Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • フランスのマクロン大統領、レバノン危機が「今後数時間で」進展すること望むと発言

フランスのマクロン大統領、レバノン危機が「今後数時間で」進展すること望むと発言

2021年12月1日、フランス・パリのエリゼ宮でのエマニュエル・マクロン仏大統領。(File/Reuters)
2021年12月1日、フランス・パリのエリゼ宮でのエマニュエル・マクロン仏大統領。(File/Reuters)
Short Url:
04 Dec 2021 05:12:51 GMT9
04 Dec 2021 05:12:51 GMT9

パリ:フランスのエマニュエル・マクロン大統領は金曜日、レバノン危機について数時間以内に進展があることを期待すると述べた。

アラブ首長国連邦を訪問中のマクロン大統領は「我々はレバノンの利益のために湾岸地域との関係を再構築するために全力を尽くす。…今後数時間で、進展があることを期待している」と述べた。

レバノンは湾岸諸国との外交危機に直面している。きっかけはサウジアラビア主導のイエメン内戦介入に対する閣僚の批判的な発言であり、その発言を受けリヤド、バーレーン、クウェートはレバノン大使を追放し、自国の特使を呼び戻し、UAEは特使を引き揚げる措置を取った。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top