Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本はなぜアメリカの対中同盟の中心にいるのか

日本はなぜアメリカの対中同盟の中心にいるのか

2020年9月16日、東京の衆議院で拍手を受ける日本の菅義偉新首相。(ロイター通信)
2020年9月16日、東京の衆議院で拍手を受ける日本の菅義偉新首相。(ロイター通信)
Short Url:
12 Mar 2021 09:03:35 GMT9
12 Mar 2021 09:03:35 GMT9

日本が金曜日のオンラインでの日米豪印戦略対話(Quad)の首脳会議の開催に一役買い、その後月曜日には米国の国務長官と国防長官を迎える予定の中、ますます大きくなる日本の地政学的重要性がこの数日で示されることになるだろう。

来週のアントニー・ブリンケン国務長官とロイド・オースティン国防長官の東京訪問は、バイデン政権の両主要幹部にとって初の主要な外遊となる。日本の茂木敏充外務大臣と岸信夫防衛大臣とのいわゆる2プラス2会合に参加する両長官の訪問先は、台頭する中国と北朝鮮の核・ミサイル開発が呈する課題への米国の懸念の高まりを反映している。

アジア太平洋地域で自己主張をますます強める中国の外交政策は最重要議題となり、米国は地域の主要な同盟国である日本、インド、オーストラリアとの関係強化を模索している。日本はこの中心にあり、バイデン政権からは、冷戦時代のように、アジア太平洋地域における中国やロシアの進出に対する重要な防波堤として、ますます認識されるようになってきている。

この対話に先立ち、日本の菅義偉首相、米国のジョー・バイデン大統領、インドのナレンドラ・モディ首相、オーストラリアのスコット・モリソン首相による初のQuad首脳会談が行われる。ジェイク・サリバン国家安全保障問題担当補佐官は、この4者会談を、この地域における「米国の実質的な政策を構築するための基盤」と呼んでいる。

議論される項目の1つは、中国の影響力に対抗するために、アメリカ政府、日本政府、オーストラリア政府、インド政府がアジア太平洋地域でコロナウイルス感染症のワクチンを配布すべく取り組んでいる新しいキャンペーンだ。ホワイトハウスは最近、この新しい外交・安全保障上の取り組みについて、他の4ヶ国と協議を行った。

Quadにおけるオーストラリアとインドの重要性と同様に、バイデン新体制は日本を、アジアにおける米国主導の対中同盟の頼みの綱となりうる存在として見ている。日本政府は、G7などの欧米クラブに長年所属しており、アメリカ政府は、地政学的な役割だけでなく、世界第3位の経済大国である日本政府が果たせる財政的な役割も高く評価している。

日本の外交政策を突き動かしているこのような構造的な要因に加えて、日本史上最も長く首相を務めた安倍晋三前首相は、個人的に欧米の首脳らとの関係をまとめることに非常に長けていた。彼は、ドナルド・トランプ氏が「米国第一主義」を掲げているとはいえ、日本の安全保障のためには、アジア太平洋地域の「平和の礎」として、米国の強力なコミットメントが必要であると説得することにも成功したのだ。

これは、北朝鮮を含む幅広い問題に関する著しい国際的な不確実性に直面する中で、菅氏が日米関係を構築し、強化し始める上で重要になるレガシーだ。北朝鮮が国内で爆弾用に核燃料を再処理している可能性を最近発表された国際原子力機関(IAEA)の報告書が指摘したことを受けて、同国に関する懸念が再び高まっている。米国政府高官らは、このような動きは、バイデン政権に制裁緩和を迫る交渉を有利に進める材料作りを目論んでいる可能性があると考えている。政権が対北政策を見直す中、IAEAは、北朝鮮の継続的な核活動を、国連制裁に対する明確な違反であり、「極めて遺憾である」とした。

トランプ大統領時代、日本は、米国が金正恩との間で、東京やその他の日本の都市を脅かす短距離・中距離ミサイルを撤去せず、米国に到達可能なミサイルを放棄することに北朝鮮が合意するような取引を行うことを懸念していた。しかし、この問題は、トランプ大統領による北朝鮮との対話が停滞したことを考慮すれば、それほど重要ではなくなってきている。ブリンケン長官も、バイデン政権の北朝鮮へのアプローチは、制裁の強化やその他の不特定の外交インセンティブが伴うものになる可能性があると語っている。

日本政府はますます、アジア太平洋地域における中国やロシアの進出に対する重要な防波堤として、バイデン政権から認識されるようになっている。

アンドリュー・ハモンド

しかし、日米関係の緊密さを高めている主な要因は中国であり、日本が支配する東シナ海の尖閣諸島をめぐり中国政府が自己主張を強めていることを含む、さまざまな懸案事項がある。これこそが、バイデン時代に米国の外交政策の中心となることを日本政府が歓迎する理由だ。

今後の会談では、両国は、東シナ海および南シナ海において武力や強制力によって現状を変更しようとする一方的な試みに反対することを改めて表明し、物議を醸している中国の海警法について「深い懸念」を共有することになるだろう。2月1日に施行されたこの法律は、中国海警局に対し、不法に領海に侵入したと見なす外国船に対して武器を使用することを可能にするもので、海洋紛争の激化につながるのではないかと懸念されている。中国海警局の船は、中国では魚釣島として知られている無人島、尖閣諸島周辺の日本領海内に繰り返し侵入し、明らかに日本の支配力を弱めようとしている。

だからこそ、欧米の同盟関係における日本政府の重要性は、戦略的にますます高まっているのだ。ポスト・トランプ時代にアジア太平洋における米国の同盟関係を今まで以上に強化しようとしている中で、バイデン政権は、今こそ日本がQuadの頼みの綱になり得ると考えている。

  • アンドリュー・ハモンドは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミックスのLSE IDEASのアソシエイト
特に人気
オススメ

return to top