Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • OPECプラス加盟国は年末の閣僚会議で大きな決断を迫られる

OPECプラス加盟国は年末の閣僚会議で大きな決断を迫られる

OPECプラス加盟国は、需要の改善が1カ月前の予想にすらはるかに遅れているという現実に直面している(AFP/資料写真)
OPECプラス加盟国は、需要の改善が1カ月前の予想にすらはるかに遅れているという現実に直面している(AFP/資料写真)
Short Url:
18 Sep 2020 03:09:54 GMT9
コーネリア・メイヤー
18 Sep 2020 03:09:54 GMT9

コーネリア・イヤー

木曜日に開催されたOPEC加盟13カ国と他の石油輸出国10カ国の連合体であるOPECプラスの合同閣僚監視委員会では、サプライズはなかった。

サウジアラビアのアブドゥル・アジズ・ビン・サルマン エネルギー相とロシアのアレクサンダー・ノヴァク エネルギー相が議長を務めた会議で、生産割当の削減に応じなかった加盟国に対し、過剰生産分の補償を求め、改めて注意を促した。

新型コロナウイルスのパンデミックで需要が減少する中、市場の安定化を図るために4月に全加盟国で合意した減産の軌道修正の勧告はなかった。

8月の準拠状況は良好で、OPECによると102%、S&Pグローバル・プラッツによると97%となった。しかし、一部には、依然として割当量を超えて生産している国や、過去の過剰生産を十分に補償していない国がある。5月以降、過剰生産された石油の量は日量240万バレル(bpd)に達している。

遅れをとっている国の名を聞いても驚きに値しない。S&Pグローバル・プラッツによると、イラクは十分以上に遵守したものの、以前に合意された補償水準を35万bpd上回ったままである。ナイジェリアの生産量は割当量を7万bpd上回った。

しかし、アラブ首長国連邦(UAE)がその割当量を20%以上も上回ったことに市場は驚いた。当局は、エアコンや海水淡水化の季節的な需要増を理由に挙げている。OPECプラスとそのプログラムとの連帯を示す重要な象徴として、UAEのエネルギー相ソヘイル・アル=マズルイはリヤドを訪れ、サウジのエネルギー相と並んで会議とその後の記者会見に出席した。

補償メカニズムと過剰生産国の補償期間が第3四半期末から年末まで延長された一方で、アブドゥル・アジズ皇太子は冒頭の発言で、遵守していない国をはっきりと叱責した。

「コンプライアンスは慈善行為ではありません。このグループのすべての加盟国の利益と利得を最大化する取り組みにとって不可欠なものです」と述べ、「不確実性に直面する中、市場はますます私たちに方向性を求めるようになるでしょう。私たちは、自分たちが規律正しく、合意に完全にコミットしていることを示さなければなりません」と付け加えた。

供給は均衡の一面に過ぎず、市場の均衡に最も重要なのは、最終的には需要と供給のバランスであるという事実は避けて通れない。

コーネリア・マイヤー

これは確かに名言である。市場の反応は良く、その日のブレント価格は2.7%上昇し、WTIは2.2%上昇した。ハリケーンシーズン中のメキシコ湾での一時的な生産停止の懸念も手伝った。

OPECプラス加盟国は、1カ月前の予想よりも需要の改善が大幅に遅れているという現実に直面している。国際エネルギー機関は、8月の月次石油レポートで需要見通しを14万bpd下げ、9月にはさらに通年の需要見通しを30万bpd下げ、2度連続の下方修正となった。

アブドゥル・アジズ皇太子は、同組織とその加盟国の信頼性は、合意を遵守するかどうかに絶対的に依存していると念押ししているが、これは正しい行動だ。彼らは口先だけではなく、歩みを進めなければならない。

しかし、需要が低迷している中で、実際にどの程度の供給削減が可能なのかという疑問は残る。 確かに、5月、6月、7月の970万bpdの削減に続く、770万bpdの削減合意がなければ、ロックダウンが世界の大部分に広がるなか、需要がおよそ3000万bpd減となった4月の低迷期から、価格は回復しなかっただろう。

OPECプラスが8月以降の減産を決定したとき、需要はより楽観的に見えた。しかし、このウイルスには別の見方があり、ヨーロッパで感染が再び拡大し、インドやアメリカでも拡大し続けていることが懸念材料となっている。

経済協力開発機構(OECD)は世界経済の見通しを上方修正した。世界経済の縮小幅を6月の6%から4.5%に修正した。これは、国際通貨基金(IMF)が6月に発表したマイナス4.9%の予測に沿ったものである。

11月30日と12月1日に開催される予定のOPECプラスの全閣僚会合では、現在の減産期間を延長するか、4月に合意されたスケジュールに固執するか、つまり1月から減産を190万bpd縮小するかが大きな問題となる。

その時の需要がどうなっているかに大きく左右されるだろう。何が決定されたとしても、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による大幅な景気後退のなかで、特に予算が石油収入に依存している貧しい国々にとっては、方向転換が困難であることを軽視してはならない。

供給は均衡の一面に過ぎず、結局、市場の均衡にとって最も重要なのは需要と供給のバランスであるという事実は避けて通れない。

アブドゥル・アジズ皇太子は、次の閣僚会議で何が起こるかという議論を避けた。しかし、彼は柔軟性を信じており、積極的かつ先手を打って動く意思があると述べ、「我々は決してこの市場を放置することはない」と語った。

ロシアがサウジアラビアによる減産の試みを拒絶した年初とは異なり、ウイルスが世界を支配し始めたいま、ロシアのノヴァク エネルギー相もこれに同調するようになった。

  • コーネリア・マイヤーは博士号を取得した経済学者であり、投資銀行と産業界で30年の経験を持つ。ビジネスコンサルタント会社マイヤーリソースィズの会長兼CEOを務めている。Twitter: @MeyerResources
特に人気
オススメ

return to top