Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 音声ファイルのリーク後、イランは航空機墜落事故の証拠物件をウクライナと共有せず:当局発表

音声ファイルのリーク後、イランは航空機墜落事故の証拠物件をウクライナと共有せず:当局発表

04 Feb 2020
上:2020年1月8日、イランのミサイルに撃墜され、テヘラン近郊で墜落したウクライナ航空機のブラックボックス(AFP)
上:2020年1月8日、イランのミサイルに撃墜され、テヘラン近郊で墜落したウクライナ航空機のブラックボックス(AFP)
Short Url:
Updated 04 Feb 2020
04 Feb 2020
  • 音声ファイルは合同調査の一環としてウクライナの専門家に送られた。
  • 「ウクライナ側の行動に基づき、我々は今後証拠物件をウクライナ側と共有しないことにした」

ドバイ:イラン民間航空機関の事故調査担当局長は月曜日、事故調査の音声ファイルがウクライナのメディアによってリークされた後、イランは今後ウクライナ航空墜落事故調査から得られた証拠物件をウクライナ側と共有しないと述べた。

この音声ファイルは、合同調査チームの事故調査の一環としてウクライナ側に送られた証拠物件の一つだった。

「ウクライナ航空機墜落事故の技術調査チームは、不可解な理由で、ウクライナ航空機と同時間に飛行していた飛行機のパイロットの秘密通信音声ファイルを公開した」とハサーン・レゼファ氏が述べたと、半官通信社のメーア(Mehr)が報じた。

「ウクライナ側のこの行動により、今後は証拠物件を共有しないことになった」

ロイター

topics
Most Popular
Recommended

return to top