Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ポピュリズムの指導者は減少したが、退場には至っていない

ポピュリズムの指導者は減少したが、退場には至っていない

ブラジルのジャイール・ボルソナロ前大統領(AFP/ファイル)
ブラジルのジャイール・ボルソナロ前大統領(AFP/ファイル)
Short Url:
16 Jan 2023 07:01:14 GMT9
16 Jan 2023 07:01:14 GMT9

これまで21世紀を特徴づけてきたのは、ポピュリズムの拡大である。ポピュリズムは、政治だけでなく経済面でも世界の多くに衝撃を与えた。

しかし、過去20年間のポピュリズムの波はまだピークに達していないのではないかという意見が続く一方で、先週発表された新しい研究は、この傾向が予想外に逆転していることを示唆している。トニー・ブレア地球変動研究所のデータによると、ポピュリストのリーダーの数は世界中で20年ぶりの低水準に落ち込んでいることが明らかになった。

別の言い方をすれば、新型コロナウイルス感染症の大流行が始まって以来、ポピュリストの支配下で暮らす人々の数は8億人減少しているのだ。報告書によると、2020年にはポピュリストの指導者がいる国に25億人が生活していたが、現在は17億人となっている。したがって、パンデミックが始まってからの期間、この人口規模の拡大が20年間で少なくとも一時的に逆転している。

21世紀初頭、人口2,000万人以上の主要国のうち、ポピュリストの指導者がいたのは、イタリア、アルゼンチン、ベネズエラなどごく一握りであった。

例えば、億万長者の実業家であり、論争を呼ぶことが多いシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が2001年から2006年までイタリアの中道右派の破天荒な首相を務め、ドナルド・トランプ氏の台頭を予感させる時代であった。ウゴ・チャベス氏は1999年から2013年までベネズエラの大統領を務め、その間、キューバのフィデル・カストロ氏、そしてラウル・カストロ氏の政権と手を組んだ。

この比較的小さな「ポピュリストクラブ」は、大不況と呼ばれる2008年から2009年にかけての国際金融危機の発生後、大きく拡大した。しかし、ポピュリズムの急拡大は、2016年のトランプ氏の米大統領選勝利など、世界各地の選挙によって起こったこの10年間のことである。

長い間ポピュリズムの砦であったラテンアメリカは、最近、ポピュリズムの支配者が最も減少している。昨秋のブラジル大統領選挙でジャイル・ボルソナロ氏が敗北したこともその一例である。

ラテンアメリカのポピュリズムは社会主義に傾く傾向があるが、ボルソナロ氏は右派的な政治のおかげで重要な例外であった。

一方、欧州ではポピュリズムが依然として広く浸透しており、2022年にイタリアの首相にジョルジア・メローニ氏が選出されたことが最大の成功例となった。メローニ氏は戦時中の独裁者ベニート・ムッソリーニ氏の遺産を受け継ぐと広く見られている右派民族主義者で、ヨーロッパのポピュリズムがラテンアメリカで見られるものとは異なる右派的な傾向であることをよく表している。

世界的に見れば、21世紀のポピュリズムの波は、過去数百年にわたる一連の流れの中の1つに過ぎない。ポピュリズムは、米国をはじめ、いくつかの国で繰り返し見られる現象である。

ポピュリズムがさらに衰退する可能性もあるが、コロナウイルス危機の余波を受け、2020年代に再びポピュリズムが台頭する可能性に説得力を持たせる別の根拠もある。

アンドリュー・ハモンド

しかし、最近のポピュリズムの波は、アジア太平洋地域からアメリカ大陸にまで及び、メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領やインドのナレンドラ・モディ首相といった現在の指導者も含めて、かつてないほど大きな広がりを見せている。

ポピュリズムは大陸によって種類が異なるが、指導者たちは共通した選挙戦術で政権を獲得する傾向がある。その中には、多国籍企業やいわゆる 「フェイクメディア」に対する攻撃も含まれる。

アメリカ大陸からヨーロッパまで、世界中でこの政治的ポピュリズムが台頭する多様な性質を、元英国秘密情報局作戦部長ナイジェル・インクスター卿は「革命的な波」と表現している。

将来的に、この現象が本当に収束していくのか、それとも回復する可能性があるのかが、1つの重要な問題である。

ポピュリズムがさらに衰退する可能性もあるが、コロナウイルス危機の余波を受け、2020年代に再びポピュリズムが台頭する可能性に説得力を持たせる別の根拠もある。コロナウイルス危機によって、2020年には10年以上前の国際金融危機のときよりもさらに深刻で広範な世界的不況が引き起こされた。

政治的ポピュリズムの規模が歴史的に高い水準にとどまる理由は2つある。

第一に、世界はパンデミックによる健康危機の最悪期を脱したかもしれないが、その経済的遺産は存続し、2023年にはウクライナ戦争によって悪化した新たな逆風に直面することになる。国際通貨基金(IMF)は先週、世界経済の3分の1が今年中に景気後退に陥ると断言した。

しかし、ここで重要なのは経済産出量の絶対的な減少だけでなく、経済的不平等の拡大である。一部の富裕層は、パンデミックの最中でも富が増加しているが、貧困層は収入が停滞したり、最悪の場合、減少したりすることが多くなっている。

また、世代間の影響もあり、若い人ほど職を失う可能性が高い。このため、潜在的な収入や仕事の見通しが長期的に損なわれるリスクがあり、不満を募らせている。

第二に、景気低迷とは全く関係のない要因もポピュリズムを後押しする可能性がある。ソーシャルメディアやその他の新しい技術が破壊的で動員的な役割を担っていることである。

これらの要因を総合すると、最近、世界中でポピュリズムが減少しているにもかかわらず、この政治現象はまだ回復する可能性があるということになる。コロナウイルス危機の経済的余波は、ウクライナ戦争の影響と相まって、今後さらに重大な国際的不安定性をもたらすという見通しを示している。

– アンドリュー・ハモンド氏はロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのLSE IDEASのアソシエイトである。

特に人気
オススメ

return to top