Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • クウェート、スムーズな指導者交代を経て新時代の幕開け

クウェート、スムーズな指導者交代を経て新時代の幕開け

就任宣誓をする前に支援者に挨拶するクウェートの新皇太子、シェイク・メシャール・アル・アフマド・アル・ジャベール・アル・サバ氏。(AFP通信)
就任宣誓をする前に支援者に挨拶するクウェートの新皇太子、シェイク・メシャール・アル・アフマド・アル・ジャベール・アル・サバ氏。(AFP通信)
Short Url:
10 Oct 2020 09:10:40 GMT9
10 Oct 2020 09:10:40 GMT9

クウェートには、指導者層がいかに同国にとって不可欠な要素であるかを示す有名な格言がある。その格言は「クウェートはアル・サバであり、アル・サバはクウェートである」というものだ。先週、91歳の首長が亡くなったことで、ここ数日、産油国のクウェートに注目が集まっていた。

予想通り、新しい首長と皇太子が相次いで就任し、非常にスムーズな継承手続きが行われた。クウェートの新皇太子、シェイク・メシャール・アル・アフマド・アル・ジャベール・アル・サバ(Sheikh Meshal Al-Ahmad Al-Jaber Al-Sabah)氏は木曜日、異母兄弟である新首長のシェイク・ナワフ・アル・アフマド・アル・サバ(Sheikh Nawaf Al-Ahmad Al-Sabah)氏の指名を受け、議会で就任宣誓を行った。80歳の皇太子は議会により全会一致で承認された。

アル・サバ家のすべてのメンバーが政治に深く関わっているわけではない。多くの人は、ビジネスや行政、学術的な職業を選んだ。内務省での経験を持つシェイク・メシャール氏は、2004年からクウェート国家警備隊の副隊長を務めており、政治情勢にはほとんど関与していない。

新皇太子について賞賛されている点の1つは、他の主要な候補とは異なり、内務省でのキャリアにもかかわらず、クウェートの騒然とした政治の中でクリーンな人物という評価を受けていることだ。亡くなった首長の治療のために米国に同行したシェイク・メシャール氏は、新首長と非常に親しいことでも知られている。次世代の候補者ではなくシェイク・メシャール氏が任命されたことは、アナリストの間で、切望されている継続性と安定性を備えた「保守的な選択」と解釈されている。このように、王家の同じ系譜をさかのぼった4番目の兄弟であるシェイク・メシャール氏が選ばれたことで、クウェートの世代交代は少なくとも10年は遅れることになる。

ナワフ首相はわずか8日という短期間で後継者を皇太子に指名した。指名の猶予は1年あったにもかかわらず、指名にかかった日数はこれまでで最短となった。これまでの指導者では少なくとも20日かかっていた。これは、シェイク・メシャール氏が最も有力な候補者であったという事実だけでなく、議会選挙まで数週間しか残っていないという事実にも起因している。ナワフ首長は、任期の終わりが迫る議会が皇太子を承認できるようにするために、議会の任期を10月20日まで延長した。コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行と原油価格の下落により、国が直面している経済問題を考えると、次の議会はより多くの野党議員が選出されることになるだろう。

2016年11月に行われた前回選挙の最大の特徴は、3年以上不在だった野党が勢いよく復活し、定員50人の議会で半数近くの議席を獲得したことだ。今回の選挙では、野党の議席がさらに伸びることが予想されるが、クウェートの野党が一枚岩とは言い難い。クウェートの議会は多くの場合、さまざまな要求や動機を持つ人々が集まってできている。

しかし、クウェートの外交政策に関しては、議会の姿勢は統一されている。そのため、議会での論争の多くは国内の問題に関連している。新議会の議題となる問題は、財政赤字から物価上昇、若者の失業から緊縮政策、原油価格から公共部門の雇用、そして何よりもCOVID-19に関連する問題まで多岐にわたる。

シェイク・メシャール氏の任命は、切望されている継続性と安定性をもたらす。

シネム・ジェンギズ

このようにして、クウェートがいくつかの重要な問題に直面している中、権力の継承が行われた。亡くなった首長の兄弟であるシェイク・ナワフ氏とシェイク・メシャール氏は、国内問題に焦点を当てることが期待されている。両者とも、1961年のクウェート独立以来、同国の政治のあらゆる局面に立ち会ってきた。両氏による長年の国家機関での勤務にかんがみると、クウェートは同じ外交政策を継続する可能性が高いが、国内政治の面では大きな変化を経験する可能性がある。強固な制度を持つクウェートは、その歴史の中でいくつかの危機的な局面を経験してきたが、そのほとんどの局面から教訓を得ている。

シェイク・メシャール氏はテレビ放送された発言の中で、クウェートは地域的・国際的な責務と「平和と民主的アプローチの道」を堅持すると述べた。従って、新しい指導部の政策と次期議会選挙の結果を見ることは重要である。これらの動向はおそらく、今後数年間のクウェートの政治を形作るからだ。

  • シネム・ジェンギズ氏はトルコの政治アナリストで、トルコと中東の関係を専門としている。Twitter @SinemCngz
特に人気
オススメ

return to top