Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 旅行の再開とZoomの未来

旅行の再開とZoomの未来

(Shutterstock)
(Shutterstock)
Short Url:
29 May 2021 08:05:18 GMT9
29 May 2021 08:05:18 GMT9

当たり前になっているやり方にとらわれて、実際にはどんなふうに物事があるべきかを見過ごしてしまうのはよくあることだ。パンデミックは通常のビジネスの動きを止めてしまったが、もしその中でもわずかに良いことがあるとすれば、ビジネスにおける常識を再評価する機会を与えてくれたことだ。多くの業界や起業家にとって、出張旅行は業務に当然含まれるものだった。だが、この一年で私たちは出張なしでも何ができるのかを知った。また、パンデミック前には対面のミーティングが普通だったが、他の方法でつながることも覚えた。もちろん、そこには広く愛用されるZoomも含まれる。

現在、世界はまた活動を再開し始めている。サウジアラビアでは最近旅行が解禁となったことで、私たちはこの一年の経験のどの部分を未来につなげていくかを考える、貴重な機会を与えられている。観光旅行のようにある種の旅行はすでに以前の勢いを取り戻しており、それにはほっとすることだが、すべての旅行が同じくらいの熱量で回復するわけではないだろう。たとえば、対面でのビジネスミーティングは再開されるだろうが、以前と同じくらいの頻度ではなくなるだろう。実際に顔を合わせる必要のないミーティングもあるとわかったからだ。同様に、どんなミーティングはバーチャルでは難しいかということも今ではわかっている。

パンデミックは私たちに新しいツールや技術を与えてくれたが、今後はこの一年の経験でうまくいったもの、いかなかったものを踏まえ、ハイブリッドな方法が主流になっていくと感じている。対面でのミーティングが必要不可欠な時とそうでない時を理解しておくことは重要だ。オンラインミーティングも同じで、常に必要なわけではなく、時には逆に障害となることもある。

手軽にオンラインでミーティングをする方が効率的だし、経費も掛からないように思えるが、失われるものも多い場合がある。たとえば、実際に顔を合わせているからこそ生じるエネルギーの交流があり、バーチャルで言葉にされないものを測るのは非常に難しい。対面のミーティングでの微妙なニュアンスは、オンラインミーティングでは得られなかったかもしれない決断や縁につながるかもしれない。対面の方が集中力もキープしやすいし、相手の人となりや仕事のやり方を全体的に感じることができる。

オンラインミーティングでは時間のロスも大きいことが多い。技術的な問題や、複数の環境に気をとられることで、目の前の意図に集中できなくなる。実際に自分のいる環境とバーチャルの環境、両方に注意を払っていると、集中力の続く時間が短くなるのだ。そのため、Zoomは近い将来も活用されていく非常に役に立つツールだと考える一方、個人的には、そちらの方が妥当だと感じた場合、特に相手と知り合うことが仕事の一環となる場合は、対面のミーティングを希望していく可能性が高いだろう。

この一年、膨大な数のZoomミーティングを経て、私たちは皆、オンラインミーティングの良いところ、悪いところがわかっている。私がオンラインミーティングでよりつながりを感じ、効率性を上げるのに役立った重要な教訓の一つは、しっかりと準備をしておくことだ。ミーティング中の気まずい瞬間は、オンラインだとさらに気まずくなる。準備には、前もって背景やサウンドの設定を調整しておくことも含まれる。また背景があまり好ましくなかったり、自分がプロフェッショナルな装いができていない場合は、カメラをオフにしておくことをお勧めする。

ミーティングに時間をとってもらっているのにカメラをオンにしないのは失礼だと感じられるかもしれないが、映りの悪い照明や安定しない映像、ごちゃごちゃした背景、調整ができない妙な角度などに比べれば、ビデオがない方が好ましい。もっといいのは、ミーティング前にカメラをオンにするかオフにするか伝えておくことだ。ミーティングの内容と目的に集中するためにはどの要素が役立つかを考えるのだ。

また、カメラをオフにしたままのミーティングを可能にすれば、スケジュールもより自由になる。移動が増えれば、ビデオなしという選択肢は移動中の時間を有効活用する手段としてより魅力的になるだろう。

何はともあれ、このパンデミックは一年以上も私たちの日常を大きく揺さぶったが、人間の本質とはもっと深いところにあるものだと、はっきり教えてくれたと私は思う。変化は人間の行動ではなく経済状況の移行によって起こる構造的な調整によって生じる。つながることは人間として生きることの一部であり、生存に欠かせない。またつながることができるようになったのは、素晴らしいことだ。

  • カーラ・ディベロはドキュメンタリー作家であり、CDB Advisoryの創始者及びCEO。CDB Advisoryは中東全域と北アメリカの民間企業をつなぐオーダーメイド型コンサルティングファーム。Twitter: @CarlaDiBello
特に人気
オススメ

return to top