Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イドリブ、コロナウイルスによりEU難民危機が最悪の状況に

イドリブ、コロナウイルスによりEU難民危機が最悪の状況に

移民がトルコとギリシャの国境の緩衝地帯に押しかける。(AFP通信)
移民がトルコとギリシャの国境の緩衝地帯に押しかける。(AFP通信)
Short Url:
13 Mar 2020 06:03:06 GMT9
コーネリア・メイヤー
13 Mar 2020 06:03:06 GMT9

先週末、トルコとギリシャの国境で起きた恐ろしい出来事は、ヨーロッパ大陸全体でトップニュースとなった。無数の難民が警戒区域に取り残された。水曜日までに、こういった写真はCOVID-19を取り巻くこれまで以上に不安定な状況にその座を譲らなければならなくなった。イタリアは封鎖され、国境は閉鎖され、金曜日からシェンゲン協定国から米国へのフライトは禁止される。

これは、ギリシャとトルコの国境の状況が何らかの方法、状態、形で改善したことを意味するものではない。2週間前、トルコ政府は西部国境を開放すると発表した。その結果、トルコ各地から何千人もの難民がギリシャに向かって移動した。ギリシャは対処できないと感じたため、難民の入国を拒否し、一時的に難民申請を停止した。

EUは、トルコの2016年の難民協定の明白な停止に激怒しているが、南東の地域で展開している状況にどのように対応するかを巡り、内部で分裂した。約束された60億ユーロ(67億ドル)の全額を受け取っていないと主張したトルコ大統領のレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領に厳しい意見が向けられた。公平を期すために記すと、トルコは他のシリア難民を他のどの国よりも多い400万人近く受け入れ、さらに100万人がシリアからの国境を越えるためにイドリブで列を作っている。トルコは援助が必要だが、難民を道具として利用しても、欧州のリーダーたちから何かを得ることはできないだろう。

ドイツは弱気であった。理由の1つは、2015/2016年に100万人の難民を入国させたアンジェラ・メルケル首相の決定が、彼女の権力基盤を損ない、ドイツの政治を永久に変えたことである。メルケル首相が退くのも時間の問題だ。フランスも躊躇している。これは、東地中海におけるトルコの影響に対するエマニュエル・マクロン大統領の地政学的な懸念によって強調されている。フランスはギリシャおよびキプロスと協定を結んでおり、マクロン大統領は今週初めにエリゼ宮にリビアの有力者ハリファ・ハフタル将軍を迎えた。トルコはファイエズ・アルサラージの政敵を支援し、軍事情報、軍隊、および武器を提供している。

トルコは援助が必要だが、難民を道具として利用しても、欧州のリーダーたちから何かを得ることはできないだろう。

コーネリア・マイヤー

月曜日に、エルドアン大統領はブリュッセルを訪れ、EUとNATOの両方と協議した(トルコはNATOのメンバーである)。国家元首が招待なしに国際機関を訪問することはまれである。エルドアン大統領は、自国の国境に押し寄せる多くの難民や、自国の逃げ場のない状況に関して苦境に立たされているため、訪問が必須であると考えたのかもしれない。EU本部の対応は控えめに言って冷ややかなものだった。特にメルケル首相は、彼が難民を「武器化」していると警告した。NATO事務局長のイェンス・ストルテンベルグは、エルドアン大統領がイドリブの状況に対するNATOからの支援を期待すべきではないと非常に明確にした。トルコとNATOの間の緊張は、トルコ政府がロシア政府と「浮気」し始め、ロシアのS-400防衛システムを注文するに至って以来、高まり続けている。しかし、シリアにおいてロシアとトルコは敵対関係にある。両国は先週末イドリブで停戦に合意したかもしれないが、それは希薄で穴だらけの合意である。

これからどうなるのだろうか?ヨーロッパはコロナウイルスの脅威にさらされている。経済的に最も弱い国の1つであるイタリアは封鎖されている。ドイツ、フランス、およびオーストリアでは状況が悪化している。政府が難民申請の1か月間の停止について欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・レイエン委員長から警告を受けたとしても、ギリシャの経済が押し寄せる難民に対処することは不可能である。

事態をさらに困難にしているのは、EUが2016年から2019年まで国境が比較的穏やかだった間に、難民の公平な分配メカニズムを決定しなかったことだ。現在も、難民は最初に登録された国に受け入れられなければならない。これは、EU圏内の経済的に弱い南部の国々に過度の負担をかける。

週の初めには、協力の復活の兆しがいくつか見られた。ドイツは、同伴者のいない脆弱な子供1,500人を受け入れることに同意した。フランス、ポルトガル、ルクセンブルク、およびフィンランドも同様の措置をとることに同意した。しかし、これはヨーロッパの国境で待つ難民の波を考えると、焼け石に水である。

さらに悪いことに、COVID-19の拡散により、人々の自由な移動が著しく妨げられている。ヨーロッパの経済は、最初の2四半期で縮小すると予想されている。年末までに0.1%成長する可能性があるが、この見方は非常に楽観的なものになりつつある。

豊かな国ほど寛大になる傾向がある。状況が厳しくなると、財布の紐が締められ、国境が封鎖される。弱体化する経済状況と難民の「脅威」は、大陸中の極右運動の思うつぼである。

イドリブのための戦いは、難民危機を新たな局面へと押し上げた。COVID-19の経済的および心理的影響と相まって、我々は最悪な状況を迎えている。

コーネリア・マイヤーは、ビジネスコンサルタント、マクロ経済学者、エネルギーの専門家である。Twitter: @MeyerResources

特に人気
オススメ

return to top