Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノンの環境保護団体が、ヒズボラの手先であるとして非難される

レバノンの環境保護団体が、ヒズボラの手先であるとして非難される

レバノンとイスラエルの国境沿いにある故郷Rmaychを見下ろす丘に立つナジブ・アル・アミール氏。(AP)
レバノンとイスラエルの国境沿いにある故郷Rmaychを見下ろす丘に立つナジブ・アル・アミール氏。(AP)
Short Url:
25 Jan 2023 08:01:36 GMT9
25 Jan 2023 08:01:36 GMT9
  • イスラエルと米国、そしてレバノンの一部の人々は、このNGOがヒズボラの軍事活動を隠すための組織であると非難している
  • 環境保護団体である「国境なき緑」はヒズボラとの関係を否定しており、ヒズボラもこの団体とは無関係だと述べている

KFAR-TIBNIT:このレバノン南部の村の郊外で、ピックアップトラックに乗った作業員たちが、戦死した過激派組織ヒズボラの戦闘員にちなんで名付けられた自然保護区に駐車した。彼らはトラックから大きなユーカリの苗木を2本降ろして、植えた。


彼らは、レバノンの緑地を保護し、木を植えることを目的としていると主張するNGOである「国境なき緑」のメンバーである。

しかし、イスラエルと米国、そしてレバノンの一部の人々は、このNGOがヒズボラの軍事活動を隠すための組織であると非難している。彼らは、この団体がイスラエルとの国境沿いに過激派組織の前哨基地を設置していると述べている。先月、国境に近い南部のキリスト教徒の村であるRmaychの住民は、この団体の前哨基地で武装した男たちに遭遇し、農地への立ち入りを阻まれたと述べた。

国境なき緑はヒズボラとの関係を否定しており、ヒズボラもこの団体とは無関係だと述べている。

国境なき緑の代表であるズーヘル・ナーリ氏はAP通信の取材に対して、「我々は誰の手先でもありません」と語った。「我々は環境保護団体としてすべての人々のために活動しており、政治的な活動をしているわけではありません」。同NGOが数百本の木を植えてきたバサム・タバジャ自然保護区は、2014年にシリアで殺害されたヒズボラ戦闘員の名を冠しており、ナーリ氏はそこで講演を行っている。

ナーリ氏によると、この団体の資金は環境・農業省のほか、おもに東部ベカー渓谷とレバノン南部の環境と自治体に関心がある裕福なレバノン人からも提供されているという。ナーリ氏は自分を農業省の職員だと述べている。

この団体は2009年に活動を開始して以来、約200万本の植樹を支援してきたとナーリ氏は述べている。

イスラエルとヒズボラは宿敵であり、過去数十年にわたって何度も戦争をしてきたが、最後の戦争は2006年8月に終結した。この34日間の戦闘で、レバノンでは民間人を中心に1,200人が死亡し、イスラエルでは兵士を中心に160人が死亡した。

この戦争を終結させた国連安全保障理事会の決議では、国境地帯には政府と国連平和維持軍以外の「武装した人員、資産、武器は一切」存在してはならないとされた。戦後、数千人のレバノン軍が国境地帯に配備され、1978年から駐留している国際連合レバノン暫定駐留軍(通称UNIFIL)が強化された。

UNIFILは11月の報告書で、国境沿いの16カ所に輸送用コンテナとプレハブの建物が設置されており、その中には国境なき緑のマークが見えるものもあると述べた。いくつかのケースでは、UNIFILのパトロール隊がその場所に近づくことを阻止されたという。

イスラエル軍によると、国境にある国境なき緑の前哨基地は、ヒズボラが情報収集のために使用しているという。

9月の安全保障理事会で、米国のリチャード・ミルズ国連次席大使は、国境沿いにUNIFILの前哨基地が広がっていることによってUNIFILが近づくことが妨害されており、それが「この地域の緊張を高めており、このいわゆる環境保護団体がヒズボラのために行動していることをさらに裏付けています」と述べている。

その理事会で、UNIFILに対する嫌がらせ、脅迫、攻撃、制限を強く非難する決議が、全会一致で承認された。

先月、レバノン南部でUNIFILの車列が襲撃され、アイルランド人の国連平和維持兵が1人死亡し、数人が負傷した。ヒズボラはこの攻撃との関係を一切否定している。

ナーリ氏は、国境なき緑が輸送用コンテナや建物を設置していることは知らないと述べた。「国境沿いで我々が行っているのは森林の保護だけであり、そのような主張はすべて非論理的で根拠がありません」と彼は述べている。

ヒズボラを支持する国境のシーア派の村の住民は、ヒズボラを称賛している。国境の村Odaissehで商店を営むサラ・ランマル氏は、「ヒズボラは環境にいいことをしていますし、国境沿いに木を植えています。我々は彼らの活動にとても満足しています」と述べた。

しかし、キリスト教徒の村Rmaychの住民は、近くの渓谷にある村の家族が所有する農地に国境なき緑が設置されたことについて、何年も苦情を申し立てている。彼らによると、同団体はそこに木を植えておらず、実際には木を切り倒し、彼らの土地で1.5キロ(1マイル)の未舗装道路を切り開いたと言う。

Rmaychの学校教師であるバッサム・アル・ハジ氏は、「これはヒズボラが陣地を確保するための隠れ蓑なのです。ヒズボラについては何の問題もありませんが、我々の土地の外にあるべきです」と述べた。

12月、アル・ハジ氏と他の住民は前哨基地に行き、そこにいる男たちと対峙した。アル・ハジ氏によると、そこにいた男たちの一部は覆面をして武装しており、そしていくつかの部屋とテント、村の農地を封鎖するフェンスがあったという。

住民とその男たちは口論になったという。その様子を撮影していた住民の1人は、男たちの1人から「撮影した写真を削除しなければ、お前をぶっ潰す」と言われた、とアル・ハジ氏は述べている。

その対立の数日後、ヒズボラの幹部とメンバーが村を訪れて村長のオフィスで住民と面会したと、その話し合いに出席したRmaych出身の司祭であるナジブ・アル・アミール神父は述べた。

村長と住民はこれらのフェンスの撤去を求めたという。アル・アミール氏はヒズボラ幹部に「我々を守ってくれるのはレバノン軍以外には認めません」と伝えたという。数日後、国境なき緑はフェンスを撤去し、現在、住民は自分の土地に自由に行けるようになったという。

ナーリ氏は、メディアがRmaychの事件を大げさに報道したと述べ、詳細について話すことを拒否した。ヒズボラは過去に、Rmaychでのいざこざを、ヒズボラのもっとも厳しい批判者の1人であるキリスト教徒のレバノン軍党員のせいにしてきた。

UNIFILのアンドレア・テネンティ報道官は、平和維持軍がUNIFILの活動場所を訪れることができたかとの質問に対し、「もちろん、活動地域全体と、国境なき緑が活動した地域や場所も監視することができました」と述べた。

テネンティ氏は、2006年の戦争を終結させた安全保障理事会決議「1701への違反」はないと述べた。

ナーリ氏は、国境なき緑の活動が切実に必要とされていると主張した。過去数十年間、レバノンは世界最悪の森林破壊率を経験しており、2019年後半から経済が崩壊して以来、貧困層が木を伐採して暖房に使うようになり、森林破壊が加速したという。国土面積の25%を占めていた森林は、現在は3%程度にまで減少したという。

「我々はすべての関係当局と連携して、これ以上の森林破壊を防ぐためにあらゆる手段を尽くしています」とナーリ氏は述べた。


AP

topics
特に人気
オススメ

return to top