Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 米国はイランが衛星の打ち上げを通じてミサイルを開発していると非難し、「大きな圧力」を誓う

米国はイランが衛星の打ち上げを通じてミサイルを開発していると非難し、「大きな圧力」を誓う

12 Feb 2020
セムナーン州にあるホメイニ宇宙センターから打ち上げられたイランの「フェニックス」ロケットは、通信衛星ザファー1を軌道に乗せることに失敗した。(イラン防衛省、AP通信経由)
セムナーン州にあるホメイニ宇宙センターから打ち上げられたイランの「フェニックス」ロケットは、通信衛星ザファー1を軌道に乗せることに失敗した。(イラン防衛省、AP通信経由)
Short Url:
Updated 12 Feb 2020
12 Feb 2020
  • 日曜日、イランの「フェニックス」ロケットは衛星の打ち上げに失敗した。
  • ポンペオ氏は、イランの「無謀な弾道ミサイル活動」に関する声明を発表した

ワシントン:米国は、イランが衛星の打ち上げを通じてミサイルを開発していると非難し、火曜日に「大きな圧力」をかけることを誓った。

日曜日に、イランのセムナーン州にあるホメイニ宇宙センターから打ち上げられた「フェニックス」ロケットは、低速のために通信衛星ザファー1を軌道に乗せることに失敗した。

国務省の声明で、マイク・ポンペオ米国務長官は、次のように述べた。「イラン政権は、弾道ミサイル能力を開発するために衛星の打ち上げを利用している。衛星を打ち上げ軌道に乗せるために使用される技術は、大陸間弾道ミサイルを含む長距離システムで使用されるものと実質的に同じもので互換性がある。」

「打ち上げのたびに、失敗したかどうかにかかわらず、イランは平和な宇宙計画を装ってミサイル計画に役立つような技術を使用した経験をさらに積むことができる。」

「イランによる一連の宇宙への打ち上げは、イランの弾道ミサイル計画のさらなる進展を促すような実験を制約したイラン核合意の失敗を反映している。イラン核合意により、イランのミサイル実験および核兵器運搬システムの開発の禁止が解除されたため、今日私たちは危険な結果を目の当たりにしている。」

「テロリズムを支援する世界有数のこの国に弾道ミサイルの開発や実験を許可すべきではない。この常識的な基準は、国際社会によって回復されなければならない。」

「米国はイラン政権の無謀な弾道ミサイル活動に立ち向かうため、引き続き世界中からの支援を構築し、同政権に対してその行動を変えるよう大きな圧力をかけ続ける」と彼は付け加えた。

topics
Most Popular
Recommended

return to top