Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イエメンの連合軍「サアダ地区への砲撃に関するフーシ派の主張は根拠なし」

イエメンの連合軍「サアダ地区への砲撃に関するフーシ派の主張は根拠なし」

イエメンにおける正統性回復のための連合軍報道官、トゥルキ・アル・マリキ准将。(ファイル/AFP)
イエメンにおける正統性回復のための連合軍報道官、トゥルキ・アル・マリキ准将。(ファイル/AFP)
Short Url:
23 Jan 2023 01:01:12 GMT9
23 Jan 2023 01:01:12 GMT9

アラブニュース

  • 連合は、2022年10月に期限切れとなったイエメンの停戦を安定させるための努力を支持すると述べた。

リヤド:イエメンにおける正統性回復のための連合軍は22日、シャダとムナッビヒのサアダ地区への砲撃に関するフーシ派の主張は「根拠がない」と述べた。

連合は、「流布されているのは、紛争のホットスポットを示すフーシの支配下にある地域での継続的な主張の文脈の中でのものである」と述べた。

声明はまた、フーシ派が管理する地域では犯罪が多発していると述べた。

連合は、2022年10月に期限切れとなったイエメンの停戦を安定させる努力を支持し、イエメンとの国境や国内でのフーシ派の違反行為が続いていることを踏まえ、最高レベルの自制を行使したと述べた。

特に人気
オススメ

return to top