Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 9.11バックラッシュで犠牲になった人々の記録

9.11バックラッシュで犠牲になった人々の記録

アリゾナ州メサ。9.11テロ後に銃殺された兄、バルビル・シン・ソディ氏の追悼碑の横でひざまずくラナ・シン・ソディ氏。(AP写真)
アリゾナ州メサ。9.11テロ後に銃殺された兄、バルビル・シン・ソディ氏の追悼碑の横でひざまずくラナ・シン・ソディ氏。(AP写真)
Short Url:
10 Sep 2021 02:09:27 GMT9
レイ・ハナニア
10 Sep 2021 02:09:27 GMT9

土曜日、アメリカ人は2001年9月11日に起きたアルカイダのテロ攻撃で亡くなった2996人を思い出す。彼らを追悼し、彼らの人生に思いを馳せ、あの恐ろしい日の出来事を思い出すことだろう。しかし、9月11日の後、数週間から数カ月の間に、中東系の人々やイスラム教徒を標的とした強い反動(バックラッシュ)によって殺害された何十人ものアメリカ人のことを思い出す人はほとんどいない。

これらの犠牲者の悲劇的な物語は、アメリカ国民によって十分に語られることなく、認められることもなかった。後に連邦政府が反アラブ・反イスラムの差別や暴力が急増していることを認めたにもかかわらず、多くの場合、警察や司法制度は彼らの殺人と9.11を結びつけようとはしなかった。

怒りと人種差別的な感情により、多くのアメリカ人は、殺人事件が9.11と関連しているという事実を受け入れることができない。犠牲者がイスラム教徒や「中東っぽい」パキスタン人、シーク教徒、ヒンズー教徒だっただけで殺されたという事実を。これらの犠牲者は、あの悲劇的な事件の記念行事に名を連ねることはない。しかし、土曜日にアメリカ人がテロ攻撃を忘れないために立ち止まるとき、バックラッシュの犠牲者の一人一人が認識されるべきだ。

犯人のうち2人は、9.11で亡くなった人々の死にたいして復讐したと公然と自慢しており、彼らの事件はテロとの関連性があると公式に認められている。しかし、驚くべきことに、犠牲者の中には、9.11テロリストが宣言したようなアラブ人はほとんどいなかった。

ここでは、忘れてはならないいくつかのケースを紹介する。

バルビル・シン・ソディ氏は2001年9月15日にアリゾナ州メサで殺害された。このターバンを巻いたシーク教徒は、ガソリンスタンドの外で、バーで何時間も酒を飲み「タオル頭を撃ちに行く」と豪語していた男に殺された。犯人は地元の修理工場でボーイング社の航空機整備士をしていたフランク・シルヴァ・ローク(42歳)で、カリフォルニア州で強盗未遂などの犯罪歴があった。ロークはアメリカの裁判所に逮捕され、有罪判決を受け死刑を宣告されたが、後に終身刑に減刑された。

ソディ氏が殺害された翌日、9.11同時多発テロに激怒した別のアメリカ人男性が暴れ出し、2人を殺害、1人に重傷を負わせた。テキサス州の白人至上主義者マーク・ストローマンは、まずダラスでワカール・ハサン氏を襲い、殺害した。ストローマンが彼を射殺した時、この46歳のパキスタン人はコンビニエンスストアで働いていた。

その5日後、ダラスのガソリンスタンドに入ったストローマンは、元バングラデシュ空軍のパイロットである28歳のレジ係レイズ・ブイヤン氏と出会った。ストローマンは、出身地を尋ねた後、ショットガンでブイヤン氏の頭を撃ち、一部失明させた。

10月4日、ストローマンは近くのメスキートにあるガソリンスタンドに車を走らせた。そこにはヒンドゥー教徒のインド人ヴァスデフ・パテル氏(49歳)が働いていた。パテル氏は1983年にアメリカに移住し、帰化していた。ストローマンは彼を射殺、レジをこじ開けられなかったため逃走した。

翌日捕まったストローマンは、警察に「アメリカ人なら誰でもしたいことをした」と語り、「アメリカは戦争中だ」と言った。ストローマンは殺人罪で有罪となり、2011年7月に死刑が執行された。ストローマンの殺人事件の唯一の生存者であるブイヤン氏は、自身のイスラム教の信仰を理由に犯人を許し、死刑執行を止めようとしたが、それは叶わなかった。

これらの事件が9.11に関連していると認定されたのは、攻撃者たちが怒りの源を認めたからだ。しかし、同時多発テロ後の数週間に起きた他の多くの犯罪は、ヘイトクライムとして分類されることはなく、犠牲者が9.11以降の反発と結び付けられることもなかった。

2001年9月15日、カリフォルニア州サンガブリエルの店舗で、エジプト出身でコプト系キリスト教徒の食料品店員、アデル・カラス氏(48歳)が殺害された。複数の容疑者が特定されたが、検察当局は証拠不十分として告発を見送った。

イエメン系アメリカ人で4児の父であるアリ・アルマンスープ氏は、その2日後にミシガン州デトロイトの自宅で殺害された。検察はブレント・デヴィッド・シーバーを第一級殺人で起訴し、終身刑を宣告した。シーバーは、9.11のために被害者を撃ってよかったと主張したと伝えられているが、警察は女性をめぐる個人的な争いだったと判断した。

怒りと人種差別的な感情により、多くのアメリカ人は、殺人事件が9.11と関連しているという事実を受け入れることができない。

レイ・ハナニア

ニューヨークのクイーンズに住むジャワード・ワッセル氏は、アフガン系アメリカ人の映画監督で、イラクをテーマにした映画を完成させたところで、映画の出資者の1人と口論になった。この出資者は、9月11日の後、ワッセル氏を殺害し、遺体をバラバラにした罪で起訴された。彼は殺人を認め、懲役25年の判決を受けた。

8児の父親であるアブド・アリ・アーメド氏(51歳)は、自分の車に自身の民族性を軽蔑し、殺害を予告するメモが貼られているのを見つけた2日後に殺害された。カリフォルニア州リードリーで店員をしていたイエメン人のアーメド氏は、そのメモを友人や家族に見せていたが、この脅迫は9.11以降の典型的な怒りに過ぎないと判断して捨ててしまった。彼は2001年9月29日に殺害された。警察はこの事件の容疑者を特定していない。

アブドラ・モハメド・ニマー氏(53歳)は、ロサンゼルスに住んで働いていた訪問販売員だった。警察は2001年10月の彼の殺害を「単純な強盗」と説明しているが、彼の遺体が発見されたとき、彼の車には鍵がかかっておらず、数千ドル相当の商品が積まれたままだった。また、警察は被害者が持っていた数百ドルの現金を発見した。これまで誰も起訴されていない。

9.11から20周年を迎えようとしているアメリカでは、これらの犠牲者も追悼されることで、記念行事はより強い意味を持つことになるだろう。同時多発テロは、たった一日で何千人もの命を奪った恐ろしいテロ行為だったが、その後の数週間、数ヶ月でさらに多くのアメリカ人の命を奪った。

レイ・ハナニアは、元シカゴ市役所の政治記者、コラムニストで、数々の賞を受賞している。彼の個人ウェブサイトはこちら: www.Hanania.com Twitter: @RayHanania

特に人気
オススメ

return to top