Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • NCBとサンバの合併:時機を得たアイデアほど強力なものはない

NCBとサンバの合併:時機を得たアイデアほど強力なものはない

2020年3月18日、サウジアラビアのリヤドにある国立商業銀行(NCB)の外を歩くサウジアラビア人男性。(ロイター)
2020年3月18日、サウジアラビアのリヤドにある国立商業銀行(NCB)の外を歩くサウジアラビア人男性。(ロイター)
Short Url:
13 Oct 2020 07:10:40 GMT9
コーネリア・メイヤー
13 Oct 2020 07:10:40 GMT9

コーネリア・マイヤー

サウジアラビアで最大の資産を有する銀行である国立商業銀行(NCB)は、第4位のサンバ・ファイナンシャル・グループを154億ドルで買収する。合併後の会社は、GCCで3番目に大きな貸し手となり、総資産は2,200億ドルとなる。

NCBの既存の株主は新しい銀行の67.4%を、サンバの株主は32.6%を所有することになる。サウジ公共投資基金(PIF)は、合計で37.2%を所有する筆頭株主となる。サウジ公的年金庁と社会保険総合機構はそれぞれ7.4%と5.8%を所有する。

危機の時代は時として変化を加速させる。 GCC経済は、石油価格の下落と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生という2つのショックに見舞われている。後者は、ロックダウンのせいもあって、世界中の経済を破綻させた。また、GCC経済にも強い影響を及ぼした。

数ある刺激策の中でも、サウジアラビア通貨庁は、3月に民間部門を支援するために130億ドルを投入し、そして6月に再び金融部門にさらに130億ドルの流動性を提供することにより、断固たる対応を示した。銀行部門が試練に対応する時がやって来た。

サウジアラビアの3000万の人々は、30の銀行に支えられている。これは人口に対する銀行の割合としては高い。ある段階での統合は避けられず、世界経済の状況がそのペースを加速させた。NCBは以前にスコープの作成を検討していたが、2019年12月にリヤドバンクとの合併計画を断念した。NCBが、スコープとスケールを作成する準備ができていることは明らかだった。

UAEでは過去数年間にいくつかの合併が行われており、サウジアラビアがそれに続くのは時間の問題だった。NCBによるサンバの買収は、2020年ではこれまでで世界最大の銀行合併である。

ヨーロッパは、銀行部門における合併と買収(M&A)の話題で溢れている。大陸では、これまでにイタリアのBanca Intesa Sanpaolo SpA(バンカ・インテーザ・サンパオロ)によるReyl&Cie SAの買収が行われた。スペインのUnicaja BancoはLiberbank SAとの合併について協議しており、またSpanish Caixa Bank(カイシャバンク)は依然としてBankia SA(バンキアSA)との協議を続けており、これによりスペイン最大の銀行が誕生する可能性がある。大陸の他の銀行に関する報告もあり、そのうちいくつかは非常に大きなもので、M&Aを検討している。

先に述べたように、GCCは銀行過剰で、まさにヨーロッパと同じである。この文脈では、NCBとサンバ間の合意のニュースは歓迎されるとともに重要である。ブルームバーグによれば、十分に計算した年間シナジー効果は8億サウジ・リヤル(2億1,300万ドル)になるという。

合併後の会社は、GCCで3番目に大きな貸し手となり、総資産は2,200億ドルとなる。

コーネリア・マイヤー

NCBが水曜日のサンバ株の終値に対して27.5%のプレミアムを提供したため、この合意はサンバの株主にとって良いものとなった。月曜日のNCB株は1.5%近く上昇した。

さらに重要なことに、2つの銀行の統合は、ナショナルチャンピオンの誕生を予見しているサウジビジョン2030を支援するものである。ビジョン2030は、石油への過度の依存を克服するために国の経済を近代化するものである。それは、観光業、製造業、再生可能エネルギーなどの新しい部門を、民間部門の強力な参加を得て創出する予定である。これらすべてには、強力な大手銀行を擁する強力な金融部門が必要となる。

COVID-19のパンデミックは、世界中の金融機関における債権額の再構築を必要とする。優れた資本基盤を備える統合された強力な銀行は、規模の経済を利用してそうすることが可能となる。

GCCの金融部門でのさらなるM&Aが期待され、それにより銀行はCOVID-19後の経済の課題に対処できるようになるだろう。

  • コーネリア・マイヤーは、投資銀行業務と業界で30年の経験を持つ博士号レベルのエコノミストである。彼女はビジネスコンサルタント会社MeyerResourcesの会長兼CEOである。Twitter:@MeyerResources
特に人気
オススメ

return to top