Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram

Columnist

コーネリア・メイヤー

コーネリア・メイヤー

14 Aug 2021

「OPECプラス」はすぐに増産要求に応じるべきではない

20 Jul 2021

OPECプラスとイード祭の妥協点とは:終わりよければすべてよし

15 Jun 2021

世界経済にとってG7が依然として重要な理由

21 May 2021

インフレ、FRB議事録、GCC諸国が受ける影響

04 May 2021

炭化水素セクターにとって極めて重要な週

25 Apr 2021

アメリカ気候サミットの、科学技術・財務主要要因を注視せよ

10 Apr 2021

暗号通貨とコインベース:高騰、価格変動性、規制の間で

06 Apr 2021

OPEC+による減産の縮小は、市場のセンチメントを正しく判断した結果であるようだ

16 Mar 2021

すべての新興市場が対等に生まれるわけではない

03 Mar 2021

3月にOPECプラス会合を控えた原油相場。慎重になるべきかもしれない

17 Feb 2021

商品相場にスーパーサイクル到来と考えるのが早急である理由

12 Feb 2021

コーラル・ブルーム:世界にエコツーリズムの道を示す

07 Feb 2021

リビアの暗黒状態に光明が射す

04 Feb 2021

OPECプラス監視委員会の短くポジティブな会議は回復の予兆

28 Jan 2021

フューチャー・インベストメント・イニシアチブ 1日目:エコノミストの視点

17 Jan 2021

手遅れになる前に貴重な民主主義国家を守ろう

13 Dec 2020

世界に食料を供給するための努力

24 Nov 2020

世界経済への多国間協力の恩恵

03 Nov 2020

石油、波高し

25 Oct 2020

人間同士でなくウィルスと戦おう

13 Oct 2020

NCBとサンバの合併:時機を得たアイデアほど強力なものはない

04 Oct 2020

複雑な地域、そして複雑な戦争

29 Sep 2020

シーメンス・エナジーのIPOがエネルギー市場の未来にとって重要である理由

24 Sep 2020

国連総会における多国間主義の擁護

18 Sep 2020

OPECプラス加盟国は年末の閣僚会議で大きな決断を迫られる

14 Sep 2020

アル=トワイジリ氏、次期WTO事務局長に唯一の適任者

08 Sep 2020

IPOはどこへ向かうのか?

30 Aug 2020

安倍晋三首相がいかに後任者に高いハードルを残したか

18 Aug 2020

一時的とはいえ紙一重のバランスを保つ石油市場

11 Aug 2020

なぜアラムコは他の国際石油企業各社よりも優れた業績を見せているのか

05 Aug 2020

米ドルが売られている理由

30 Jul 2020

アッ=トゥワイジュリー氏は次期WTO事務局長に最適である

24 Jun 2020

石油市場は需給の均衡を取り戻し始めたが、難局は続いている

16 Jun 2020

先週の石油価格下落の理由

08 Jun 2020

「OPECプラス」会合 ― 原油市場のリバランスに向けた正しい一歩

07 Jun 2020

米国は同盟国がいないよりはいた方がより強くなる

02 Jun 2020

原油価格が5月に見事な回復を見せた後、この先市場をどう進むべきか

31 May 2020

米国のWHO脱退は我々すべてに害となる

22 May 2020

コロナウイルスワクチンと抗ウイルス薬の支配をめぐる世界的ジレンマ

19 May 2020

予想よりも良い見通しを示す石油市場の展望

18 May 2020

米国と中国: 親密だが複雑な関係

05 May 2020

石油にとって最悪の時は終わったか?

28 Apr 2020

新型コロナ感染症によって変わりつつある経済の見方

21 Apr 2020

石油:貯蔵がすべて

12 Apr 2020

このパンデミックでは貧困者が最大の代償を払うことになる

08 Apr 2020

OPECプラスプラス会合の裏でうごめくそれぞれの計略

24 Mar 2020

石油は破滅的な状況か? いや、それよりさらに悪い

21 Mar 2020

EUの運命はCOVID-19からの回復で決まる

17 Mar 2020

我々の知る世界は変わってしまい、これから長い間続くかもしれない

13 Mar 2020

イドリブ、コロナウイルスによりEU難民危機が最悪の状況に

オススメ

return to top