権利を保障することを目指している。(国連提供)

「教育は、社会の平和と繁栄、安定の基本的要素です」と彼は語った。「教育への投資を減らすことは、実質的に将来の深刻な犯罪の増加につながります」

世界の教育のための国連特使、ゴードン・ブラウン氏はサミットの共同記者会見でグテーレス事務総長およびモハメド副事務総長とともに発言し、世界の教育において、単独では過去最大規模となる投資を発表した。

教育のための国際金融ファシリティにより運営されるこの基金は、発足時の資金20億ドルから50億ドルへ、さらには100億ドルへと時とともに拡大していくことが見込まれている。

「我々の信じるところでは、この基金は何百万もの子供たちの未来を変えるでしょう」とイギリスの元首相であるブラウン氏は述べ、さらに難民や、危機に見舞われた地域で育つ子供たちがこの基金の主な受益者だと付け加えた。

グテーレス事務総長によれば、国際金融ファシリティは新しくできた基金ではなく、安価な教育ローンを多国間で銀行が提供するための資産を増やすための枠組みである。

「これは補助金やその他の支援を提供する、教育のためのグローバルパートナーシップのような既存のツールを補い、それらとともに機能します」とグテーレス氏は説明した。

サミット3日目の月曜日、「指導者デー」には世界各国の首脳が教育の変革に向けた誓約を国の声明として発表することになっていた。

また、各国の指導者は教育の危機、教育のための資金源、教育分野のデジタルトランスフォーメーション、持続可能な生活などについての討論会やディスカッションに参加する予定であった。

topics
特に人気
オススメ

return to top